アキナ (お笑いコンビ)

日本のお笑いコンビ

アキナは、秋山賢太と山名文和からなる日本のお笑いコンビ吉本興業大阪本社所属。2012年10月に結成。THE MANZAI2014ファイナリスト、M-1グランプリ2016・2020ファイナリスト、キングオブコント2014・2015・2017ファイナリスト。

アキナ
AKINA
メンバー 秋山賢太
山名文和
結成年 2012年
事務所 吉本興業
活動時期 2012年10月15日 -
出身 NSC大阪校25期(秋山)
NSC大阪校26期(山名)
影響 とんねるず(山名)
山田邦子(秋山)
出会い 事務所
旧コンビ名 金時(秋山)
河井山名(山名)
旧トリオ名 ソーセージ(両者)
芸種 コント漫才
ネタ作成者 山名文和[注 1]
現在の代表番組 週刊ヤングフライデー
マンモスター+
せやねん!
痛快!明石家電視台
Jフットニスタ
過去の代表番組 もってる!? モテるくん
吉本超合金A
もう少し、嫌な奴
アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー
同期 秋山
銀シャリ
ジャルジャル
プラス・マイナス
クロスバー直撃
山名
かまいたち
和牛
藤崎マーケット
天竺鼠
河井ゆずるアインシュタイン
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2013年 第1回MBSラジオ演芸 ヤングスネーク杯 優勝
2014年 キングオブコント 決勝進出
2014年 THE MANZAI 第3位
2015年 第45回NHK上方漫才コンテスト 優勝
2015年 キングオブコント 第6位
2016年 M-1グランプリ 第5位
2017年 キングオブコント 第7位
2017年 NHK新人お笑い大賞 優勝
2020年 M-1グランプリ 第8位
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年3月 -
登録者数 5.83万人
総再生回数 685万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年6月26日時点。
テンプレートを表示

メンバー編集

秋山 賢太(あきやま けんた、 (1983-06-24) 1983年6月24日(38歳) - )

ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。
兵庫県川辺郡猪名川町出身、兵庫県立猪名川高等学校卒業。血液型A型、身長170cm、体重58kg、靴のサイズ26.5cm。実際は1cm大きいものを履く。
大阪NSC25期生。アキナ結成前は、現「なにわプラッチック」の三輪善行と「金時」というコンビで活動。
プライベートでは山名の事を「ふみ」と呼ぶ。
2019年2月14日、朝日放送テレビアナウンサーの塚本麻里衣との結婚を発表[1]
スニーカーが好き。
高所恐怖症[2]
小6のときにジャニーズに応募した。

山名 文和(やまな ふみかず、 (1980-07-03) 1980年7月3日(41歳) - )

ボケ担当。立ち位置は向かって左。
滋賀県東近江市出身、滋賀県立彦根東高等学校卒業、名古屋外国語大学中退。
血液型A型、身長171cm、体重68kg、靴のサイズ27cm、元喫煙者で2021年現在で禁煙5年目、先輩に誓ってやめた。
大阪NSC26期生。アキナ結成前は現「アインシュタイン」の河井ゆずると「河井山名」というコンビ(旧コンビ名は「やじろべえ」)で活動。
「山名スマッシュ」と呼ばれる一発ギャグのようなポージングを持っているが、特に意味は無いという。
特技は書道。学生時代はバスケットボール部所属。中学時代は優等生で地元の進学校に進んだが、退学を考えるほど落ちこぼれてしまった[3]
犬を1匹飼っている。名前は「おまめ」。
2021年7月24日の『せやねん!』(毎日放送)で吉本新喜劇宇都宮まきと結婚したことを報告した[4]

略歴編集

  • 元々、藤本聖(現・ジュリエッタ)を含めた「ソーセージ」というトリオで活動していたが、2012年7月2日、藤本が不祥事を起こし無期限謹慎処分(ソーセージの項目参照)となったため、秋山と山名の二人での活動が続いていた。その後、2012年10月15日をもって「ソーセージ」は藤本が脱退する形で解散となり、改めて秋山と山名の二人でコンビを結成し現コンビ名に改名して活動を継続する事となった[5]
  • コンビ名は、二人の名字「山(アキヤマ)」と「山(ヤマ)」を組み合わせたもの。
  • 一年遅れで別のコンビでデビューした山名を見て秋山は「コイツとやりたい」と思い、それから山名がそのコンビを解散。秋山が「山名を誰かに取られる!」と自分のコンビを解散し、山名を誘ってコンビ結成した。

芸風編集

「ソーセージ」時代同様にコントがメインだが、漫才も行う。M-1グランプリキングオブコントの両方で複数回の決勝進出を経験している。コントはボケとツッコミがはっきり分かれたオーソドックスなスタイル。

秋山の憧れの芸人はとんねるず山田邦子[6]。山名は千原兄弟ととんねるずがきっかけでお笑いを始め[6][3]片岡鶴太郎も尊敬しているなど[6]、大阪の芸人であるが東京芸人からの影響も少なくない。

出演編集

テレビ編集

現在のレギュラー番組
過去のレギュラー番組
特別番組(MCもしくはメインキャスト)

ラジオ編集

現在のレギュラー番組
過去のレギュラー番組
その他

ネット配信番組編集

  • アキナのアキナいチャンネル(YouTube、2020年4月1日19:00〜)
現在のレギュラー番組
  • バツウケプラス(大阪チャンネル
  • マンモスター++
  • アキナのホビーナイト(SHOWROOM、2018年5月 - )
過去のレギュラー番組

DVD編集

  • アキナ(2015年8月5日)[10]
  • アキナ2(2019年3月27日)[11]

単独ライブ編集

2013年
  • 7月29日 - 「オギャー」(5upよしもと/大阪)※初単独
  • 10月31日 - 「ヒャッホー!!」(5upよしもと/大阪)
2014年
  • 2月14日 - 「よっし!!!」(5upよしもと/大阪)※5up卒業単独
  • 5月3日 - 「アキナの漫才単独」(5upよしもと/大阪)
  • 7月25日 - 「アキナ in NGK」(なんばグランド花月/大阪)
2015年
  • 3月26日 - 「アキナ in NGK 2」(なんばグランド花月/大阪)
  • 4月3日 - 「アキナ in ルミネ」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 5月2日 - 「アキナ in 幕張」(幕張よしもとイオンモール劇場/千葉)
  • 5月20日 - 「アキナのDVD収録ライブ〜みんな!いつもより多めに笑ってね!〜」(ABCホール/大阪)
  • 7月29日 - 「アキナのコント」(大丸心斎橋劇場/大阪)
2016年
  • 3月31日 - 「アキナ in NGK 3」(なんばグランド花月/大阪)
  • 4月6日 - 「アキナ in ルミネ 2」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 8月11日 - 「プレミアムアキナ」(大阪ビジネスパーク 円形ホール/大阪)
2017年
  • 4月6日 - 「アキナ in NGK 4」(なんばグランド花月/大阪)
  • 5月4日 - 「アキナルミネ〜どっさりネタ持ってきました〜」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 7月30日 - 「KING」(YES THEATER/大阪)
  • 10月31日 - 「アキナの漫才単独inルミネ」(ルミネtheよしもと/東京)
2018年
  • 4月26日 - 「アキナ in NGK」(なんばグランド花月/大阪)
  • 5月6日 - 「アキナ in ルミネ」(ルミネtheよしもと/東京)

出囃子編集

賞レース戦歴編集

キングオブコント編集

年度 結果 会場 日時 備考
2013年 2回戦進出 テイジンホール 2013/08/10
2014年 決勝進出 TBSテレビ 2014/10/13 決勝1回戦敗退
2015年 決勝進出(6位) 2015/10/11
2016年 準決勝進出 赤坂BRITZ 2016/09/08
2017年 決勝進出(7位) TBSテレビ 2017/10/01
2018年 準々決勝進出 YES THEATER 2018/08/16
2019年 2019/08/16
2020年 きゅりあん小ホール 2020/08/15
2021年 YES THEATER 2021/08/17

Mー1グランプリ編集

年度 結果 会場 日時 備考
2015年 準々決勝進出 なんばグランド花月 2015/11/05
2016年 決勝進出(5位) テレビ朝日 2016/12/04
2017年 準決勝進出 NEW PIER HALL 2017/11/15 準々決勝敗退後、
Gyaoワイルドカード枠で準決勝進出(予選23位)
2018年 2018/11/15 予選18位、敗者復活戦4位
2019年 不参加
2020年 決勝進出(8位) テレビ朝日 2020/12/20
2021年 準々決勝進出 なんばグランド花月 2021/11/10

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 漫才のツッコミのフレーズを秋山が考える場合もある。

出典編集

  1. ^ “アキナ秋山が塚本麻里衣アナと結婚、山名も祝福「僕たちアキナの絆はすごい」”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2019年2月14日). https://natalie.mu/owarai/news/319881 2019年2月14日閲覧。 
  2. ^ VRドッキリ第2弾!アキナ秋山失神寸前!”. YouTube. たさちゃんねる/冒険美食家マー君《合同チャンネル》 (2021年2月18日). 2021年2月19日閲覧。
  3. ^ a b 名門校「落ちこぼれ」芸人!? 人気実力派・アキナ山名の今を支える高校時代!”. WEDGE Infinity(ウェッジ) (2019年2月20日). 2020年12月27日閲覧。
  4. ^ アキナ山名文和と宇都宮まき結婚、プロポーズは山名が「結婚してください」”. 日刊スポーツ (2021年7月24日). 2021年7月24日閲覧。
  5. ^ メンバー不祥事のソーセージが解散 新コンビ「アキナ」で再始動”. ORICON STYLE (2012年10月15日). 2012年10月15日閲覧。
  6. ^ a b c 人前で緊張しない方法は?数々の大舞台に立ってきた芸人アキナに高校生が聞く”. ch FILES (2021年5月30日). 2021年7月25日閲覧。
  7. ^ “千鳥大悟、バイきんぐ小峠、アキナ山名、天竺鼠川原、錦鯉長谷川の五人衆が悩み解決”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2021年4月23日). https://natalie.mu/owarai/news/425686 2021年4月24日閲覧。 
  8. ^ チョコプラ、シソンヌ、マヂラブ、アキナが横須賀を舞台に対決ロケ”. お笑いナタリー. ナターシャ (2021年3月22日). 2021年8月15日閲覧。
  9. ^ チョコプラ、シソンヌ、マヂラブ、アキナのロケ番組再び!今度は千葉へ”. お笑いナタリー. ナターシャ (2021年8月14日). 2021年8月15日閲覧。
  10. ^ “アキナ初DVD「アキナ」収録コント発表、予約者と写メ撮影会も”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2015年5月15日). http://natalie.mu/owarai/news/147305 2015年8月5日閲覧。 
  11. ^ “アキナ単独ライブDVD「アキナ2」が3・27発売”. TVLIFE web (ワン・パブリッシング). (2019年1月18日). https://www.tvlife.jp/entame/207125 2021年7月25日閲覧。 
  12. ^ MBSラジオ演芸 ヤングスネーク杯 - MBSラジオ

外部リンク編集