ベニアワツブタケ科

アカツブタケ科から転送)

ベニアワツブタケ科(Nectriaceae)はフンタマカビ綱ボタンタケ目に属する菌類のアカツブタケ科ネクトリア科とも。

ベニアワツブタケ科
Nectria peziza.JPG
Nectria peziza
分類
: 菌界 Fungi
: 子嚢菌門 Ascomycota
亜門 : チャワンタケ亜門 Pezizomycotina
: フンタマカビ綱 Sordariomycetes
: ボタンタケ目 Hypocreales
: ベニアワツブタケ科 Nectriaceae
学名
Nectriaceae
Tul. & C.Tul. (1865)

など本文参照

特徴編集

多くのものは有性世代で生じる子嚢殻が赤ないし紫の色調で、水酸化カリウムに浸すと褐変し乳酸に浸すと黄変する。

学名編集

ベニアワツブタケ科はもともと有性世代に対して命名されたものである。タイプ属はNectria Fr. (1849)であるが、対応する無性世代としてTubercularia Tode (1790)がある。このTuberculariaをタイプとする科名として分生子座菌科 Tuberculariaceae Fr. (1825)が先名権を持つが、ベニアワツブタケ属・ベニアワツブタケ科ともに保存名とすべきだと提案されている。[1]

下位分類編集

2014年末の時点で編纂されたOutline of Sordariomycetes[2]によると以下の属が含まれる。

歴史編集

20世紀前半にはニクザキン目をニクザキン科とアカツブタケ科の2科に分けていたが、20世紀後半になるとニクザキン科1科にまとめられることが多くなった。1999年に改めてニクザキン科を分子系統解析に基づいて3科に分割したうちの1つである。[3]

参考文献編集

  1. ^ Rossman et al. (2013). “Genera of Bionectriaceae, Hypocreaceae and Nectriaceae (Hypocreales) proposed for acceptance or rejection”. IMA Fungus 4 (1): 41–51. doi:10.5598/imafungus.2013.04.01.05. PMC: 3719205. PMID 23898411. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3719205/. 
  2. ^ Maharachchikumbura et al. (2015). “Towards a natural classification and backbone tree for Sordariomycetes”. Fungal Diversity 72: 199-301. doi:10.1007/s13225-015-0331-z. 
  3. ^ Rossman & Samuels (1999). “Genera of Bionectriaceae, Hypocreaceae and Nectriaceae (Hypocreales, Ascomycetes)” (pdf). Stud. Mycol. 42: 5-14. http://www.cbs.knaw.nl/publications/Sim42/content/pdf/005-014.pdf. 

外部リンク編集