本田技研工業 > アキュラ

アキュラローマ字:Acura)は、本田技研工業が1986年にアメリカ合衆国カナダで開業した高級車ブランドである。

現地開発モデルを含む6車種で展開され、販売台数の7割を北アメリカ生産車が占めている(2005年時点)[1]

目次

概要編集

アメリカにおけるホンダの歴史は、1959年、ロサンゼルスに販売会社・アメリカンホンダモーター(American Honda Motor)が設立されたことに始まる。小型バイク、スーパーカブを始めとする二輪車の販売で成功したホンダは、1973年第一次石油危機に際して、低燃費小型車シビックによりアメリカ自動車市場への進出に成功した。1982年にはオハイオ州メアリーズビルの自社工場において、乗用車・アコードの生産を開始したが、これは、日本の自動車会社として初めてのアメリカ現地生産であった[2]

大衆車の販売で成功したホンダは、より上級の自動車市場への進出を計画、1985年には、アメリカ現地での研究所として、ホンダR&Dアメリカ社の技術開発センターが、オハイオ州に完成した。翌1986年にアキュラが開業、全米60店舗のディーラーを通して、スポーティーカー(現在でいうスポーツコンパクト)のインテグラと、フラッグシップレジェンドの販売が開始された[3]。これは、日本の自動車会社による高級車ブランド設立の第一例であり、トヨタ自動車レクサスや、日産自動車インフィニティ(いずれも1989年に開業)に先立つものであった。

開業初年には、早くも自動車ブランド別の顧客満足度調査において第1位を獲得し、アメリカでの高評価が定着した。アキュラブランドの販売は、カナダでも1986年から開始された。同地においては独立したディーラー網の展開はなく、ホンダブランドの下での併売となっている。

1990年には、NSXが発売された。

1991年香港2004年11月30日メキシコ2006年9月27日中華人民共和国マカオなどを除く)、2014年にロシア市場へも進出し、ブラジルにも進出する計画が発表されるなど、レクサスやインフィニティに比べて遅れていた世界展開が進んでいる[4]

一方で、あえてアキュラブランドを導入しない地域もある。日本もそのひとつである。(経緯は後述) レジェンドがホンダブランド車として販売されることに関してはホンダの知名度は高いが、アキュラは皆無であることが一因であることがホンダ社長のコメントから伺える。

歴史編集

  • 1986年 - アメリカ合衆国で開業。カナダでもアキュラ「レジェンド」と「インテグラ」の販売が開始される[5]
  • 1990年 - アメリカにおけるCSI(顧客満足度調査)で、自動車ブランドとして5年連続の第1位を獲得[6]
  • 2002年7月 - アメリカにおけるアキュラ車の累計販売台数が200万台に達する[7]
  • 2004年 - メキシコでの販売を開始。
  • 2005年7月 - 中国での販売計画を発表。開業予定は2006年春とした[8]
  • 2005年12月 - 北米向けNSXの生産を終了[9]
  • 2006年9月 - 中国での販売を開始[10]
  • 2007年5月 - アキュラデザインスタジオが、カリフォルニア州に完成[11]
  • 2008年9月 - ロシアでの販売計画を発表。開業は2011年を目処とするとした[4]。2014年に販売開始したが2016年に撤退。
  • 2012年10月 - ブラジルでの販売計画を発表[12]。2015年投入。

販売車種の特徴編集

スポーティーさを特徴とする高級セダンSUVを展開している。NSXの一時発売終了以降は全車種が前輪駆動車やそれをベースにした四輪駆動車となっていたが、2016年に新NSX後輪駆動+モーターアシストによる四輪駆動)が発売されたことでその法則は崩れた。直列4気筒エンジン搭載のモデルが存在する一方で、最大でもV型6気筒エンジンに留まるなどの特徴は、従来アメリカで認識されてきた「高級車ブランド」像とは異なるものである。また、レクサスやインフィニティなどが、日本製による品質とイメージの維持を図っているのに対して、アキュラでは、現地開発・現地生産による現地化に注力しているのも特徴である。

評価と実績編集

2006年のアメリカ合衆国における販売台数は20万1,223台であり、そのうち約13万台が北米現地生産車であった[13]。2009年、アキュラは全車種が自動車ブランドとして史上初めて、二つの代表的な自動車安全調査機構、米国運輸省道路交通安全局英語版(NHTSA)によるクラッシュ・テストでの5つ星と、米国道路安全保険協会(IIHS)による「トップセーフティピック」評価を獲得した[14]

名称とロゴマーク編集

ブランド名は、「Accuracy(正確さ)」を連想させる造語である。ホンダのエンブレムの「Hマーク」をちょうど逆にした「A」に起縁する、また、アルファベット順に並べた場合に、他のどのブランドよりも先頭にくることが考慮されたとも言われる。エンブレムカリパス(ノギス)を象ったものに手を加えて「Aマーク」と見えるようにしたものである。

モデル名は当初、「アキュラ・レジェンド」、「アキュラ・ビガー」など、同型車がホンダブランドで発売される際と同一の名称が使用されていたが、その後は全モデルがアルファベット2文字か3文字の名称に変更・統一されている。

現行車種編集

現行販売車種編集

セダン系車種は「LX」、クロスオーバー系車種は「DX」の接尾辞で統一されている。

外観 車種名 初登場年 現行型 備考 生産工場
発表
発売
マイナー
モデルチェンジ
セダン
 
RLX
RLX 2013年 2013年 2017年 米国・カナダで展開されるアキュラブランドのフラグシップセダン。
日本市場ではホンダ レジェンドとして販売されている。
日本市場と共通のV6 3.5L Sport Hybrid+SH-AWDに加え、
V6 3.5Lに10速ATを組み合わせたFFモデルが選択できる。
本田技研工業
埼玉製作所 狭山完成車工場
(埼玉県)
 
TLX
TLX 2014年 2014年 2017年 海外市場専用モデル。
アキュラブランドの中核を担うスポーティセダン。
ラインアップは直4 2.4L+8速DCTとV6 3.5L+9速ATの2タイプ。
V6エンジン搭載車にはSH-AWDも用意される。
米国・カナダ・メキシコで販売。
Honda of America Mfg., Inc.
(米国 オハイオ州)
メアリズビル工場
 
TLX-L
TLX-L 2014年 2017年 2017年 中国市場専用モデル。
TLXの全長・ホイールベースを延長したストレッチバージョン。
直4 2.4Lエンジンと8速DCTを組み合わせた仕様が用意される。
広汽本田汽車有限公司
(中国 広東省)
 
ILX
ILX 2012年 2012年 2016年 海外市場専用モデル。
9代目シビックをベースとしたアキュラブランドのエントリーモデル。
パワートレインは直4 2.4Lエンジンと8速DCTの組み合わせのみ。
米国・カナダ・メキシコ・中国で販売されている。
Honda of America Mfg., Inc.
(米国 オハイオ州)
メアリズビル工場
SUV
 
MDX
MDX 2001年 2013年
(3代目)
2016年 海外市場専用モデル。
アキュラが誇る最上級SUV。
北米市場ではV6 3.5Lエンジンに加え、V6 3.5L Sport Hybrid+SH-AWDを
ラインアップ。また、中国向けにはV6 3.0Lエンジンを搭載する。
米国・カナダ・メキシコ・中国で販売されている。
Honda Manufacturing
of Alabama LLC
(米国 アラバマ州)
リンカーン工場
 
RDX
RDX 2006年 2018年
(3代目)
海外市場専用モデル。
CR-Vと基本コンポーネンツを共用するミドルサイズのSUV。
北米市場に投入されたばかりの3代目は、先代までのV6 3.5Lに替わって、
直4 2.0Lターボエンジン+10速ATの組み合わせに変更された。
2代目を継続販売する中国向けにはV6 3.0Lエンジンを搭載している。
米国・カナダ・メキシコ・中国で販売。
Honda of America Mfg., Inc.
(米国 オハイオ州)
イーストリバティ工場
 
CDX
CDX 2016年 2016年 中国市場専用モデル。
RDXより一回り小さい、アキュラ最小のSUV。
基本コンポーネンツはヴェゼル (HR-V)と共通。エクステリアデザインは
ヴェゼルに似るがボディパネルは専用となる。
エンジンは直4 1.5Lターボのみで、8速DCTを組み合わせている。
広汽本田汽車有限公司
(中国 広東省)
スポーツ
 
NSX
NSX 2006年 2016年
(2代目)
アキュラの頂点に位置するミッドシップスーパースポーツ。
米国・カナダ・メキシコ・中国で販売。
日本・欧州市場等、アキュラブランドを展開しない地域では
「ホンダNSX」として販売されている。
Honda of America Mfg., Inc.
(米国 オハイオ州)
パフォーマンス・
マニュファクチュアリング・
センター

日本での販売計画編集

アキュラ・ブランドは日本への導入も計画されていたが、自動車市場の状況の変化等に伴って撤回された。

  • 2005年12月 - 2008年秋からの日本導入を発表。スポーティーモデルを中心に4〜5車種を投入し、全国100店舗程度で開業するとした[15][16]
  • 2007年7月 - 当初計画より2年程度延期し、2010年以降の開業とすることを発表[17]
  • 2008年8月 - 低公害型ディーゼルエンジン搭載車や、高級スポーツカーNSXの後継車種などの投入が示唆される[18]
  • 2008年12月 - 日本導入計画の白紙撤回を発表[19]

過去の販売車種編集

モータースポーツ編集

 
ACURA-SPICE SE90CL

従来、モータースポーツ活動は「アキュラ・スパイスSE90CL」(NSXのエンジンを搭載し、1991年より2年間IMSAシリーズのキャメル GTP Light クラスに参戦。ドライバーズ,マニュファクチャラーズの両タイトルを2年連続で獲得)等での参戦があった程度で積極的に行われていなかった。

2007年よりアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)のP2クラスにおいて、エンジン(V8 3,400cc NA)や車両(COURAGE LC75ベースのAcura ARX-01a)の開発及び供給を行なっている。なおオペレーションは、ホンダブランドでインディ・レーシング・リーグ(IRL)へのエンジン供給を行ってきたホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)が担当する。

2009年からは、P1クラスにステップアップすることが発表された[20]

2010年度のル・マン24時間レースのP2クラスにアキュラ・ARX-01がエントリーし、クラス優勝を果たした[21][22]

2017年からはIMSAのGTDクラスにNSX GT3で参戦し、早くも2勝を挙げている。また2018年からはDPi規定のプロトタイプカーで、ペンスキー・オレカとジョイントしてPクラスに参戦することが決定している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “2005年 年末記者会見 福井社長スピーチ骨子” (プレスリリース), 本田技研工業, (2005年12月20日), http://www.honda.co.jp/news/2005/c051220a.html 
  2. ^ “Honda Celebrates Four Decades of Accord”. Honda of America Mfg., Inc.. (2016年6月30日). https://ohio.honda.com/article/honda-celebrates-four-decades-of-accord 
  3. ^ “Acura 25th Anniversary Timeline” (プレスリリース), Honda North America, (2011年3月29日), http://hondanews.com/releases/acura-25th-anniversary-timeline 
  4. ^ a b “ホンダ、ロシアでアキュラ展開へ 日本の高級車出そろう”. MSN産経ニュース. (2008年9月5日). オリジナル2008年10月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081003013249/http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080905/biz0809051920013-n1.htm 
  5. ^ “ACURA CELEBRATES 25 YEARS IN CANADA” (プレスリリース), Honda Canada, (2012年2月14日), http://hondanews.ca/en/news/release/ACURA-CELEBRATES-25-YEARS-IN-CANADA 
  6. ^ Honda|会社案内|会社概要|Hondaのグローバル展開|北米”. 2009年12月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月12日閲覧。
  7. ^ “米国アキュラ 累計販売台数200万台を達成” (プレスリリース), アメリカン・ホンダモーター, (2002年7月25日), http://www.honda.co.jp/news/2002/c020725.html 
  8. ^ “ホンダ、「アキュラ」ブランドを中国で展開”. webCG. (2005年7月26日). http://www.webcg.net/articles/-/13352 
  9. ^ “本格的スポーツモデルNSXの生産を終了” (プレスリリース), 本田技研工業, (2005年7月12日), http://www.honda.co.jp/news/2005/4050712-nsx.html 
  10. ^ “ホンダ、高級ブランド「アキュラ」を中国で販売”. webCG. (2006年9月27日). http://www.webcg.net/articles/-/11457 
  11. ^ “米国でアキュラデザインスタジオがオープン” (プレスリリース), アメリカン・ホンダモーター, (2007年5月25日), http://www.honda.co.jp/news/2007/c070525b.html 
  12. ^ “サンパウロ国際モーターショー2012でブラジル専用仕様車「FIT twist」を発表 ~ブラジルでの四輪研究開発をさらに強化~” (プレスリリース), ホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ, (2012年10月23日), http://www.honda.co.jp/news/2012/4121023.html 
  13. ^ “American Honda Posts Ninth Consecutive Year of Record Sales in 2005” (プレスリリース), Honda North America, (2006年1月4日), http://hondanews.com/releases/american-honda-posts-ninth-consecutive-year-of-record-sales-in-2005 
  14. ^ “アキュラが米国で最も衝突安全性が高いブランドに”. Response (イード). (2009年4月6日). http://response.jp/article/2009/04/06/122845.html 
  15. ^ “ホンダ、販売網を一本化、プレミアムブランド「アキュラ」を2008年に導入”. webCG. (2005年12月16日). http://www.webcg.net/articles/-/12693 
  16. ^ “国内四輪 新販売チャネル施策と、アキュラブランド導入を発表” (プレスリリース), 本田技研工業, (2005年12月14日), http://www.honda.co.jp/news/2005/c051214.html 
  17. ^ “ホンダ年央会見 アキュラ 日本導入を2年先送り”. Response (イード). (2007年7月18日). http://response.jp/issue/2007/0718/article96990_1.html 
  18. ^ http://eco.nikkei.co.jp/news/nikkei/article.aspx?id=MMECn1422306082007[リンク切れ]
  19. ^ “2008年 年末社長会見 骨子” (プレスリリース), 本田技研工業, (2008年12月17日), http://www.honda.co.jp/news/2008/c081217a.html 
  20. ^ アキュラがアメリカン・ルマン・シリーズのLMP1クラスに2009年シーズンより参戦
  21. ^ “HPD Scores LMP2 Victory at Le Mans” (プレスリリース), Honda North America, (2010年6月13日), http://hondanews.com/releases/hpd-scores-lmp2-victory-at-le-mans 
  22. ^ “第78回「ル・マン24時間レース」リポート”. Car Watch (インプレス). (2010年6月21日). https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/375913.html 

外部リンク編集