メインメニューを開く

アオイ科(葵:Malvaceae)は双子葉植物アオイ目の科のひとつ。

アオイ科
Alcea rosea and blue sky.jpg
タチアオイ(Althaea rosea
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : アオイ類 Malvids
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
学名
Malvaceae Juss.[1]
タイプ属
Malva L.
シノニム

Bombacaceae Kunth
Sterculiaceae Vent.
Tiliaceae Juss.[1]

  • 本文参照

従来の分類(旧アオイ科)では約75属、1500種からなるが、新たな分類ではさらに広い範囲を含めている(広義アオイ科:下記を参照)。

用途が多く、美しい花をつける観賞用のハイビスカスムクゲフヨウタチアオイなどのほか、食用のオクラドリアンカカオ、またワタケナフなど繊維として利用されるものもある。

特徴編集

旧アオイ科は、草本または木本両性花で、5枚の花弁雄蕊が基部で合生し、雄蕊どうし合着して筒状になる。熱帯地方に多く、日本の本土に本来自生するものは数種(三浦半島以南の海岸に生えるハマボウのほか、南西諸島にさらに数種)で、そのほか帰化植物が数種ある。

アオイ()という名は、元はフユアオイなどを指し、「仰(あおぐ)日(ひ)」の意味で、葉に向日性があるためという[2]

 
徳川葵

家紋に使われる葵(徳川家の「三つ葉葵」、下鴨神社の「双葉葵」など)は別科であるウマノスズクサ科フタバアオイの葉をデザインしたものである。

広義アオイ科は熱帯から温帯にかけて広く分布し、木本が多い。花は単性花や花弁を欠く種類もある。

分類編集

クロンキスト体系など従来の分類(旧アオイ科)では、約75属を含む科である。

旧アオイ科のおもな属編集

APG植物分類体系編集

APG植物分類体系では以上の旧アオイ科に加え、従来のパンヤ科カポック(パンヤ)、ドリアンバオバブバルサなど)、アオギリ科アオギリカカオコーラノキなど)、シナノキ科シナノキセイヨウボダイジュコウマシマツナソ(モロヘイヤ)など)もアオイ科に含め、240-250属からなる大きな科としている。

この広義アオイ科は次の各亜科に分けられ、旧アオイ科以外の旧科はいずれも多系統とされる。

アオイ科以外の「葵」編集

画像編集

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ a b Malvaceae Tropicos
  2. ^ 牧野新日本植物図鑑(北隆館、1996年)

外部リンク編集

  • Malvaceae in Watson, L., and Dallwitz, M.J. 1992 onwards. The families of flowering plants: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval. Version: 29th July 2006. http://delta-intkey.com.
  • malvaceae in Stevens, P. F. (2001 onwards). Angiosperm Phylogeny Website Version 7, May 2006 [and more or less continuously updated since].