アウトロー (1976年の映画)

1976年クリント・イーストウッド監督・主演のアメリカの映画

アウトロー』(The Outlaw Josey Wales)は、クリント・イーストウッド監督・主演のアメリカ合衆国の映画1976年製作の西部劇

アウトロー
The Outlaw Josey Wales
The Outlaw Josey Wales Logo.png
監督 クリント・イーストウッド
脚本 フィリップ・カウフマン
ソニア・シャーナス
原作 フォレスト・カーター
製作 ロバート・デイリー
製作総指揮 ジェームズ・ファーゴ
ジョン・G・ウィルソン
出演者 クリント・イーストウッド
チーフ・ダン・ジョージ
ソンドラ・ロック
音楽 ジェリー・フィールディング
撮影 ブルース・サーティース
編集 フェリス・ウェブスター
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年6月30日
日本の旗 1976年8月7日
上映時間 135分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $31,800,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

概要編集

アメリカ建国200年記念として製作された西部劇。南北戦争後の時代を舞台として描かれた作品。第49回アカデミー賞では作曲賞にノミネートされている。また、1996年にはアメリカ議会図書館に永久保存するフィルムに選ばれている。

1975年の小説『The Rebel Outlaw: Josey Wales』(フォレスト・カーター:著)をイーストウッドが映画化。公開された当時は既に西部劇はほとんど作られなくなっていたが、広範囲なロケによって西部の広大な風景が画面に映し出され、単なる復讐活劇とは違う、その時代の様々な歪みや人々の苦悩とたくましさが描かれた名作である。

冒頭、主人公の息子役で登場するのはイーストウッドの実息であり、後にジャズ・ミュージシャンとして活動を始めるカイル・イーストウッドである。また、本作をきっかけにイーストウッドとソンドラ・ロックは交際を始めることとなる。

あらすじ編集

1860年代なかばのミズーリ州。南北戦争の混乱のさなか、北軍の名を借りたならず者集団レッド・レッグスが、各地で暴行・略奪を繰り返していた。彼らに妻と息子を殺され、重傷を負った農夫ジョージー・ウェールズ(クリント・イーストウッド)も、彼らへの復讐のために集まったウィリアム・ブラッディ・ビル・アンダーソン率いるミズーリのゲリラ部隊に加わって北軍と戦い、その早撃ちを知られるようになっていく。

やがて戦争は終わり、リーダー格のフレッチャー(ジョン・ヴァーノン)の説得により、部隊はジョージーを除いて全員北軍に投降する。ところが北軍は、独善的なレーン上院議員の指示の下、フレッチャーとの約束を破り、投降してきた部隊を犯罪者扱いで皆殺しにしてしまう。

負傷した若者ジェイミー(サム・ボトムズ)だけは救い出したジョージーであったが、北軍から追われる身の二人は、仲間の復讐どころではなく、インディアン居住区を目指して身を隠す旅に出る。

ジョージーに部隊の大半を倒されてしまい、怒りに燃える上院議員の指示で、レッド・レッグスのリーダーながらも北軍の大尉に納まっていたテリル(ビル・マッキニー)は、裏切り者に仕組まれたフレッチャーを伴い、ジョージー達の追跡を始める。

クリントネーションという街でもお尋ね者のジョージーの名は轟いていたが交易所の親父には顔まで知られて居なかった。しかし酒売りに顔がばれて、ひと悶着のうえ逃げ出す。

サンタリオという町に行き着き、カンザスから牧場を作りにやって来た老婆一行や現地住民の男女らと共に町の外れで一旦落ち着くが、アメリカ先住民コマンチ族に襲撃されそうになり、酋長テン・ベアーズ(ウィル・サンプソン)に申し入れ、共に生きようと誓い合う。

しかし、やはり牧場コミュニティから立ち去ろうとするジョージー。追っ手一味がやって来て「やっと一人になったな」と取り囲まれるが、仲間達が砲撃でジョージーと共に応戦し撃退。サンタリオにフレッチャーが訪れ捜索をするが、宿酒場に集った町の者たちはジョージーが死んだと証言する。その場にジョージが居るのだがフレッチャーも何も見なかったように振る舞い去る。ジョージーも「皆、戦争の犠牲者だ」と言って独り立ち去る。

人物編集

農夫ゲリラ部隊(南軍)
  • ジョージー・ウェールズ 妻と息子リルを持つ農夫
  • フレッチャー リーダー
  • アンダースン、ウィリアム、ブラッディ、ビル
  • ジェイミー 若者。負傷したところをジョージーに助けられたが結局は傷の悪化により後に死亡してしまった。
北軍側の人々
  • レーン 上院議員
  • テリル 北軍大尉、野盗「レッドレッグス」リーダー
クリントネーションの交易所
  • ズーキー ジョージーに写真を売りつける店主
  • 酒売りの親父
逃避行中に出会う人々
  • ”ブラッディ”・ビル・アンダーソン 孤高の賞金稼ぎ
  • ローン・ワティ 白髪のネイティブ。チェルシー族。
  • アルとヨーク 酒場のワル二人 ムーンライトを襲う
  • ムーンライト ナバホ族の女、ワティをチェロキー族酋長と思っている
  • セーラ  夫ダニエルズと娘を連れた老婦 
  • ローラ・リー セーラの娘
サンタリオ(酒も無い寂れた町)
  • チャト、トラビス、テンスポット、ローズ
  • テン・ベアーズ コマンチの酋長
  • 賞金稼ぎ二人組 撃たれる者、逃げて通報する者

スタッフ編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TBS テレビ朝日
ジョージー・ウェールズ クリント・イーストウッド 山田康雄
ジェイミー サム・ボトムズ 鈴置洋孝 曽我部和恭
ローン・ウェイティ チーフ・ダン・ジョージ 千葉順二 千葉耕市
テリル大尉 ビル・マッキーニー 飯塚昭三 加藤精三
ローラ・リー ソンドラ・ロック 佐藤雅子 勝生真沙子
テン・ベアー ウィル・サンプソン 峰恵研 細井重之
フレッチャー ジョン・ヴァーノン 大宮悌二 坂口芳貞
リトル・ムーンライト ジェラルディン・キームス 尾崎桂子 佐々木るん
サラ ポーラ・トルーマン 島美弥子 麻生美代子
ローズ ジョイス・ジェイムソン 吉田理保子
Carpetbagger Woodrow Parfrey
Travis Cobb Sheb Wooley
Ten Spot Royal Dano
Kelly Matt Clark
Chato John Verros
Sim Carstairs William O'Connell
Comanchero Leader コマンチ先鋒隊リーダー John Quade
Senator James H. Lane Frank Schofield
Shop keeper Buck Kartalian
Abe Len Lesser
Lige Doug McGrath
"Bloody Bill" Anderson John Russell
Zukie Limmer Charles Tyner
Yoke Bruce M. Fischer
Al John Mitchum
First Bounty Hunter John Chandler
Second Bounty Hunter Tom Roy Lowe
First Texas Ranger Clay Tanner
Second Texas Ranger Bob Hoy
その他 石井敏郎

村松康雄

池田勝

幹本雄之

笹岡繁蔵

広瀬正志

峰あつ子

田口昂

屋良有作

山中康司

池田勝

藤本譲

石井敏郎

上田敏也

渡部猛

広瀬正志

鈴置洋孝

演出 佐藤敏夫 田島荘三
翻訳 佐藤一公 宇津木道子
効果 桜井俊哉/遠藤堯雄 近藤勝之
制作 東北新社 コスモプロモーション
解説 荻昌弘 淀川長治
初回放送 1981年6月8日21:02-22:54
月曜ロードショー
1986年9月7日21:02-22:54
日曜洋画劇場

BDにはTBS版の再放送短縮版収録。(約97分)

参考文献編集

  1. ^ The Outlaw Josey Wales” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月9日閲覧。

外部リンク編集