S8は、ドイツの自動車メーカーであるアウディが製造する、A8を基にした高性能セダンである。Fセグメントに属する大型高級車であると同時に、専用グリルやスポーツサスペンション、専用パーツを装着し、高いスポーツ性を強調している。欧州では1997年から製造・販売している。

歴史編集

初代(1997-2003年)D2系編集

アウディ・S8
初代
 
概要
販売期間 1997年 - 2003年
ボディ
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 4WD
パワートレイン
変速機 6速MT
5速AT
車両寸法
ホイールベース 2,882 mm
全長 5,034 mm
全幅 1,880 mm
全高 1,420 mm
テンプレートを表示

ASF(アウディ・スペース・フレーム)というアルミ製のスペースフレームにアルミパネルを架装するオールアルミボディ。トップラグジュアリーの雰囲気と卓越したパワーを融合している。搭載されるエンジンは気筒あたり4バルブ4.2 L V型8気筒DOHC、335 PSでスタートし、マイナーチェンジを機に5バルブ4.2 L V型8気筒DOHCに換装される。3ステージ可変管長インテークマニホールド可変バルブ機構などが採用されるこのユニットは出力360 PS@7,000 rpm、トルク43.9 kgf·m@3,300 rpmを発生する。駆動方式はアウディ伝統のクワトロ(トルセン式フルタイム4WD)。トランスミッションは6速マニュアルトランスミッション(MT)と、ステアリングでも操作が可能な5速オートマチックトランスミッション(AT)(ティプトロニック)が組み合わされる。サスペンションも全アルミニウム製で、フロント/4リンク・リヤ/トラペゾイダル(ダブルウイッシュボーン)式。インテリアはフラグシップモデルにふさわしくレザー/アルカンターラ表皮の電動シート、エアクオリティ・センサー、フロント/リア・シートヒーターなども装備する。安全機構としてデュアル&サイド&ヘッドレベルエアバッグESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)、EBD付きABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、テンショニングシステム付きシートベルトなどを標準で装着。盗難防止装置としてイモビライザーを採用する。

日本への正規輸入は2001年から。左ハンドル、5ATのみ。車両価格は1,150万円。

2代目(2006年-2010年)D3系編集

アウディ・S8
2代目
 
前期型
 
後期型
 
概要
販売期間 2006年 - 2010年
ボディ
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 4WD
パワートレイン
変速機 6速AT
車両寸法
ホイールベース 2,944 mm
全長 5,062 mm
全幅 1,897 mm
全高 1,424 mm
テンプレートを表示

2002年に初代S8の生産が終了した後、4年後の2006年6月にシングルフレームボディとして生まれ変わった。新型アウディS8は東京モーターショーで発表された。

アウディの歴史で初めてV型10気筒エンジンを採用するモデル。FSI(ガソリン直噴エンジン)技術により、この新型5.2 L V型10気筒エンジンは最高出力450 PS@7,000 rpm、最大トルク55.1 kgf·mを発揮。わずか2,300 rpmという低い回転速度ですでに最大トルクの90%を発生する。最新世代のクワトロ・フルタイム4WDシステムと6速AT(ティプトロニック)を組み合わせている。また、初代同様アウディ独自の軽量なASF(アウディスペースフレーム)コンセプトを採用したアルミボディを組み合わせた。

インテリアには、デンマークの最高級音響機器メーカーであるバング&オルフセンが初めて開発した専用「B&Oアドバンスドサウンドシステム」を標準装備する。スポーツアダプティブエアサスペンションに、Sスタイリング20インチアルミホイールを装着する。車両価格は1,485万円。

3代目(2011年-2019年)D4系編集

アウディ・S8
3代目
 
前期型
 
後期型
 
概要
販売期間 2012年-2020年(日本)
ボディ
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 4WD
パワートレイン
変速機 8速AT
車両寸法
ホイールベース 2,995 mm
全長 5,145 mm
全幅 1,950 mm
全高 1,455 mm
テンプレートを表示

2011年のフランクフルトモーターショーにて発表。このS8にはアウディでは初であるシリンダーオンデマンドを採用し、高速道路などでの走行中に8気筒のうち4気筒を休止する機能が付いており、さらにアイドリングストップ、エネルギー回生システムも採用し、アウディならではのアルミボディを組み合わせたASF(アウディスペースフレーム)も採用された。エンジンは最高出力は382 kW(520 PS)、最大トルク650 N·m@1,700-5,500 rpmを発生する4.0 L V型8気筒ツインターボエンジン。アウディならではのクワトロ・フルタイム4WDと、トランスミッションでは8速AT(ティプトロニック)も採用。全輪駆動の大型セダンにして0-100 km/h加速は4.2秒、最高速度はリミッター搭載で250 km/hである。

インテリアには、ティプトロニックパドルシフト&ステアリングヒーター付本革 巻き3スポーク マルチファンクション ステアリングホイールを標準装備。「Audi drive select」という機能には5つの走行モードに切り替えることが可能である。ホイールには21インチアルミホイールを標準装備している。車両価格は1,580万円。

4代目(2019年-)D5系編集

アウディ・S8
4代目
 
フロント
概要
販売期間 2020年-(日本)
ボディ
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 4WD
パワートレイン
変速機 8速AT
車両寸法
ホイールベース 2,998 mm
全長 5,172 mm
全幅 1,945 mm
全高 1,485 mm
テンプレートを表示

2019年に発表。初めてショートホイールベースバージョンとロングホイールベースバージョンが提供され、北米仕様はロングホイールベースのS8Lのみとなる。名目上ハイエンドのA8L W12は、先代モデル以降提供されなくなった。そのため、S8が現在のフラッグシップモデルとなっている。

関連項目編集

外部リンク編集