アサ科(学名:Cannabaceae)はバラ目に属する植物のの一つ。

アサ科
Cannabis 01 bgiu.jpg
アサCannabis sativa
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : バラ類 rosids
: バラ目 Rosales
: アサ科 Cannabaceae
学名
Cannabaceae Martynov[1]

形態編集

共有派生形質としては、目立たない単性花、花被片に対生する雄蕊、托葉の存在、花被片に沿って伸びる花糸などが挙げられる[2]

生態編集

人間との関係編集

薬用編集

本科でもっとも有名な薬用種はアサ(Cannabis sativa)である。アサは医療や乱用について論じる場合は大麻やマリファナと呼ばれることが多い。特に知られた有効成分はテトラヒドロカンナビノール(英:Tetrahydrocannabinol,略称THC)であり、他にも学名Cannabisから取ったカンナビノイドと呼ばれる各種の成分を含む。特に葉や花に多く含まれるので、これを食べるもしくは喫煙などによって摂取する。服用すると陶酔状態になるといい、インドなどでは宗教的な瞑想などにもよく用いられる。樹脂を固めたものにも同様の効果があり、ハシシと呼ばれるほか見た目が茶色い塊でチョコレートに似ていることから「チョコ」などとも呼ばれる。地域によっては医療大麻として緩和医療等に用いられる一方で、大麻服用により陶酔や多幸感を得られるとしてこれらを乱用する人もおり、薬物乱用の一種であるとして社会問題になっている。

食用編集

アサ属の種子は食用にでき、身近なところでは七味唐辛子の具材の一つである。また、油を搾り食用や石鹸の原料とすることもできる。

カラハナソウ属はビールの原料の一つとして知られるホップの仲間であり、ホップは和名をセイヨウカラハナソウという。利用される部分は雌株に付く雌花の成長した果実であり、特に受粉していないものをである。乾燥させたうえでビールに入れられて爽快感、香り、苦みなどを与える。また、ビールの保存性を高めるともいわれている。

木材編集

繊維編集

アサ属(Cannabis)の茎から取れる繊維はと呼ばれ、布や紐や紙を作ることができる。

日本では繊維としての麻という言葉は広義に使われることも多く、別科の植物で分類的には遠縁の亜麻(アマ科のアマ Linum usitatissimumの茎の繊維)や苧麻イラクサ科カラムシBoehmeria nivea var. nipononiveaの茎の繊維)を含むことがしばしばある。また、家庭用品品質表示法別表(第一条関係)により商品の原材料に「麻」と書いてあった場合は亜麻か苧麻のことしか指せない。このため狭義の麻を特に指定したい場合は大麻、もしくは英語のhempからヘンプと呼び、亜麻や苧麻もそれぞれ英語のlinen、ramieからリネンやラミーなどと呼んで区別する場合がある。

花粉症の原因植物として編集

カラハナソウ属などは花粉症の原因となることがあるという。

分類編集

下位分類編集

10属におよそ70種が属する[2]

染色体数13、胚珠が非対称、フラボノールを持つなどの特徴を持つ。マダガスカル、中米ニカラグア、アジア等に5種程度が知られる。日本にはムクノキAphananthe aspera)が分布する。
  • Gironniera
和名未定の属。スリランカなどに5種程度が知られる。
  • Lozanella Greenman - 2種。新熱帯。
和名未定の属。2種が知られる。
  • アサ属 (学名 Cannabis
アサCannabis sativa)など3種が知られる。繊維を取って利用するほか、乾燥させた植物体が大麻として利用される
雌雄異株のつる植物。世界に6種から7種程度知られる。
35種程度知られる。日本には本州以南の広い範囲にエノキCeltis sinensis)、宮古島に局所的にサキシマエノキCeltis biondii var. insularis)が分布する。
  • セイタン属 Pteroceltis
セイタン Pteroceltis tatarinowii 1種のみが知られる単型の属である。。中国に分布し、遺存種だと考えられている。
  • Chaetachme
和名未定の属。マダガスカルにChaetachme aristata(和名未定)一種だけが知られる単型の属である。
熱帯を中心に30種程度が知られる。日本にはウラジロエノキなどが知られる。

系統編集

アサ科の系統樹

クワ科 Moraceae (外群(outgroup))

アサ科Cannabaceae

ムクノキ属Aphananthe

Gironniera

Lozanella

アサ属Cannabis

カラハナソウ属Humulus

エノキ属Celtis

セイタン属Pteroceltis

Chaetachme

ウラジロエノキ属Trema (Parasponiaを含む)


過去の分類体系編集

クワ科に含められていたアサ属とカラハナソウ属が分離されて設立された。他の属はニレ科のエノキ亜科とされていたが、APG植物分類体系で本科に移された[2]

脚注編集

  1. ^ Stevens, P.F. (2001 onwards), Angiosperm Phylogeny Website : Cannabaceae, http://www.mobot.org/mobot/research/apweb/orders/rosalesweb.htm#Cannabaceae 
  2. ^ a b c Yang, Mei-Qing and van Velzen, Robin and Bakker, Freek T and Sattarian, Ali and Li, De-Zhu and Yi, Ting-Shuang (2013). “Molecular phylogenetics and character evolution of Cannabaceae”. Taxon 62 (3): 473-485.