メインメニューを開く

アガリアレプトAgaliarept)は、ヨーロッパの伝承に伝わる悪魔の1人。

概要編集

魔術悪魔学に関して記したグリモワールと呼ばれる一連の文献においてその名前が見られる。18世紀もしくは19世紀に民間に流布したグリモワールの1つである『真正奥義書』によれば、アガリアレプトはルシファーの配下の悪魔であり、ルシファー、サタナキアとともにヨーロッパアジアに住まう[1]

Tarihimalという別の悪魔とともに、水を支配する力を持つElelogapという精霊を支配下においているとされる[2]。一方、『真正奥義書』と関連があると考えられている大英図書館所蔵の文献、ランズダウン稿本1202『アルマデルによるソロモン王の真の鍵』(Les Vrais Clavicules du Roi Salomon par Armadel)では、ベルゼビュート配下の悪魔たちの首領としてAgateraptorという名前が挙げられており、ベルゼビュート配下の悪魔たちはアメリカに住まうとされる[3]

アガリアレプトは、『真正奥義書』と同じく18世紀以降に流布したと考えられているグリモワール『大奥義書』にも登場している。『大奥義書』によれば、地獄の3人の支配者ルシファー、ベルゼビュートアスタロトに仕える6柱の上級精霊の1柱であり、サタナキアとともに将軍司令官を勤める[4][5]。精霊の第2軍団を指揮しており、ブエルグソインボティスを配下に持つ[6][7]

また、世界中の宮廷や政府が秘している機密を明らかにし、どんなに崇高な謎でも解明してしまう力を持つとされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ The Book of Ceremonial Magic, p.186
  2. ^ The Book of Ceremonial Magic, p.193
  3. ^ Clavicules du Roi Salomon, Par Armadel. Livre Troisieme. Concernant les Esprits & leurs pouvoirs.
  4. ^ The Book of Ceremonial Magic, p.187
  5. ^ 『地獄の辞典』では、アガリアレプトは家老とされている。『地獄の辞典』、p.119
  6. ^ The Book of Ceremonial Magic, p187
  7. ^ 『地獄の辞典』、p.120

参考文献編集

  • コラン・ド・プランシー地獄の辞典』床鍋剛彦訳、講談社、1990年。ISBN 4-06-201297-9
  • Waite, A.E., The Book of Ceremonial Magic(1913), The Internet Sacred Text Archive 内の文書 (英語)
  • Clavicules du Roi Salomon, Par Armadel. Livre Troisieme. Concernant les Esprits & leurs pouvoirs., Twilit Grotto: Archives of Western Esoterica(ジョゼフ・H・ピーターソン編集・解題・注釈、フランス語原文、ジョゼフ・H・ピーターソンによる英訳) (フランス語) (英語)