メインメニューを開く

アオバアリガタハネカクシ

有毒のハネカクシ。

アオバアリガタハネカクシ(青翅蟻形隠翅虫、Paederus fuscipes)とは、コウチュウ目ハネカクシ上科ハネカクシ科アリガタハネカクシ亜科に属する昆虫。名称の由来は上翅が青色であることからである[1][2]。体長約7mmほどで細長く、頭部と腹部末端が黒く、その他の体節は橙赤色で、アメリカ大陸以外の世界各地に分布しており、主に温暖な湿地に生息する[1][2]

アオバアリガタハネカクシ
Paederus littoralis01.jpg
アオバアリガタハネカクシ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目(鞘翅目) Copleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
下目 : ハネカクシ下目 Staphyliniformia
上科 : ハネカクシ上科 Staphylinoidea
: ハネカクシ科 Staphylinidae
亜科 : アリガタハネカクシ亜科 Paederinae
: Paederus
: アオバアリガタハネカクシPaederus fuscipes
学名
Paederus littoralis Gravenhorst, 1802
和名
アオバアリガタハネカクシ

体液中に有毒物質ペデリンを含み、人間の皮膚に体液が付着すると、火ぶくれのような膿疱を伴う線状皮膚炎(ミミズ腫れ)を引き起こすことから、ヤケドムシとも呼ばれる[1][2][3]。体液がついてから発症するまでに多少の時間がかかるため、患者はその原因が自分の肌から少し前に払い落とした小昆虫の体液にあることに気がつきにくく、突然生じるミミズ腫れに当惑することになる。そのため地方によっては家屋内を徘徊するヤモリの尿が付着したためとする俗信を生み、これを俗に「ヤモリのしょんべん」とも呼ぶ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『世界大百科事典』平凡社。
  2. ^ a b c 中根猛彦『日本大百科全書 ニッポニカ』小学館。
  3. ^ 夏秋優『Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎』学研プラス、2013年、15頁。