アサヒおいしい水

アサヒおいしい水(アサヒ・おいしいみず)はアサヒ飲料が発売するミネラルウォーターの商品ブランド名である。

目次

概要編集

元々、アサヒ飲料では2010年ハウス食品からミネラルウォーターの「六甲のおいしい水」の販売権(この際、ハウス食品から六甲山の自然水採取工場を取得)を譲り受けて「アサヒ六甲のおいしい水」として販売していたが、2012年6月に「アサヒおいしい水 六甲」としてリニューアルすると同時に、新たに「アサヒおいしい水 富士山」を追加し、エリアごとに発売されることとなった。

「アサヒおいしい水」へのブランド名変更は製造拠点の複数化による供給能力の向上と安定化を図り、ミネラル水の需要拡大に対応して、もっとも安心・安全なミネラル水を、「自然のおいしさをそのまま」家庭に提供するということを目指している。このため、ブランドロゴは「六甲のおいしい水」で用いていたものをそのまま使用する。

サイズラインナップは「六甲のおいしい水」と同じ2Lに加え、小型ボトルが設定されたが、通常の小型ボトルよりも20%多い600mlに設定されている。

その後、2013年3月に600mlが2Lとデザインの統一性を高めたパッケージデザインにリニューアル。2014年4月には600ml・2L共にパッケージデザインをリニューアルし、600mlに関してはボトルを軽量化したことで持ちやすさに配慮しつつ、つぶしやすい新ボトルになった。2015年3月に600ml・2L共にパッケージリニューアル。「アサヒおいしい水 六甲」には六甲山系を、「アサヒおいしい水 富士山」には富士山をそれぞれあしらったことで、パッケージデザインで製品を区別できるようになった。

2016年4月にブランド刷新が行われ、「アサヒおいしい水 六甲」・「アサヒおいしい水 富士山」共に、600mlの手売り用は背丈を高くしてラベルの面積を広くした「ネオビッグボトル」を採用。また、「アサヒおいしい水」の立ち上げ後も独立ブランドとして発売されていた「富士山のバナジウム天然水」を「アサヒおいしい水」のシリーズ製品として組み込み、さらに、ブランド立ち上げ後初の新製品として、7種類の素材(びわの葉、ナツメ、黒豆、ハトムギカワラケツメイとうもろこしシイタケ)を加え、マンゴーエキスで仕上げたフレーバーウォーター「アサヒおいしい水 プラス」を発売した[1]

同年7月には、「アサヒおいしい水 プラス」の第2弾として、天然水に「カルピス[2]」の乳酸菌をブレンドし、透明な液色を実現するための独自製法「クリアウォーター製法」で透明に仕上げた「アサヒおいしい水 プラス カルピスの乳酸菌」を発売した[3](なお、本製品の発売に伴い、「アサヒおいしい水 プラス」は終売)。

2017年4月には、「アサヒおいしい水 プラス カルピスの乳酸菌」をリニューアル[4](リニューアルに伴い、キャップの色を青に変更)。翌月には、「アサヒおいしい水 富士山のバナジウム天然水」をリニューアル。既に「アサヒおいしい水 六甲」と「アサヒおいしい水 富士山」に採用されている「非加熱×ろ過無菌製法」を新たに採用したほか、ラベルデザインをブルー基調に刷新。530mlペットボトルは70ml増量して600mlとなり、アサヒ飲料の他の製品にも採用されている「エコスタイルキャップ」などを採用し、容器そのものを軽量化した[5]

商品展開編集

  • 「アサヒ おいしい水 富士山」
    • 容量 600mlペットボトル/2Lペットボトル
  • 「アサヒ おいしい水 六甲」(旧・六甲のおいしい水)
    • 容量 600mlペットボトル/2Lペットボトル
  • 「アサヒ おいしい水 富士山のバナジウム天然水」(旧・富士山のバナジウム天然水)
    • 容量 350mlペットボトル/600mlペットボトル/2Lペットボトル
  • 「アサヒ おいしい水 プラス カルピスの乳酸菌」
    • 容量 600mlペットボトル

販売地域編集

旧ブランドは日本全国で販売していたが、新ブランドでは北陸地方東海地方三重県含む)と近畿地方(三重県除く)を境界として、東日本地域では「富士山」、西日本地域では「六甲」をそれぞれ販売する。(北海道東北地方では、自動販売機では販売していない。また境界地域付近のスーパーマーケット自動販売機の一部では「富士山」・「六甲」双方を取り扱う地域もまれに存在する)

なお、通信販売ではこの限りではなく、アサヒ飲料が運営する公式通販サイト「アサヒ飲料ショップ」では「おいしい水 富士山」がケース単位ながら全国で購入可能で、0.5Lにつき1円(2L×6本の場合で24円)が「富士山基金」に寄付される。

また、「富士山のバナジウム天然水」と「プラス カルピスの乳酸菌」は全国で販売されている。

外部リンク編集

注訳編集

  1. ^ “「自然」「健康」へのこだわりを強化して「アサヒ おいしい水」ブランドを刷新!天然水と7種の健康素材を使用した『アサヒ おいしい水 プラス』を新提案 4月26日(火)発売!新広告キャラクターを起用したCMを展開” (プレスリリース), アサヒ飲料株式会社, (2016年1月27日), http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2016/pick_0127_4.html 2016年4月26日閲覧。 
  2. ^ 元々はカルピス株式会社のブランドだったが、2016年1月の吸収合併に伴ってアサヒ飲料のブランドとなっている
  3. ^ “透明なのに「カルピス」の乳酸菌が入っている新しい健康水『アサヒ おいしい水プラス 「カルピス」の乳酸菌』新発売” (プレスリリース), アサヒ飲料株式会社, (2016年6月7日), http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2016/pick_0607_2.html 2016年7月26日閲覧。 
  4. ^ “さらに美味しくなって新登場! 「アサヒ おいしい水プラス 『カルピス』の乳酸菌」 4月18日(火)新発売!” (プレスリリース), アサヒ飲料株式会社, (2017年4月10日), http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2017/pick_0410_2.html 2017年5月16日閲覧。 
  5. ^ “「アサヒ おいしい水」の更なるブランド価値向上を目指して! 「アサヒ おいしい水 富士山のバナジウム天然水」をリニューアル” (プレスリリース), アサヒ飲料株式会社, (2017年5月8日), http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2017/pick_0508_2.html 2017年5月16日閲覧。 

出典編集