メインメニューを開く

アクション・ジャクソン/大都会最前線

アクション・ジャクソン/大都会最前線』(原題:Action Jackson)は、1988年制作のアメリカ合衆国アクション映画

アクション・ジャクソン/大都会最前線
Action Jackson
監督 クレイグ・R・バクスリー
脚本 ロバート・リニュー
製作 ジョエル・シルバー
出演者 カール・ウェザース
クレイグ・T・ネルソン
ヴァニティ
シャロン・ストーン
音楽 ハービー・ハンコック
マイケル・ケイメン
撮影 マシュー・F・レオネッティ
編集 マーク・ヘルフリッチ
製作会社 ロリマー・フィルム・エンターテインメント
シルバー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ロリマー・フィルム・エンターテインメント
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年2月12日
日本の旗 1989年2月11日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $20,256,975[2]
テンプレートを表示

プレデター』の第二班監督やテレビドラマ『特攻野郎Aチーム』の監督を務めたクレイグ・R・バクスリーの映画初監督作品。

ヒロイン役のヴァニティは、第9回ゴールデンラズベリー賞最低主演女優賞にノミネートされた。

目次

あらすじ編集

デトロイトでは、自動車産業の大物たちが次々と殺される事件が起きていた。“アクション・ジャクソン”の異名を持つデトロイト市警の巡査部長ジェリコー・ジャクソンは捜査を進めるうち、自動車業界の大物ピーター・デラプレインがからんでいることを彼の新妻パトリスから聞くが、彼女は何者かに殺され、さらにジャクソンにその容疑がかかってしまう。

ジャクソンはデラプレインの愛人であるクラブ歌手のシドニーの協力を得て、汚名をそそぐべく立ち上がると共に、業界の大物社長を暗殺しようとするデラプレインの陰謀も打ち砕こうとする。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集