アエミリウス氏族

アエミリウス氏族 (ラテン語: Gens Aemilia) は、古代ローマ氏族のひとつ。

共和政ローマ初期から執政官を輩出したパトリキ系の家系である。

概要編集

共和政前期に独裁官を出したマメルキヌス家はその後も執政官や執政武官を輩出している。その後も様々な家系で執政官を出しており、特にパウルス家は第二次ポエニ戦争よりコルネリウス氏族スキピオ家とは親密な間柄であり、ともに血縁関係を通じて元老院で中心的な存在となった。小スキピオのようにアエミリウス氏族からスキピオ家へと養子に出た例もあった。

エミリア街道はそれを建設したマルクス・アエミリウス・レピドゥスに由来し、エミリア=ロマーニャ州レッジョ・エミリア県、その県都レッジョ・エミリアモンテッキオ・エミーリアなどもその系譜である。

またエミールエミリオエミリーエミリアマクシミリアンといった人名もこの氏族に由来する。

メンバー編集

マメルクス家編集

マメルキヌス家編集

パプス家編集

バルブラ家編集

 
マケドニクスのピュドナの戦い (紀元前168年)での勝利を記録した碑文

パウッルス家編集

 
マルクス・アエミリウス・レピドゥスを刻んだデナリウス銀貨

レピドゥス家編集

レギッルス家編集

 
紀元前58年アエディリス・クルリスだったマルクス・アエミリウス・スカウルスが行った競技会を刻んだデナリウス銀貨

スカウルス家編集

その他編集

参考文献編集

  • T. R. S. Broughton (1951, 1986). The Magistrates of the Roman Republic Vol.1-3. American Philological Association