アシヤ映画製作所

アシヤ映画製作所(アシヤえいがせいさくしょ、1925年設立 - 同年活動停止)は、兵庫県芦屋市にかつて存在した日本映画製作会社である。大阪の映画会社「帝国キネマ演芸」社の内紛によって生まれた会社で、同社の寿命は短命に終わったが、全従業員が従来の「帝キネ芦屋」に復帰できた。

略歴・概要編集

1920年(大正9年)、帝国キネマがその設立にあたり、旧天然色活動写真(天活)の「大阪支社」とともに財産とした「小阪撮影所」に加えて、1923年(大正12年)、兵庫県の現在の芦屋市に「帝国キネマ芦屋撮影所」を建設、開所した。翌1924年(大正13年)、総会屋立石駒吉山川吉太郎社長に近づき「帝キネ株」を1万株購入、さらには取締役の地位を確保して経営に参入し、秋には「帝国キネマ小阪撮影所長」のポストに座り、暴走の限りをつくした。

1925年(大正14年)1月14日、石井虎松をはじめとする芦屋撮影所の全従業員が辞職、同撮影所は機能停止に陥る。同年4月立石は小阪撮影所を閉鎖、小阪の全従業員を解雇、山川も立石も辞職した。立石は解雇した小阪の主力従業員を選別し、「東邦映画製作所」を設立し小阪撮影所を復活させるが、2か月で同社は解散する。

その混乱のなかで、石井以下一枚岩の元芦屋従業員(石井組)を率いて「帝国キネマ芦屋撮影所」を独立させ、設立したのが、この「アシヤ映画製作所」であった。

トラブルメーカー立石の去ったあとの新体制の「帝キネ」に、同年4月1日以来ほぼ毎週1作は作品を供給したが、半年のうちに活動は停止し、ほどなくほぼ全従業員が「帝国キネマ芦屋撮影所」へと職場復帰していく。「帝キネ」は、1925年初頭に倒産した「国活」から、「天活」以来の「巣鴨撮影所」を譲渡されて「帝国キネマ巣鴨撮影所」として稼動、1928年(昭和3年)には広大な「帝国キネマ長瀬撮影所」を新設・開所した。

フィルモグラフィ編集

1925年4月公開作品
1925年5月公開作品
1925年6月公開作品
1925年7月公開作品
  • 大自然の叫び 監督・脚本志波西果、撮影唐沢弘光、主演高堂国典
  • 流るる酒 監督・脚本松本英一、撮影大森勝、主演松本泰輔
  • 稲妻小僧 前篇 監督長尾史録、脚本小国比沙志、撮影下村健二、主演市川百々之助
  • 稲妻小僧 後篇 監督長尾史録、脚本小国比沙志、撮影下村健二、主演市川百々之助
  • 若返り薬 監督佐藤喜一郎、脚本木村一馬、撮影鈴木博、主演小島洋々
  • 鮫竜横わる 監督・脚本志波西果、撮影唐沢弘光、主演松本泰輔
1925年8月公開作品
  • 稲妻小僧 終篇 監督長尾史録、脚本小国比沙志、撮影下村健二、主演市川百々之助
  • 山の一家 監督志波西果、脚本佃血秋、撮影唐沢弘光、主演高堂国典
  • 心中の虫 監督佐藤喜一郎、脚本木村一馬、撮影鈴木博、主演藤間林太郎
1925年9月公開作品
なし
1925年10月公開作品
  • 紫の尼僧 監督・脚本松本英一、撮影谷口禎、主演松本泰輔
  • 愛の世界へ 監督・脚本松本英一、撮影大森勝、主演里見明
1925年11月公開作品[1]
  • 永遠の謎 監督大森勝、脚本園田舜治、撮影谷口禎、主演松本泰輔

編集

  1. ^ 日本映画データベースの「永遠の謎」では『永遠の謎』は「帝国キネマ芦屋撮影所」作品となっているが、Eien no nazo - インターネット・ムービー・データベース(英語)では「Ashiya Eiga アシヤ映画」作品となっている。「Teikine Ashiya 帝キネ芦屋」とは区別されている。ここでは後者を採用した。

外部リンク編集