アグスタウェストランド AW169

AW169

ファンボロー・エアショー 2012で飛行するAW169

ファンボロー・エアショー 2012で飛行するAW169

アグスタウェストランド AW169(AgustaWestland AW139) は、レオナルド(旧アグスタウェストランド 、2016年からフィンメッカニカに統合)のヘリコプター部門によって開発および製造された、ツインエンジンの10人乗り4.8tヘリコプターである[1]

より大型のアグスタウェストランド AW139およびアグスタウェストランド AW189と高度な共通性を持つように設計されている。

開発編集

2010年7月19日のファーンボロー国際航空ショーでアグスタウェストランドは、AW169が開発中であることを正式に発表した。

アグスタウェストランドによると、4.5トンのAW169は幅広い運用が考慮された中・小型の双発回転翼機である。

設計の早い段階で、運用コストを削減するために、より大型のアグスタウェストランド AW139と、部品面でも、コックピットのレイアウトの面でも幅広い共通性を持つように決定された[2][3]

2011年にイギリス政府はAW169開発プログラムのためにアグスタウェストランドに3,300万ドルの融資を提供した[4]

2012年には、欧州連合は、AW169の開発に資金を提供するための、イタリア政府からアグスタウェストランドへの19年間の総額2億7,200万ユーロの無利子融資を承認した。産業研究費が全体の40%、実験開発費は60%であり、援助費用が9,400万ユーロであった[5]

 
AW169デモンストレーター、2013年

2012年5月10日、最初の試験機が初飛行を行った。テストプログラムは、合計4つの試験機が参加した。2番目と3番目のAW169は、2012年後半に飛行試験プログラムに参加し、2013年に4番目に参加した。

アグスタウェストランドは当初、AW169が2014年に型式証明を取得すると予想しており 、2015年までに量産機が就航することを計画していた。

2015年7月15日、欧州航空安全機関はAW169の認証を発行した[6][7]

2015年11月、連邦航空局による高高度および低高度の飛行試験のために、試験機が米国カリフォルニア州の各地に派遣された[8]。2016年2月にはAW169は連邦航空局による型式証明を取得し、その年の後半には量産機のデリバリーが可能となった[9]

2012年、アグスタウェストランドは、英国のヨービルにある施設でAW169の製造を計画していると述べた。元々、ローターブレード、ギアボックス、テールローターハブなどのコンポーネントの設計と製造がアグスタウェストランドのイギリス支社によって行われていた[4][10]

2015年1月、イタリアのヴェルジャーテにあるアグスタウェストランドの工場で最初の量産型の製造が始まった。初期の量産機はこの工場で生産されることとなった[6][11]。また、同年中に米国フィラデルフィアの施設に設けられた2番目の生産ラインが稼働した。米国工場では2017年までに年間20機の生産までに増加する予定であった[12][13]

しかし、2016年10月、アグスタウェストランドのブランドを取得したレオナルドによって、米国で予定されていた製造を放棄することが決定された[14]

機体の特徴編集

AW169は中型の双発回転翼機である。発表時には、過去30年に登場した同カテゴリーの機体のなかでまったく新しい航空機であるという触れ込みであった[15][16]

重量は約4,500 kgで7-10人の乗客を収容する。重量3,175kgでの8人乗りのAW 109GrandNewと、より大型で重量6,400 kg、15人乗りのAW139の中間に位置する機体規模である。

AW169は2機のプラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW210A FADECターボシャフトエンジンを搭載している。また、メインローターの速度を調整して騒音を低減し、効率を高める機構を備える。振動を低減してスムーズな乗客体験を実現するため、メインローターのローターブレード間に新開発のダンパーが設置されている[13]。他、同クラスの機種のなかで初めて、電子制御された着陸装置を備えている[6]

アグスタウェストランドによるとAW 169のユーザーには、ドクターヘリ、法執行機関、VIP輸送、オフショア輸送などがある[17]

AW169は、3つのディスプレイを備えたロックウェルコリンズ製のグラスコックピットを装備する。タッチスクリーンインターフェイス、デジタルマップ、デュアルレーダー高度計、ADS–B、HUMSシステム、暗視ゴーグルなどさまざまなアビオニクスシステムと互換性を持つ。

コックピットとアビオニクスの多くは、アグスタウエストランドAW139とアグスタAW189に似ており、高い互換性を持つ[13]

4軸デジタル自動飛行制御システムと地形および交通衝突回避システムを組み込んだデュアル飛行管理システムの使用により、計器飛行方式(IFR)下の単独パイロット飛行が認定された[6]

AW169には補助動力装置は装備されていない。代わりに、エンジンがアビオニクスや電子機器のために作動し続けている間、ローターを停止しておくクラッチを備えている[18]

ユーザーの必要に応じて、AW169は完全防氷システムを装備することができる。また、限定的な防氷システムも用意されている[19][20]

さまざまな顧客の要件に対応するために、AW169は、補助燃料タンク、レスキューホイスト、カーゴフック、緊急浮揚補助装置、外部カメラ、懸垂下降フィッティング、ワイヤーストライク保護システム、ミッションコンソール、外部スピーカー、外部照明など、多数のオプション機器を選択できる[21]

多目的用途の装備では、AW169のメインキャビンに最大10人を収容することができる。企業向けの人員輸送装備では最大8人を収容でき、より広々としたVIPレイアウトでは代わりに6〜7人の乗客を収容できる[13]

Mecaer Aviation Group(MAG)によって開発されたVIPインテリアには、SILENSと呼ばれる騒音・振動低減システムやIFEEL機内エンターテインメントシステム、そして多数の豪華なキャビンが用意されている[22]

救急医療サービス(EMS)向けの装備では、2台のストレッチャーを装備し、かつキャビンの両側から患者に簡単にアクセスできるように設計されているほか、医療機器を設置することもでる[23]

運用編集

 
ケント・サリー&サセックス航空救急が運用するAW169G-KSST

2013年4月、アグスタウェストランドはAW169 AASがアメリカ陸軍の武装空中偵察プログラムの候補であることを発表した。これは、総重量が10,000ポンドと候補中で最大の機体であり、置き換え対象のベルOH-58 カイオワのほぼ2倍の重量であった。

アグスタウェストランドによると大型化した機体は長距離飛行用の燃料タンク、指揮統制装置、あるいは有人機・無人機共同作戦向けの作業を可能にするきわめて柔軟な空間を提供するとしている。

大型化した機体は、戦略輸送機によって空輸できる機体数を始めとした潜在的な課題を持っていた。アグスタウェストランドは、AW169 AASが陸軍の定める分解と再組み立ての時間制限を満たすための解決策があると述べ、大型化した機体の持つ性能を強調した[24]。しかしながら、2013年後半、AASプログラムは調達が行われることなく終了した[25]

2015年9月、最初のAW169が身元を公表していないVIP顧客に引き渡されたことが報告された[26]

AW169のローンチカスタマーはLeaseCorporation International (LCI)であった。2015年10月までに、LCIは合計12機のAW169を発注し、海洋資源開発に伴う支援作業に従事するための装備を備えていた[15]

2014年10月にケント・サリー&サセックス航空救急がイギリスで初めてAW169を使用するヘリコプター救急医療サービス(HEMS)となることが発表された[27]

2015年12月、アグスタウェストランドとスイス航空救助隊REGAは、AW169の専用捜索救助(SAR)向けの派生型を開発するためのパートナーシップ契約の形成を発表し、3機を発注した[20] [28]

2017年4月、レオナルドはAW169がアルゼンチンの国境警備隊に納入されることを発表した[29] [30]

2017年7月、ノルウェーの国家警察局は、レオナルドと3億1,300万ノルウェー・クローネで3機のAW169を購入する契約を締結したと発表した。契約は10年間のサポートとメンテナンスが含まれ、総額は6億7,000万ノルウェー・クローネであった。契約には、さらに3機のオプションが含まれている。

機体は2019年までに就役する予定で、使用中の2機のユーロコプター EC135を置き換えるものである。契約の主な競争相手はユーロコプター EC145であった[31] [32]

2020年9月、オーストリア国防省は18機のAW169の取得を発表した[33]。機体は使用中のAlouetteIIIを置き換える。

派生型編集

AW169
基本型[21]
AW169 AAS
アメリカ陸軍の武装空中偵察プログラムのために提案された機体。プログラムは放棄された。
AW169M
イタリア財務警察イタリア語版英語版が発注した多目的機。
AW169MA
イタリア陸軍向けの軍事仕様。 [34]

日本における採用編集

公的機関での採用のほか、報道機関でも採用されている。日本初のAW169は朝日新聞社の報道用ヘリコプターである[35]

  • 公的機関 山口県消防防災航空隊の新機材として配備された[36]
  • 報道機関 朝日新聞社や朝日放送テレビの新機材として導入されている。いずれの機体も生放送用の機材などが搭載される[35][37]

採用国編集

民間型編集

  アルゼンチン
  ドイツ
  • Heli Service International GmbH
  イタリア
  • 財務警察
  ノルウェー
  • 漁業沿岸省外局[38]
  • ノルウェー警察[39]
  ニュージーランド
  • オークランド・レスキュー・ヘリコプター・トラスト
  スロベニア
  • スロベニア警察
  スウェーデン
  イギリス
  • スペシャリスト・アビエーション・サービスが複数の地域で航空救急機を運用している。
  アメリカ合衆国

軍用型編集

  オーストリア
  イタリア

諸元・性能編集

出典: レオナルドデータシート[40] 及び、AW169ブロシュア[41][42]による

諸元

性能

  • 超過禁止速度: 306 km/h (190 mph)
  • 最大速度: 306km/h (190 mph) 165 kn
  • 航続距離: 820 km (510 mi) 440 nmi


  使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Finmeccanica Reshapes Its Name, Business”. Defensenews.com. 2020年11月1日閲覧。
  2. ^ PARIS: Super-medium helicopters close on certification”. 2020年11月1日閲覧。
  3. ^ Rotary rebound”. 2020年11月1日閲覧。
  4. ^ a b Huber, Mark. "Demand Spurs AgustaWestland To Open U.S. Line For AW169." AIN Online, 21 May 2013.
  5. ^ State aid: Commission authorises France and Italy to grant aid to Eurocopter and Agusta Westland for the development of a new generation of civil helicopters EU, 7 March 2012. Accessed: 20 March 2012.
  6. ^ a b c d Huber, Mark. "AgustaWestland AW169 Gets Nod from EASA." AIN Online, 16 July 2015.
  7. ^ "AW169 achieves EASA certification with Liebherr technology on board." Liebherr, 27 July 2015.
  8. ^ "AW169 Flies Altitude Tests in California." Aviation Today, 27 November 2015.
  9. ^ "AW169 helicopter achieves FAA validation." Vertical Magazine, 14 February 2017.
  10. ^ Perry, Dominic. "IN FOCUS: AgustaWestland brings civil rotorcraft to UK factory as military options dry up." Flight International, 31 October 2012.
  11. ^ Huber, Mike. "AgustaWestland Starts AW169 Production." AIN Online, 9 January 2015.
  12. ^ Huber, Mark (2015年3月3日). “AgustaWestland to build AW609 in Philadelphia”. Aviation International News. http://www.ainonline.com/aviation-news/business-aviation/2015-03-03/agustawestland-build-aw609-philadelphia 
  13. ^ a b c d Huber, Mark. "AgustaWestland's AW169." Business Jet Traveller, February 2014.
  14. ^ Perry, Dominic. "Leonardo drops plans for AW169 production in USA." Flight International, 12 October 2016.
  15. ^ a b "LCI Places first AW169 Helicopter for Offshore Deployment with Heliservice." LCI Aviation, 8 October 2015.
  16. ^ "AW169 certified as first all-new rotorcraft in its class for 30 years." European Business Air News, 23 July 2013.
  17. ^ "AW Readies First AW169 Deliveries." Rotor&Wing, 16 July 2015.
  18. ^ Valpolini, Paolo. "Commonality Is The Key To Fleet Growth Options As AgustaWestland Keeps New Helicopters In The Family Way." AIN Online, 8 July 2012.
  19. ^ Perry, Dominic. "AgustaWestland considers full ice protection for AW169." Flight International, 7 October 2015.
  20. ^ a b "Swiss Air-Rescue Rega orders Three Rescue AW169 Helicopters."[リンク切れ] Aviation Tribune, 3 December 2015.
  21. ^ a b "AW169: Next Generation Versatility." Archived 8 April 2015 at the Wayback Machine. AgustaWestland, Retrieved: 7 December 2015.
  22. ^ "MAG unveils VIP interior for AW169 helicopter." Business Jet Interiors International, Retrieved: 18 December 2015.
  23. ^ "AW169 EMS and Rescue Services." AgustaWestland, Retrieved: 7 December 2015.
  24. ^ "AgustaWestland is In - But is There an AAS Program?". Archived 2 February 2014 at the Wayback Machine. Aviationweek.com, 12 April 2013.
  25. ^ Outgoing General: US Army Must Continue To Fund Research and Development - Defensenews.com, 14 January 2014.
  26. ^ Perry, Dominic. "AgustaWestland cool on development of 10.5t helicopter." Flight International, 30 September 2015.
  27. ^ "Specialist Aviation to operate AW169 for KSSAAT." European Business Air News, 9 October 2014.
  28. ^ Osborne, Tony. "Rega, AgustaWestland Developing New SAR-Capable AW169." Aviation Week, 2 December 2015.
  29. ^ “Leonardo: AW169 helicopter selected by the Argentine National Gendarmerie” (プレスリリース), Leonardo, (2017年4月6日), http://www.leonardocompany.com/en/-/aw169-argentine-gendarmerie 2017年4月7日閲覧。 
  30. ^ Maass, Ryan (2017年4月6日). “Argentina border guards to buy AW169 helicopter”. United Press International. オリジナルの2017年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170407131042/http://www.upi.com/Defense-News/2017/04/06/Argentina-border-guards-to-buy-AW169-helicopter/4111491503363/ 2017年4月7日閲覧。 
  31. ^ Dalløkken (2017年7月13日). “Nye politihelikoptre skal lages av samme selskap som lager de nye redningshelikoptrene”. Teknisk Ukeblad. 2017年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月27日閲覧。
  32. ^ Tomkins (2016年7月26日). “Norwegian Police pick Leonardo's AW169 helicopter”. United Press International. 2017年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月27日閲覧。
  33. ^ Austria ordering 18 Leonardo helicopters in deal with Italy”. 2020年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月1日閲覧。
  34. ^ "AW169M Next Generation Multirole." Finmeccanica , Retrieved: 23 December 2015.
  35. ^ a b 朝日新聞の日本初AW169「JA04AP」、愛称は「あかつき」に” (2017年4月17日). 2020年11月1日閲覧。
  36. ^ 山口県、AW169「きらら」を受領 新防災ヘリ” (2019年6月18日). 2020年11月1日閲覧。
  37. ^ ABCテレビ、新報道ヘリ「JA06AY」を受領 定置場は伊丹空港” (2020年5月18日). 2020年11月1日閲覧。
  38. ^ “Airlift overtek losflygingane etter Lufttransport” (ノルウェー語). Airlift as. http://www.airlift.no/aktuelt/airlift-overtek-losflygingane-etter-lufttransport 2017年8月15日閲覧。 
  39. ^ “Politidirektøren fikk en luftetur i sitt nye 100 millioner kroners-helikopter” (ノルウェー語). TU.no. https://www.tu.no/artikler/politidirektoren-fikk-en-luftetur-i-sitt-nye-100-millioner-kroners-helikopter/467352 2019年6月11日閲覧。 
  40. ^ "AW169: Type Certificate Data Sheet." Leonardo S.p.A.. 4 August 2016.
  41. ^ "AugustaWestland AW169 Offshore" Archived 20 December 2016 at the Wayback Machine. Leonardo-Finmeccanica
  42. ^ "AugustaWestland AW169 Emergency Medical Services" Archived 20 December 2016 at the Wayback Machine. Leonardo.

関連項目編集

外部リンク編集