メインメニューを開く

アカルビオシン(Acarviosin)は、シクロヘキシトールが4-アミノ-4,6-ジデオキシ-D-グルコピラノースに結合した二糖である。強いα-アミラーゼ阻害剤であるアカルボース及びその誘導体の構成要素である。窒素原子が、天然の基質よりも強くα-アミラーゼに結合するため、他の阻害剤よりも強力になっている。アカルビオシンを含む他のα-アミラーゼ阻害剤は、微生物Streptomyces luteogriseusイソバレルタチン[1]ブチタチン[2]、またStreptomyces coelicoflavusのより長いオリゴ糖[3]等で見られる。

アカルビオシン
識別情報
CAS登録番号 80943-41-5 ×
PubChem 3083346
ChemSpider 2340579 チェック
特性
化学式 C14H25NO8
モル質量 335.35 g mol−1
密度 1.488 g/mL
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

出典編集

  1. ^ “Structural revision of isovalertatins M03, M13, and M23 isolated from the culture of Streptomyces luteogriseus”. Carbohydr. Res. 331 (1): 69–75. (March 2001). PMID 11284506. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0008-6215(01)00006-4. 
  2. ^ “Two butylated aminooligosaccharides isolated from the culture filtrate of Streptomyces luteogriseus”. Carbohydr. Res. 335 (2): 127–32. (September 2001). PMID 11567643. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0008-6215(01)00218-X. 
  3. ^ “Four acarviosin-containing oligosaccharides identified from Streptomyces coelicoflavus ZG0656 are potent inhibitors of alpha-amylase”. Carbohydr. Res. 343 (5): 882–92. (April 2008). doi:10.1016/j.carres.2008.01.020. PMID 18294624. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0008-6215(08)00032-3.