A7(エーセブン)は、ドイツの自動車メーカーアウディ2010年より製造している5ドアハッチバック型高級乗用車である。

アウディ A7

概要編集

 
スポーツバックコンセプト

2009年北米国際オートショーコンセプトカー、「スポーツバックコンセプト」が出品され[1]、その市販版として2010年モンディアル・ド・ロトモビルにA7スポーツバックとして出品、同年秋に欧州での販売が開始された。また日本国内では2011年5月に3Lスーパーチャージャー付ガソリンエンジン車が発売された。

同社のA6A8の中間に属するモデルであり、車型は5ドアハッチバック。アウディは4ドアクーペと呼称しており、デザイナー曰く、後部のデザインはアウディのグループ企業であるランボルギーニミウラが意識されているという[2]。ドアはサッシュレスドアである。

製造はドイツ ネッカーズルム工場においてA6シリーズやA8セダンとともに行われる。


初代(2010年-2018年)編集

アウディ・A7
フロント
リア
製造国   ドイツ
販売期間 2010年-2018年
乗車定員 4人/5人
ボディタイプ 4ドアクーペ
エンジン 3.0L V6 TFSI
2.8L V6 FSI
3.0L V6 TDI
駆動方式 FF/4WD
最高出力 3.0TFSI
220kW (300PS)
/5,250-6,500rpm
2.8FSI
150kW (204PS)
/5,250-6,250rpm
3.0TDI
180kW (245PS)
/4,000-4,500rpm
150kW (204PS)
/3,250-4,500rpm
最大トルク 3.0TFSI
440N·m (44.9kgf·m)
/2,900-4,500rpm
2.8FSI
280N·m (28.6kgf·m)
/3,000-5,000rpm
3.0TDI
500N·m (51.0kgf·m)
/1,400-3,250rpm
400N·m (40.8kgf·m)
/1,250-3,500rpm
変速機 7速DCT/CVT
サスペンション 前: 5リンク式
後: トラペゾイダル式
全長 4,990mm
全幅 1,910mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,915mm
車両重量 1,735-1,900kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

A7 Sportback(初代)編集

2010年7月26日、発表[3]。実車は同年9月30日、パリモーターショーにて初公開された[4]

エンジンはガソリン2種、ディーゼル1種の計3種類が用意される。ガソリンエンジンにはV型6気筒 3.0L スーパーチャージャーのTFSIエンジンと同2.8L NAのFSIエンジンの2種類が用意され、ディールエンジンにはV6 3LのTDIエンジンのみが用意されるが、ディーゼルエンジンについては最高出力245PSと204PSの2仕様が設定されている。トランスミッションは四輪駆動車に7速Sトロニックが、FF車にはCVTが組み合わせられる。なお、日本ではFFモデルはラインナップされず、四輪駆動モデルで右ハンドルのみとなる。

駆動方式はクワトロシステムが採用された四輪駆動車のほか、2.8Lガソリンエンジン車および204PS仕様のディーゼルエンジン車にはFF車も用意される。

プラットフォームにはMLBプラットフォームが採用され[5]、C7系A6と共通のスチールモノコック構造が採用されるが、外板の多くはアルミ製となっている[2]

タイヤにはアウディと横浜ゴムが共同開発した「ADVAN Sport」が採用された。ADVAN Sportの採用はアウディとしてはS6S8Q7に次いで4車種目となる[6]

2014年5月22日、欧州にてマイナーチェンジモデルを発表[7]。3.0L直噴V型6気筒ターボディーゼルエンジンが投入され、最高出力は218psと272psが用意された。エクステリアはバンパー、グリル、ヘッドライト、テールランプ、マフラーなどのデザインを変更。また、「マトリックスLEDヘッドライト」をオプション設定した。

2014年7月14日、欧州にて「3.0TDI コンペティション」を発表[8]。アウディのディーゼルターボエンジン「TDI」の誕生25周年を記念したモデルで、最高出力326hp(オーバーブーストモードでは346hp)、最大トルク66.3kgmを発揮する3.0LV型6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する。

2014年11月19日、ロサンゼルスモーターショーにて燃料電池PHVのコンセプトカー「h-tronクワトロ」を初公開した[9]

日本での販売編集

2011年5月17日、発表[10]。同日販売が開始された。導入されるのは3.0LV型6気筒直噴スーパーチャージャー付きガソリンエンジンを搭載した「3.0 TFSI」のみで、トランスミッションはデュアルクラッチトランスミッション「7速Sトロニック」、駆動方式は「quattro」(4WD)である。

2013年7月23日、一部装備変更[11]。安全性が強化された。

2015年4月7日、マイナーチェンジモデルを同月21日より販売すると発表した[12]。パワートレインは333ps(245kW)を発揮するスーパーチャージャー付き3.0LV型6気筒TFSIエンジンに加え、252ps(185kW)を発揮する2.0L直列4気筒TFSIエンジンを搭載する「2.0 TFSI quattro」を8月より追加する。エクステリアでは、シングルフレームグリルの角が強調されたほか、ボンネットや前後バンパーの形状も変更された。ヘッドライトにはマトリクスLEDヘッドライトを採用。後席は、2人掛けから3人掛けへと変更され、乗車定員が4人から5人に変更された。


日本でのグレードおよびスペック
グレード エンジン 排気量 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式 発売時期
A7 スポーツバック 3.0 TFSI クワトロ V型6気筒 スーパーチャージャー DOHC 2,994cc 300PS/44.9kg・m 7速DCT クワトロ 2011年5月-

S7 Sportback(初代)編集

2011年9月13日、フランクフルトモーターショーにて「A7 Sportback」の高性能モデルである「S7 Sportback」を初公開[13]。4.0LV型8気筒ガソリンエンジンを搭載し、専用グリルやバンパー、19インチアルミホイールなどを装備する。

2014年5月22日、欧州にてマイナーチェンジモデルを発表[14]。実車は同年10月2日、パリモーターショーにて初公開[15]。ベースモデル「A7 Sportback」のマイナーチェンジに準じてデザイン等が変更された。

日本での販売編集

2012年7月6日、先行予約受付を開始[16]。同年8月27日、販売開始[17]

2015年4月7日、マイナーチェンジモデルを同月21日より販売すると発表した[12]。最高出力450psを発揮するツインターボ付き4.0LV型8気筒TFSIエンジンと7速Sトロニックを組み合わる。


2代目(2018年-)編集

アウディ・A7
フロント
リア
販売期間 2018年-
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアクーペ
エンジン 2.0L I4 T FSI(45 TFSI)
3.0L V6 T FSI(55 TFSI)
3.0L V6T FSI MHEVシステム
駆動方式 FF/4WD
変速機 7速DCT/CVT
全長 4,969 mm
全幅 1,926 mm
全高 1,422 mm
ホイールベース 2,926 mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

A7 Sportback(2代目)編集

2017年10月19日、発表[18]。パワートレインは最高出力340hpを発揮する3.0LV型6気筒ガソリン「TFSI」エンジンのみをラインナップする。トランスミッションは7速Sトロニック、駆動方式は4WDの「クワトロ」。また、48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載し燃費性能を向上させた[19]。エクステリアはシングルフレームグリルが大型化され、最新のアウディデザインが表現されている[18]

日本での販売編集

2018年9月5日 - 日本仕様車を発表[19]9月6日に日本での販売を開始[19]。導入されるのは、3.0LV型6気筒ターボエンジンを搭載する「55 TFSI quattro debut package」「55 TFSI quattro S-line」の2種類[20]。また、限定車「55 TFSI quattro 1st edition」「55 TFSI quattro S-line 1st edition」を計250台で販売する。

2020年1月22日、2.0L直列4気筒ガソリンターボエンジンと7速Sトロニックを組み合わせる「45 TFSI quattro」を追加[21]。12Vマイルドハイブリッドシステムを搭載している。

2020年4月2日、2.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジンと7速Sトロニックを組み合わせる「40 TDI quattro」を追加[22]。12Vマイルドハイブリッドシステムを搭載している。

S7 Sportback(2代目)編集

2019年5月27日、欧州にて発売[23]。パワートレインは新たに3.0LV型6気筒直噴ディーゼルターボ「TDI」エンジンを搭載。最高出力349hp、最大トルク71.4kgmを発揮し、トランスミッションは8速ティプトロニック、駆動方式は4WDの「クワトロ」。その結果、0-100km/h加速は5.1秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)を発揮する。また、48Vのマイルドハイブリッドを採用し、燃費性能を向上させた。

日本での販売編集

2020年8月25日、2代目となる「S7 Sportback」を同年9月15日より発売すると発表した[24]。最高出力450PS、最大トルク600Nmを発揮する2.9LV型6気筒直噴ターボエンジンに8速ティプトロニック、4WDの「クワトロ」を組み合わせる。また、48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載し、低燃費を実現している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 【デトロイトモーターショー09】アウディから4ドアスポーツクーペ”. Response. (2009年1月12日). 2020年9月3日閲覧。
  2. ^ a b 新車試乗記 第632回 アウディ A7 スポーツバック 3.0 TFSI クワトロ MOTOR DAYS
  3. ^ アウディ A7スポーツバック…大型5ドアクーペの提案”. Response. (2010年7月27日). 2020年9月3日閲覧。
  4. ^ 【パリモーターショー10】アウディ A7スポーツバック…フルライン体制へ”. Response. (2010年10月1日). 2020年9月3日閲覧。
  5. ^ 2012 Audi A7 Sportback 3.0 TFSI Automotive Rhythms(英語)
  6. ^ ヨコハマタイヤが「アウディA7 スポーツバック」に新車装着 横浜ゴム ニュースリリース
  7. ^ アウディ A7、欧州で大幅改良…4年ぶりに内外装リファイン”. Response. (2014年5月23日). 2020年9月3日閲覧。
  8. ^ アウディ A7 にTDIエンジン25周年記念車「コンペティション」…346hpにパワーアップ”. Response. (2014年7月17日). 2020年9月3日閲覧。
  9. ^ 【ロサンゼルスモーターショー14】アウディ A7 に「h‐トロン」…水素燃料電池のPHVを提案”. Response. (2014年11月20日). 2020年9月3日閲覧。
  10. ^ 「アウディA7スポーツバック」が日本上陸”. webCG (2011年5月17日). 2020年9月3日閲覧。
  11. ^ “Audi A1/A4/TT/A6/A7 Sportback/R8の装備、仕様を一部変更” (プレスリリース), Audi Japan, (2013年7月23日), https://www.audi-press.jp/press-releases/2013/crt6ds00000013a7.html 2020年9月3日閲覧。 
  12. ^ a b “新型Audi A7 / S7 / RS 7 Sportbackを発売” (プレスリリース), Audi Japan, (2015年4月7日), https://www.audi-press.jp/press-releases/2015/crt6ds0000001aab.html 2020年9月3日閲覧。 
  13. ^ 【フランクフルトモーターショー11】アウディ S7スポーツバック はV8ツインターボ”. Response. (2011年8月31日). 2020年9月3日閲覧。
  14. ^ アウディ S7、欧州で大幅改良…450psツインターボ継続搭載”. Response. (2014年5月26日). 2020年9月3日閲覧。
  15. ^ 【パリモーターショー14】アウディ S7 に改良新型…4.0ツインターボは450ps”. Response. (2014年10月20日). 2020年9月3日閲覧。
  16. ^ アウディジャパン、Sモデル 4車種の先行予約を開始”. Response. (2012年7月6日). 2020年9月3日閲覧。
  17. ^ “新型「Audi S6/S6 Avant」「Audi S7 Sportback」「Audi S8」を発売” (プレスリリース), Audi Japan, (2012年8月27日), https://www.audi-press.jp/press-releases/2012/crt6ds000000121e.html 2020年9月3日閲覧。 
  18. ^ a b アウディ A7スポーツバック 新型発表…全車マイルドハイブリッド搭載”. Response. (2017年9月3日). 2020年9月3日閲覧。
  19. ^ a b c アウディ A7スポーツバック 新型は「スポーティでダイナミックに一新」…日本法人社長”. Response. (2018年9月5日). 2018年9月7日閲覧。
  20. ^ “新型Audi A7 Sportbackを発売 -先進のプレミアム4ドアクーペを7年ぶりにフルモデルチェンジ-” (プレスリリース), Audi Japan, (2018年9月5日), https://www.audi-press.jp/press-releases/2018/b7rqqm000000neff.html 2020年9月4日閲覧。 
  21. ^ “Audi A6およびA7 Sportbackに 2.0ℓの“45 TFSI quattro”を追加” (プレスリリース), Audi Japan, (2020年1月22日), https://www.audi-press.jp/press-releases/2020/b7rqqm000000uoyf.html 2020年9月4日閲覧。 
  22. ^ “Audi A6およびA7 Sportbackに、2ℓ TDIエンジンを追加” (プレスリリース), Audi Japan, (2020年4月2日), https://www.audi-press.jp/press-releases/2020/b7rqqm000000w4l0.html 2020年9月4日閲覧。 
  23. ^ アウディ S6 と S7 新型、電動コンプレッサー+48Vマイルドハイブリッド搭載…欧州発売”. Response. (2019年5月30日). 2020年9月3日閲覧。
  24. ^ “新型Audi S6 / S6 Avant / S7 Sportback を発売” (プレスリリース), Audi Japan, (2020年8月25日), https://www.audi-press.jp/press-releases/2020/b7rqqm000000wjy7.html 2020年9月3日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集