メインメニューを開く

アエロロジックAeroLogic)は、ドイツライプツィヒ近郊のシュコイディッツドイツ語版を拠点とする貨物航空会社。DHLエクスプレスルフトハンザ・カーゴ合弁事業として設立された[1]ライプツィヒ・ハレ空港フランクフルト空港をハブ空港とし、長距離国際線を運行している。

アエロロジック
AeroLogic
Logo AeroLogic.svg
IATA
3S
ICAO
BOX
コールサイン
GERMAN CARGO
設立 2007年
運航開始 2009年
ハブ空港
保有機材数 8
就航地 22
親会社
本拠地 ドイツシュコイディッツドイツ語版
外部リンク aerologic.aero
テンプレートを表示

歴史編集

2007年12月12日にDHLエクスプレスルフトハンザ・カーゴ合弁事業として設立され、ボーイング777Fの受領に合わせ2009年6月29日に運行を開始した[1]ボーイング777Fの運行はドイツの航空会社としては初めてのことだった[2]

2017年10月、日本の国土交通省より外国人国際航空運送事業の経営許可を取得、10月29日よりライプツィヒ - 成田 - 香港 - ライプツィヒ路線を運航する[3]

就航路線編集

アエロロジックは2通りの運行を行っており、平日はDHLエクスプレスとしてアジア方面に、週末はルフトハンザ・カーゴとしてアメリカとを結んでいる[1]。就航路線は下記[4]

都市 空港
マナマ バーレーン バーレーン国際空港
ダッカ バングラデシュ シャージャラル国際空港
ブリュッセル ベルギー ブリュッセル空港
香港 香港 香港国際空港
上海 中国 上海浦東国際空港
フランクフルト ドイツ フランクフルト空港 [ハブ]
ライプツィヒ ドイツ ライプツィヒ・ハレ空港 [ハブ]
バンガロール インド ケンペゴウダ国際空港
ムンバイ インド チャトラパティ・シヴァージー国際空港
ミラノ イタリア ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港
ラホール パキスタン アッラーマ・イクバール国際空港
シンガポール シンガポール シンガポール・チャンギ空港
東京 日本 成田国際空港
ソウル 韓国 仁川国際空港
バンコク タイ王国 スワンナプーム国際空港
アシガバート トルクメニスタン アシガバート空港
ドバイ アラブ首長国連邦 ドバイ国際空港
ノッティンガム イギリス イースト・ミッドランズ空港
アトランタ アメリカ合衆国 ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港
シカゴ アメリカ合衆国 シカゴ・オヘア国際空港
ヒューストン アメリカ合衆国 ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港
ロサンゼルス アメリカ合衆国 ロサンゼルス国際空港
ニューヨーク アメリカ合衆国 ジョン・F・ケネディ国際空港
タシュケント ウズベキスタン タシュケント国際空港

機材編集

2017年8月現在のアエロロジックの機材[5]

アエロロジックの機材
機材 運行中 発注済 備考
ボーイング777F 10

脚注編集

  1. ^ a b c Aerologic GmbH - PROFILE”. 2014年9月25日閲覧。
  2. ^ Boeing Delivers AeroLogic's First 777 Freighter”. 2014年9月25日閲覧。
  3. ^ 外国人国際航空運送事業の経営許可 (PDF) - 国土交通省 平成29年10月20日
  4. ^ Summer Schedule 2013”. 2014年9月25日閲覧。
  5. ^ “Global Airline Guide 2017 (Part One)”. Airliner World (October 2017): 14. 

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、アエロロジックに関するカテゴリがあります。