アグンティーナ (小惑星)

小惑星

アグンティーナ (744 Aguntina) は小惑星帯に位置する小惑星である。ウィーンでヨーゼフ・レーデンによって発見された。

アグンティーナ
744 Aguntina
仮符号・別名 1913 QW
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1913年2月26日
発見者 ヨーゼフ・レーデン
軌道要素と性質
元期:2008年11月30日 (JD 2,454,800.5)
軌道長半径 (a) 3.170 AU
近日点距離 (q) 2.785 AU
遠日点距離 (Q) 3.555 AU
離心率 (e) 0.121
公転周期 (P) 5.64 年
軌道傾斜角 (i) 7.71
近日点引数 (ω) 30.38 度
昇交点黄経 (Ω) 142.77 度
平均近点角 (M) 316.41 度
物理的性質
直径 58.69 km
自転周期 17.47 時間
スペクトル分類 FX
絶対等級 (H) 10.21
アルベド(反射能) 0.0423
色指数 (B-V) 0.657
色指数 (U-B) 0.161
Template (ノート 解説) ■Project

ノリクムにあったローマ帝国の植民地(現在のオーストリア・リエンツ付近)にちなんで命名された。

関連項目編集

外部リンク編集


前の小惑星:
エウゲニシス (小惑星)
小惑星
アグンティーナ (小惑星)
次の小惑星:
マウリティア (小惑星)