メインメニューを開く

アジア柔道選手権大会

アジア柔道連盟が主催する柔道のアジア選手権

アジア柔道選手権大会は、アジア柔道連盟が主催する柔道のアジア選手権である。

目次

歴史編集

男子の大会は1966年からほぼ4年に1度開催され、1991年からは毎年開催に移行している(アジア競技大会開催年は除く)。女子の大会は1981年より始まり、以降は1984・1985年を除き男女同時開催となっている[1]。 2000年より、一本勝を奨励する目的で最も一本勝ちが多かった選手に対して“一本トロフィー(The Ippon Trophy)”の贈呈を開始。 2011年からは男女とも国別団体戦が開催される事となった[2]大陸選手権では、各国とも男女最大9名の選手をエントリーすることが許容されているものの、この大会では各階級とも1名しかエントリーできない[3][4]。2016年からは男女とも最大9名までのエントリーが認められることになった[5]。2019年からはアジア選手権とオセアニア選手権が統合されて、新たに「アジアパシフィック柔道選手権大会」という名称で開催されることになった[6]

優勝者編集

男子編集

歴代優勝者
軽量級 中量級 重量級 無差別
1 1966年  山崎祐次郎  関根忍  前島延行  前島延行
軽量級 軽中量級 中量級 軽重量級 重量級 無差別
2 1970年  川口孝夫  野村豊和  崔圭本  河原月夫  前島延行  西村昌樹
3 1974年  南喜陽  蔵本孝二  藤猪省三  岩田勝彦  遠藤純男  藤猪省三
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 95kg超級 無差別
4 1981年  濱田初幸  佐原恭輔  西田孝宏  日蔭暢年  恵谷正雄  河原月夫  斎藤仁  河亨柱
5 1984年  原口謙一  山本洋祐  中右次泰  高野裕光  野瀬清喜  三原正人  伊藤久雄  正木嘉美
6 1988年  越野忠則  パク・ハンチョル  キム  吉田秀彦  石田輝也  許衡  村上修司  小川直也
7 1991年  尹鉉  丸山顕志  鄭勲  田萬培  中村佳央  賀持道明  金建秀  金野潤
8 1993年  ハン・ハクグォン  イワン・カラゼリディ  藤山茂  北田晃三  岡田弘隆  宗真一郎  三谷浩一郎  金野潤
9 1995年  徳野和彦  金大益  中村兼三  瀧本誠  全己盈  セルゲイ・シャキモフ  篠原信一  篠原信一
10 1996年  ドルジパラム・ナルマンダフ  ゼイノラベディン・ハガニ  郭大成  ウラジーミル・シュマコフ  アルメン・バグダサロフ  セルゲイ・シャキモフ  劉勝剛  マフムード・ミラン
11 1997年  関口幸三  金鐘元  郭大成  尹東植  チョ・ビュンオク  セルゲイ・シャキモフ  金野潤  増地克之
60kg以下級 66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 100kg以下級 100kg超級 無差別
12 1999年  鄭富競  アラシュ・ミレスマイリ  ミン・スンホ  クァク・オクチョル  アルメン・バグダサロフ  蒋盛晧  高橋宏明  潘松
13 2000年  江種辰明  中村行成  中村兼三  カゼム・サリハニ  尹東植   朴星根  棟田康幸  村元辰寛
14 2001年  マスード・ハジ・アーホンドザーデ  アラシュ・ミレスマイリ  新田雅史  チェ・スンフン  朴星根  井上智和  猿渡琢海  上口孝太
15 2003年  ハシュバータル・ツァガンバータル  鄭富競  李元熹  ダムディンスレン・ニャムフー  矢嵜雄大  アスハト・ジトケエフ  アブドゥロ・タングリエフ  森大助
16 2004年  バザルベク・ドンバイ  ムラトベク・キプシャクバエフ  キム・ジェフン  ラムジディン・サイドフ  朴仙雨  アスハト・ジトケエフ  金聖氾  ホン・スンヒョン
17 2005年  趙南錫  ハシュバータル・ツァガンバータル  金宰範  小野卓志  斎藤制剛  蒋盛晧  ムハンマド・レザ・ロダキ  アブドゥロ・タングリエフ
18 2007年  マスード・ハジ・アーホンドザーデ  方貴満  アリ・マルーマト  クウォン・ヨンウ  チェ・スンホ  穴井隆将  アブドゥロ・タングリエフ  片渕慎弥
19 2008年  平岡拓晃  アラシュ・ミレスマイリ  アリ・マルーマト  金宰範  泉浩  アスハト・ジトケエフ  アブドゥロ・タングリエフ  金成民
20 2009年  ガンバット・ボルドバータル  江種辰明  方貴満  金宰範  西山将士  マクシム・ラコフ  金洙完  金洙完
60kg以下級 66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 100kg以下級 100kg超級
21 2011年  崔光賢  森下純平  王己春  金宰範  李奎遠  ラムジディン・サイドフ  アブドゥロ・タングリエフ
22 2012年  崔光賢  セルゲイ・リム  王己春  金宰範  ディルショド・チョリエフ  ラムジディン・サイドフ  ムハンマド・レザ・ロダキ
23 2013年  山本浩史  ダワードルジ・トゥムルフレグ  ホン・ククヒョン  ホン・スクウォン  下和田翔平  ジャバド・マフジョーブ  藤井岳
24 2015年  金源鎮  高上智史  安昌林  長島啓太  郭同韓  高木海帆  アブドゥロ・タングリエフ
25 2016年  エルドス・スメトフ  ドフドン・アルタンスフ  橋本壮市  ニャムスレン・ダグワスレン  コムロンショフ・ウストピリヨン  ナイダン・ツブシンバヤル  影浦心
26 2017年  髙藤直寿  アン・バウル  安昌林  藤原崇太郎  コムロンショフ・ウストピリヨン  マクシム・ラコフ  金成民
27 2019年  古賀玄暉  エルラン・セリクジャノフ  ツェンドオチル・ツォグトバータル  オトゴンバータル・ウーガンバータル  増山香補  ルハグバスレン・オトゴンバータル  金成民

女子編集

歴代優勝者
48kg以下級 52kg以下級 56kg以下級 61kg以下級 66kg以下級 72kg以下級 72kg超級 無差別
1 1981年  林浪子  山口香  ルン  笹原美智子  竪石洋美  ジエン  川村順子  川村順子
2 1985年  李忠雲  山口香  李春栄  八戸かおり  佐々木光  黒川琴美  高鳳蓮   高鳳蓮
3 1988年  李愛月  オク・キョンスク  泉香澄  キム・キョンファ  チン・ユイン  ユン  高鳳蓮  高鳳蓮
4 1991年  湯礼紅  蘇雪海  鄭成淑  王燕北  藤本涼子  田辺陽子  喬艶敏  喬艶敏
5 1993年  湯礼紅  玄淑姫  鄭善溶  鄭成淑  曹敏仙  趙莉敏  孫艶艶  カオ
6 1995年  長井淳子  朴美子  鄭善溶  鄭成淑  呉玫玲  福場由里子  李賢暻  孫賢美
7 1996年  ペ・ドンスク  ヘ・ジ  ワン・シュヤン  鄭成淑  王顕波  吉田早希  袁華  袁華
8 1997年  ヨ・ヒジョン  ケー・スンヒ  リ・ミョンファ  鄭成淑  宗建鳳  リ・ヤンフ  二宮美穂  二宮美穂
48kg以下級 52kg以下級 57kg以下級 63kg以下級 70kg以下級 78kg以下級 78kg超級 無差別
9 1999年  チャ・ヒョニャン  ケー・スンヒ  ワン・シュヤン  スン・シャオファン  崔英熙  尹玉峰  張慶黎  張慶黎
10 2000年  長井淳子  磯崎祐子  日下部基栄  鄭成淑  上野雅恵  尹玉峰  トウ文  孫福明
11 2001年  リ・キョンオク  横澤由貴  ヒシグバット・エルデネットオド  谷本歩実  風戸晴子  趙壽姫  薪谷翠  薪谷翠
12 2003年  金英蘭  金京玉  日下部基栄  上野順恵  貝山仁美  松崎みずほ  劉歓縁  賈雪英
13 2004年  北田佳世  李銀姫  劉玉香  谷本歩実  上野雅恵  中澤さえ  シェ・フヤン  シュ・リフイ
14 2005年  福見友子  安琴愛  ヒシグバット・エルデネットオド  上野順恵  渡邉美奈  中澤さえ  杉本美香  杉本美香
15 2007年  山岸絵美  石俊杰  佐藤愛子  上野順恵  岡明日香  劉霞  薪谷翠  袁華
16 2008年  山岸絵美  パク・ミョンヒ  松本薫  小澤理奈  上野雅恵  劉霞  立山真衣  杉本美香
17 2009年  鄭貞娟  何紅梅  リム・ユンヒ  林美玲  上野巴恵  鄭敬美  グルジャン・イサノワ  李一清
48kg以下級 52kg以下級 57kg以下級 63kg以下級 70kg以下級 78kg以下級 78kg超級
18 2011年  遠藤宏美  西田優香  佐藤愛子  徐麗麗  黄藝瑟  プレブジャルガル・ルハムデグド  田知本愛
19 2012年  ムンフバット・ウランツェツェグ  西田優香  山本杏  上野順恵  黄藝瑟  プレブジャルガル・ルハムデグド  秦茜
20 2013年  遠藤宏美  宮川拓美  石川慈  徐麗麗  黄藝瑟  鄭敬美  イ・ジョンウン
21 2015年  浅見八瑠奈  馬英楠  玉置桃  ツェデブスレン・ムンフザヤ  ツェンドアユシュ・ナランジャルガル  梅木真美  于頌
22 2016年  オトゴンツェツェグ・ガルバドラフ  志々目愛  ドルジスレン・スミヤ  マリアン・ウルダバエワ  大野陽子  張浙慧  金珉程
23 2017年  ムンフバット・ウランツェツェグ  志々目愛  芳田司  鍋倉那美  大野陽子  濵田尚里  稲森奈見
24 2019年  李亜男  ディヨラ・ケルディヨロバ  キム・ジナ  楊俊霞  田中志歩  泉真生  金珉程

団体戦優勝国編集

開催地編集

メダル獲得数の国・地域別一覧編集

国・地域
1   日本 166 78 110 354
2   韓国 89 100 126 317
3   中国 48 30 70 149
4   モンゴル 21 45 88 154
5   カザフスタン 17 27 76 120
6   ウズベキスタン 15 19 49 83
7   北朝鮮 13 21 38 72
8   イラン 12 17 29 58
9   チャイニーズタイペイ 2 32 90 124
10   タジキスタン 2 7 8 17
11   香港 1 2 7 10
12   インドネシア 0 4 16 20
13   インド 0 4 11 15
14   キルギス 0 3 13 16
15   トルクメニスタン 0 3 10 13
16   クウェート 0 0 10 10
  フィリピン 0 0 10 10
18   シリア 0 0 4 4
19   オーストラリア 0 0 3 3
20   レバノン 0 0 2 2
  パキスタン 0 1 1 2
  タイ 0 0 2 2
23   バングラデシュ 0 0 1 1
  ヨルダン 0 0 1 1
  マレーシア 0 0 1 1
  ミャンマー 0 0 1 1
  シンガポール 0 0 1 1
  アラブ首長国連邦 0 0 1 1
  ベトナム 0 0 1 1

備考編集

2009年に台湾で開催されたアジア選手権では、イスラム教徒の女性が人前で髪を隠すのに用いるスカーフとして知られるヒジャブの着用が認められた[7]

脚注編集

外部リンク編集