メインメニューを開く

放送時間編集

  • 2002年(平成14年)7月から2005年(平成17年)4月まで:毎月第1・第3日曜25:00 - 25:30(月曜未明。第2・第4週はその前週の再放送、第5週がある月は第1週分の再放送)
  • 2005年(平成17年)5月から:毎週日曜25:00 -25:30(月曜未明。再放送は無し)
  • 2006年(平成18年)10月29日の放送で休止(実質最終回)となった。
  • 番組内では“一旦終了”ということになっているが、2013年に番組制作を担当していたラムズ自己破産した事などから、番組復活は困難な状況にある。

放送回数編集

  • アキハバラ情報局 #1〜#66 全66回
    • アキハバラ情報局with GATV #67〜#89 全23回
    • アキハバラ情報局with GATVII #90〜#114 全25回
  • アキハバラ情報局PLUS #1〜26 全26回

(放送話数はスカイパーフェクTV!EPGによるもので、PLUS以降は#1からリセットされている)

内容と出演者編集

第一期編集

2002年(平成14年)7月 - 2003年(平成15年)6月

秋葉原の地下深くにあるスタジオという設定で放送。

第二期編集

2003年(平成15年)7月 - 2004年(平成16年)9月

ゲストを交えての公開録画形式となる(観覧者はネット公募。但し、川澄綾子出演分だけは非公開収録となっている)。当初はアシスタントのうち、福井が続投する予定だったが、ちょうどその時期に長期にわたる病気療養を余儀なくされ、急遽千葉に交代する形になった。

第三期編集

2004年(平成16年)10月 - 2005年(平成17年)3月

千葉が卒業し、野外でのロケ形式となる。ゲストとは主に都内の飲食店で座談する。また、アニメ誌の提携先がアニメージュからアニメディアメガミマガジン)に変更となった。

第四期編集

アキハバラ情報局with GATV編集

2005年(平成17年)4月 - 同年9月

会社の一室と言う設定で出演者がコントなどを交えて放送。宮崎や阿部もアシスタントに加わる。

それまで番組のメインスポンサーであったサミーがスポンサーを降りた影響で、GATVと統合する形式となる。このため、番組の著作権を全てサミーからラムズに譲渡することになり、これ以後同番組を制作しているラムズのカラーが強調されるようになった。

アキハバラ情報局with GATV II編集

2005年(平成17年)10月 - 12月

GATVがリニューアルしたことに伴いタイトル変更。アキハバラ情報局側に基本的な内容の変化はなし。

第五期 アキハバラ情報局with GATV II編集

2006年(平成18年)1月 - 3月

再び野外ロケ形式となり、アシスタントが井ノ上に交代した。

第六期 アキハバラ情報局PLUS編集

2006年(平成18年)5月 - 10月(10月下旬の最終2回分は総集編)

GATVII終了に伴って番組名変更となったとされる。

内容は、第五期とほぼ同じだが、DSE紹介コーナーが追加されている。

※井ノ上のスケジュールの都合で、同じ事務所の酒井香奈子がピンチヒッターを務めた回がある。

ゲスト編集

総集編 アキハバラ情報局スペシャル編集

2006年(平成18年)4月 全4回 第三期放送分の総集編を放送。

関連項目編集