メインメニューを開く

アウディ・R10 TDIとは、ドイツの自動車メーカーアウディル・マン24時間レースへの参戦を目的に、R8の後継として開発した、耐久レース専用のプロトタイプレーシングカーである。

アウディ・R10 TDI
ネッカーズルムのアウディフォーラムに展示されるR10 TDI
ネッカーズルムのアウディフォーラムに展示されるR10 TDI
カテゴリー スポーツカー -
ル・マン・プロトタイプ LMP1
コンストラクター アウディ AG(with ダラーラ
先代 アウディ・R8
後継 アウディ・R15 TDI
主要諸元[1][2]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, トーションバー セパレート・ダンパー, アンチロールバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, トーションバー セパレート・ダンパー, アンチロールバー
全長 4650 mm
全幅 2000 mm
全高 1030 mm
ホイールベース 2,980 mm (117.3 in)
エンジン アウディ 5.5リッター V12 TDI DPF ツインターボ, ミッドシップ, 縦置き
トランスミッション X-TRAC製 5速 シーケンシャル・マニュアル
出力 650 bhp (485 kW), 1100 Nm
燃料 シェル V-パワー・ディーゼル
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム ドイツの旗 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト
アメリカ合衆国の旗 アウディ・スポーツ・ノースアメリカ
ドイツの旗 コレス
ドライバー ドイツの旗 フランク・ビエラ,
ドイツの旗 マルコ・ヴェルナー,
イタリアの旗 エマニュエル・ピロ,
イタリアの旗 リナルド・カペッロ,
イギリスの旗 アラン・マクニッシュ,
デンマークの旗 トム・クリステンセン,
イギリスの旗 アンドリュー・メイリック,
オランダの旗 チャールズ・ツォルスマン,
ドイツの旗 ミハエル・クルム,
デンマークの旗 クリスチャン・バッケラド,
オランダの旗 クリスチャン・アルバース,
インドの旗 ナレイン・カーティケヤン
コンストラクターズ
タイトル
4 (アメリカン・ル・マン 2006, 2007, 2008, ル・マン・シリーズ 2008)
ドライバーズタイトル 4 (アメリカン・ル・マン 2006, 2007, 2008, ル・マン・シリーズ 2008)
初戦 2006年のセブリング12時間レース
出走優勝ポールFラップ
48361213
テンプレートを表示

TDI (Turbocharged Direct Injection) とはフォルクスワーゲングループの直噴式ターボディーゼルエンジンの技術名称である[3]

概要編集

2005年12月13日中央ヨーロッパ時間)に発表され、2006年に初参戦した。 開発及びチーム運営にヨースト・レーシングが係わり、ダラーラにより製作された。

2006年ル・マン24時間レースにて、ディーゼルエンジン車初の総合優勝を果たす。

2008年のル・マンには燃料にシェルバイオフューエルを用いる、R10 TDIプロトタイプにて参戦した。こちらは、リアが2段ウィングが特徴。

機構・スタイル編集

エンジンは、5.5リッターの水冷V型12気筒(バンク角90度)ディーゼルエンジンアルミニウム製のツインターボで過給を施した。

ル・マン24時間レースでの戦績編集

 
2007年シーズンのカラーリング

2006年編集

2007年編集

  • 1位 アウディ・スポーツ・ノース・アメリカ - #1:F. ビエッラ/E.ピロ/M.ヴェルナー
  • リタイア アウディ・スポーツ・ノース・アメリカ - #2:R. カペッロ/T. クリステンセン/A. マクニッシュ
  • リタイア アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト - #3:L. ルール/A. プリマット/M. ロッケンフェラー

2008年編集

  • 1位 アウディ・スポーツ・ノース・アメリカ - #2:R. カペッロ/T. クリステンセン/A. マクニッシュ
  • 4位 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト - #3:L. ルール/A. プレマ/M. ロッケンフェラー
  • 6位 アウディ・スポーツ・ノース・アメリカ - #1:F. ビエッラ/E.ピロ/M.ヴェルナー

参照編集

  1. ^ 大内明彦「UPDATE––AUDI 11戦8勝のアウディ、ル・マンでの足跡」『Racing on Archives』第2巻、三栄書房、2010年、 147頁。
  2. ^ Audi R10 TDI Race Car”. rsportscars.com. 2009年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月6日閲覧。
  3. ^ ディーゼルエンジン開発の歴史”. 2012年6月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月8日閲覧閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集