アジア太平洋グループ

国際連合の地域グループの一つ

アジア及び太平洋小島嶼開発途上国グループ(アジアおよびたいへいようしょうとうしょかいはつとじょうこくグループ、英語: Group of Asia and the Pacific Small Island Developing States)は、国際連合における地域グループの一つであり、アジアおよびオセアニアの53か国からなる[1]。通常はアジア太平洋グループ(アジアたいへいようグループ、英語: Asia and the Pacific, Asia-Pacific Group)と略称される。

アジア及び太平洋小島嶼開発途上国グループ
Emblem of the United Nations.svg
概要 国連総会地域グループ
状況 活動中
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示
アジア太平洋グループを構成する国

このグループは、他の地域グループと同様、地域的・国際的な問題に関するテーマを議論する、拘束力のない対話グループである。また、この地域の候補者を指名することで、国連機関の議席配分を支援している[2][3]

加盟国編集

アジア太平洋グループの加盟国は以下の通りである[4][5]

歴史編集

国際連盟編集

国連総会の議席の地理的分布の前例は、国際連合の前身である国際連盟において設定された。国際連盟の制度では、理事会の非常任理事国の議席配分のための名簿を作成するために指名委員会が設置されていた[3]

理事会の議席数は常に変化していたため、これは困難な作業だった。1926年から1933年までの間は、非公式な配分パターンが出現し、理事会の非常任議席は以下のように配分された[3]

この制度の下では、現在のアジア太平洋グループの加盟国には、極東の非常任1議席と常任理事国である日本の1議席の計2議席しか与えられていなかった。

国際連合編集

国際連合憲章の草案作成において、新組織の議席の地理的配分は優先課題の1つとなっていた。アメリカ合衆国の勧告に基づき、第1回国連総会は以下の加盟国で構成された[3]

  • 5か国の常任理事国
  • ラテンアメリカ諸国: 3
  • 英連邦諸国: 2
  • 東ヨーロッパ諸国: 2
  • 西ヨーロッパ諸国: 1
  • 中近東諸国: 1

この配分は、国連機関の議席配分に地域グループを用いるという前例を生んだものである。例えば、経済社会理事会の第1回選挙では、以下のような方式で議席を配分した[3]

  • 5か国の常任理事国
  • ラテンアメリカ諸国: 4
  • 英連邦諸国: 2
  • 東ヨーロッパ諸国: 3
  • 西ヨーロッパ諸国: 2
  • 中近東諸国: 2

ただし、これらの取り決めは正式なものではなく、紳士協定に基づいていた。

改革編集

脱植民地化の波の後、アジア・太平洋諸国からの国連への加盟が相次いだ。1955年のバンドン会議以降、植民地から独立したこれらの国々の間で連帯感が高まり、国連に対しこれらの国々の代表を増やすよう圧力がかけられるようになった。この圧力を受けて、1957年12月12日の決議1192(XII)が採択された。この決議により、アジア諸国とアフリカ諸国に4つの議席を与えるという、一般委員会の議席配分の正式なパターンが確立された[3][6]

この圧力は、1963年12月17日の決議1991(XVIII)の採択による、安保理と経社理の議席の改革にもつながった。この決議は、安保理の非常任理事国や経社理の理事国の選出方法を正式に定め、アフリカとアジアの国々に対し、安保理は5議席、社経理は7議席を割り当てることを規定した[3][7]

現在編集

植民地の独立が続き、国連加盟国が増加したため、1964年に再びグループが修正された。それまでアフリカ諸国とアジア諸国が同じグループに含まれていたのが、別のグループに分割された。この分割により、異なる国連機関の加盟国間での議席の地理的分布がさらに拡大した[8]

設立当初はアジアグループ(Asia Group)と呼ばれていた。しかし、1970年代になると、太平洋の小島嶼の植民地が独立してアジアグループに参加するようになった。2000年代半ばには太平洋の小島嶼国の数が全体の5分の1を超えたため、グループの名称変更が主張されるようになった[9]

2011年、中国の主張を受けて「太平洋」をグループ名に含めることに合意し、「アジア及び太平洋小島嶼発展途上国グループ」(アジア太平洋グループ)に名称を変更した。この名称変更は、国連において太平洋の島嶼国が果たす役割が大きくなっていることを認識したものである[10]

代表編集

安全保障理事会編集

アジア太平洋グループは、安全保障理事会に非常任2議席、常任1議席(中国)の合計3議席を保有している。アジア太平洋グループの現在の安保理理事国は以下の通りである[11][12]

任期
  中国 (常任)
  インド 2021年1月1日 – 2022年12月31日
  ベトナム 2020年1月1日 – 2021年12月31日

経済社会理事会編集

アジア太平洋グループは、経済社会理事会に11の議席を保有している。アジア太平洋グループの現在の経社理理事国は以下の通りである[13][14]

任期
  インドネシア 2021年1月1日 – 2023年12月31日
  日本
  ソロモン諸島
  イラン 2019年1月1日 – 2021年12月31日
  パキスタン
  サウジアラビア
  トルクメニスタン
  バングラデシュ 2020年1月1日 – 2022年12月31日
  中国
  大韓民国
  タイ

人権理事会編集

アジア太平洋グループは、人権理事会に13の議席を保有している。アジア太平洋グループの現在の人権理事会理事国は以下の通りである[15][16]

任期
  中国 2021年1月1日 – 2023年12月31日
  ネパール
  パキスタン
  ウズベキスタン
  バーレーン 2019年1月1日 – 2021年12月31日
  バングラデシュ
  フィジー
  インド
  フィリピン
  インドネシア 2020年1月1日 – 2022年12月31日
  大韓民国
  日本
  マーシャル諸島

総会議長編集

5年に1度、西暦の下一桁が1か6の年には、国連総会議長はアジア太平洋グループから選出される[1]

アジアグループが発足した1964年以降の、アジア太平洋グループから選出された総会議長は以下の通りである[17]

選出年 会期 氏名 出身国 備考
1966 21 アブドゥル・ラーマン・パズウォック英語版 アフガニスタン王国 第5回特別総会、第5回緊急特別総会の議長も務める。
1971 26 アダム・マルク英語版   インドネシア
1976 31 ハミルトン・シャーリー・アメラシンゲ英語版   スリランカ
1981 36 イスマット・T・キッタニ英語版   イラク 第7回緊急特別総会、第9回緊急特別総会、第12回特別総会の議長も務める。
1986 41 ハムヤン・ラシド・チョドハリ英語版   バングラデシュ 第14回特別総会の議長も務める。
1991 46 シャミル・シハビ英語版   サウジアラビア
1996 51 ラザリ・イスマイル英語版   マレーシア 第10回緊急特別総会、第19回特別総会の議長も務める。
2001 56 韓昇洙   大韓民国 第10回緊急特別総会の議長も務める。
2006 61 ハヤ・ラシェッド・アル・ハリファ英語版   バーレーン 第10回緊急特別総会の議長も務める。
2011 66 ナーセル・アルナセル英語版   カタール
2016 71 ピーター・トムソン英語版   フィジー
予定
2021 76 TBD TBD
2026 81 TBD TBD
2031 86 TBD TBD

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1971年までは  中華民国
  2. ^ 安保理常任理事国
  3. ^ パレスチナ国家は、総会ではオブザーバーに過ぎないが、アジア太平洋グループにおいてはフル加盟国である。
  4. ^ トルコは、アジア太平洋グループだけでなく西ヨーロッパ・その他グループにも加盟している。投票上は西ヨーロッパ・その他グループの一員とみなされている。

出典編集

  1. ^ a b Wanza, Serah N. (2017年11月27日). “What Are The Five Regional Groups of the United Nations?”. Worldatlas. Worldatlas. 2019年2月26日閲覧。
  2. ^ Latin American and Caribbean Group (GRULAC)”. Ministry of Foreign Affairs of Colombia. Ministry of Foreign Affairs of Colombia (n.d.). 2019年2月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Agam, Hasmy, and Sam Daws, Terence O'Brien and Ramesh Takur (26 March 1999). What is Equitable Geographic Representation in the Twenty-First Century (Report). United Nations University. https://archive.unu.edu/unupress/equitable.pdf 2021年3月1日閲覧。. 
  4. ^ United Nations Regional Groups of Member States”. United Nations Department for General Assembly and Conference management. United Nations (n.d.). 2019年2月26日閲覧。
  5. ^ United Nations Handbook 2018–19 (56 ed.). Wellington: Ministry of Foreign Affairs and Trade of New Zealand. (2018). pp. 15–17. ISSN 0110-1951. https://www.mfat.govt.nz/assets/Handbooks/UN-Handbook-2018-19-pdf.pdf 
  6. ^ United Nations General Assembly Session 12 Resolution 1192 (XII). Composition of the General Committee of the General Assembly A/RES/1192(XII) 12 December 1957. Retrieved 28 February 2019.
  7. ^ United Nations General Assembly Session 18 Resolution 1991 (XVII). Question of Equitable Representation on the Security Council and the Economic and Social Council A/RES/1991(XVIII) 17 December 1963. Retrieved 28 February 2019.
  8. ^ The GA Handbook: A practical guide to the United Nations General Assembly (2 ed.). New York: Permanent Mission of Switzerland to the United Nations. (2017). p. 124. ISBN 978-0-615-49660-3. https://www.eda.admin.ch/dam/mission-new-york/en/documents/UN_GA__Final.pdf 
  9. ^ “Asian group of nations at UN changes its name to Asia-Pacific group”. Radio New Zealand (Wellington). (2011年9月1日). https://www.radionz.co.nz/international/pacific-news/199302/asian-group-of-nations-at-un-changes-its-name-to-asia-pacific-group 2019年2月26日閲覧。 
  10. ^ UN Recognises The Pacific With Name Change”. Secretariat of the Pacific Regional Environment Programme. Secretariat of the Pacific Regional Environment Programme (2011年9月3日). 2019年2月26日閲覧。
  11. ^ Current Members”. United Nations Security Council. United Nations (n.d.). 2019年2月26日閲覧。
  12. ^ General Assembly Elects Estonia, Niger, Saint Vincent and Grenadines, Tunisia, Viet Nam as Non-Permanent Members of Security Council for 2020-2021”. United Nations Meetings Coverage & Press Releases. United Nations (2019年6月7日). 1月1日2020閲覧。
  13. ^ Members”. United Nations Economic and Social Council. United Nations (n.d.). 2019年2月26日閲覧。
  14. ^ General Assembly Elects 19 Economic and Social Council Members to Terms Beginning 1月1日2020, Adopts Resolution Commemorating Signing of United Nations Charter”. United Nations Meetings Coverage & Press Releases. United Nations (2019年6月14日). 1月1日2020閲覧。
  15. ^ Current Membership of the Human Rights Council, 1月1日- 12月31日2019 by regional groups”. United Nations Human Rights Council. United Nations (n.d.). 2019年2月26日閲覧。
  16. ^ General Assembly Elects 14 Member States to Human Rights Council, Appoints New Under-Secretary-General for Internal Oversight Services”. United Nations Meetings Coverage & Press Releases. United Nations (2019年10月17日). 1月1日2020閲覧。
  17. ^ Past Presidents”. United Nations General Assembly. United Nations (n.d.). 2019年2月27日閲覧。

外部リンク編集