メインメニューを開く

アオシギ(青鷸、学名:Gallinago solitaria)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種。

アオシギ
Scolopax (Gallinago) solitaria Fauna Japonica.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: タシギ属 Gallinago
: アオシギ G. solitaria
学名
Gallinago solitaria
和名
アオシギ
英名
Solitary Snipe

日本へは数は少ないが冬鳥として渡来する。

目次

分布編集

シベリア東部および中部、サハリンヒマラヤ北部で繁殖し、北方で繁殖した個体はインドパキスタン中国南部などに渡り越冬する。

日本では冬鳥として北海道から沖縄まで全国に渡来するが、数は多くない。特に、本州中部以南での記録は少ない。

形態編集

全長約30cm。翼開長は約55cm。体の上面は褐色で他のジシギ類と模様が似ているが、顔や体の下面の白色部分が薄い青灰色を帯びている(これが和名の由来である)。翼には白帯はない。頭央線や頬線は白っぽく、境界が不鮮明である。嘴は肉色で先端部は黒い。

雌雄同色で、幼鳥も成鳥と似た体色をしている。

生態編集

沿いの渓流沿いやに囲まれた水田、山間部の湿地などに生息する。越冬地では単独でいることがほとんどだが、寒冷地では数羽集まって生息していることがある。

食性は動物食で、水中に長い嘴を差し込んで昆虫類などを採食する。

繁殖形態は卵生。森林内の地上や草地に植物を敷いて営巣し、4-5卵を産む。

しばしば脚を伸縮させ、体を上下にゆする動作をする。

鳴き声は「ジェッ」。

Sibley分類体系上の位置編集

参考文献編集

関連項目編集