アジャイ・デーヴガン

インドのボリウッドで活動する俳優、映画監督、映画プロデューサー

アジャイ・デーヴガン(Ajay Devgn、1969年4月2日 - )は、インドボリウッドで活動する俳優映画監督映画プロデューサー。1991年に『Phool Aur Kaante』で俳優デビューし[2][3]、これまでに100本以上のボリウッド映画に出演した。また、ローヒト・シェッティ監督作品の常連俳優として知られている[4]。2000年に映画製作会社アジャイ・デーヴガン・Fフィルムズ英語版を設立してからはプロデューサーも務めるようになり、2008年には『U Me Aur Hum』で監督デビューしている。ナショナル・フィルム・アワードフィルムフェア賞など数多くの映画賞を受賞しており、2016年にはインド政府からパドマ・シュリー勲章を授与された[5][6][7][8][9][10][11][12]

アジャイ・デーヴガン
Ajay Devgn
Ajay Devgn
アジャイ・デーヴガン(2013年)
本名 Vishal Veeru Devgan[1]
別名義 Ajay Devgan
生年月日 (1969-04-02) 1969年4月2日(52歳)
出生地 インドの旗 インド ニューデリー
職業 俳優映画監督映画プロデューサー
ジャンル ヒンディー語映画
活動期間 1991年 -
配偶者 カジョール(1999年-)
著名な家族 ヴィール・デーヴガン英語版(父)
アニル・デーヴガン英語版(弟)
 
受賞
パドマ・シュリー勲章(2016年)
テンプレートを表示

人物編集

 
デーヴガン、カジョール夫妻

デーヴガンはアムリトサルに出自を持つパンジャーブ・ヒンドゥー教徒英語版の家庭に生まれた[13]。彼の家族はボリウッドで活動する映画一家であり、父ヴィール・デーヴガン英語版はスタント振付師・アクション映画監督、母ヴィーナは映画プロデューサー、弟アニル・デーヴガン英語版は映画監督・脚本家として活動していた。彼はジュフー英語版のシルバービーチ・ハイスクール、ミティバーイー・カレッジ英語版で教育を受けた。

Jigar』の撮影中に共演者のカリシュマ・カプール英語版と交際を始めたが、1995年に破局している[14]。同年に『Gundaraj』で共演したカジョール・ムカルジーと交際を始め[15]、メディアは2人の対照的な性格から「アンビリバボー・ペア」と報じた[16][17]。1999年2月24日にマハーラーシュトリアン・ヒンドゥー英語版の伝統に則った結婚式を挙げた[18][19]。2人の間には2003年に娘ナイサ[20]、2010年に息子ユグが生まれた[21][22][17]。2人はユグの臍帯血と組織を移植医療に活用するために保存している[23]。デーヴガンの綴りは「Devgan」であるが、彼は家族の要望を受け入れ、2009年8月に綴りを「Devgn」に変更した[24]。彼の宗派はシヴァ派であり、常にルドラークシャの数珠を身に付けている[25][26][27][28][29]。また、ボリウッドの著名人として初めてプライベートジェットを購入し、撮影現場に向かう際やプロモーション活動、個人的な旅行のために度々使用している[30]

俳優編集

1991年 - 1999年編集

結婚式を挙げるデーヴガンとカジョール

1991年に俳優デビューするが、同時期にマノージュ・クマール英語版の息子など「ヴィシャール」を名乗る複数の俳優がデビューしており、混同を避けるため芸名を本名の「ヴィシャール」から「アジャイ」に変更した[1]。デビュー作『Phool Aur Kaante』ではフィルムフェア賞 最優秀新人男優賞英語版を受賞するなど、演技を高く評価された[31][32]。同作ではマドゥー英語版と共演しており[33]、冒頭シーンでは2台のバイクの間で股割りを披露した。1992年に『Jigar』でカリシュマ・カプールと共演し、興行収入7000万ルピーを記録し、同年の年間興行成績第7位となった[33]

1993年に男女の三角関係や復讐劇を描いた『Dil Hai Betaab』に出演し、続けて『Divya Shakti[34]、『Sangram』に出演した[35]。同年後半はディーパク・バーリー英語版の『Ek Hi Raasta[35]、ディーパク・パーワルの『Platform』に出演し、この他には『Shaktiman』『Dhanwan』『Bedardi』に出演している。1994年にハリー・バウェージャー英語版のロマンス・アクション映画『Dilwale』に出演し、知的障害者アルン・サクセーナー役を演じた。同作は年間興行成績第10位にランクインしている[36]。続けてB・R・チョープラー英語版の『Kanoon』、ククー・コーリ英語版の『Suhaag』に出演した。『Suhaag』ではアクシャイ・クマールと共演し、同作は年間興行成績第7位にランクインしている[36]。次にデーヴガンは『Vijaypath』に出演した。同時期に『Karan Arjun』からオファーが来たが、『Vijaypath』の撮影スケジュールと重なっていたため、こちらは出演を辞退している。『Vijaypath』は年間興行成績第8位にランクインしている[36]

1995年にマヘーシュ・バット英語版の『Naajayaz』、アニーズ・バーズミー英語版の『Hulchul』に出演した。『Hulchul』ではカジョールと共演し[37]、2人は続けて『Gundaraj』に出演したが興行的には振るわなかった[37]。同年12月には『Haqeeqat』でタッブーと共演し、年間興行成績第11位にランクインした[37]。1996年に『Jung』でミトゥン・チャクラボルティー英語版ランバー英語版アディティヤ・パンチョリ英語版と共演した。『Jaan』ではトゥインクル・カンナー英語版と共演し[38]、『Diljale』ではテロリスト役を演じている[38]。1997年に『Itihaas』でトゥインクル・カンナーと再度共演するが、興行成績は芳しくなかった。インドラ・クマール英語版の『Ishq』ではアーミル・カーンジューヒー・チャーウラー、カジョールと共演し、貧しい少女(カジョール)に恋する富豪の青年役を演じた[39]。同作は興行収入3億ルピーを記録し、年間興行成績第4位にランクインしている[39]。1998年に『Major Saab』でアミターブ・バッチャンソナリ・ベンドレ英語版と共演し、陸軍将校役を演じた。同作は興行的な成功を収め、年間興行成績第10位にランクインしている[40]。続いて『フレンチ・キス』のリメイク作品『Pyaar To Hona Hi Tha』でカジョールと共演し、興行収入は3億250万ルピーを記録した[40]。『Zakhm』ではムンバイの宗派対立に辟易する男を演じ、ナショナル・フィルム・アワード 最優秀主演男優賞英語版スター・スクリーン・アワード 最優秀主演男優賞英語版を受賞した[41][42]

1999年に出演した『ミモラ 心のままに』では、妻と彼女の恋人の再会を手助けしようとする男ヴァンラジ役を演じた。同作はサンジャイ・リーラー・バンサーリーが監督を務め、サルマン・カーンアイシュワリヤー・ラーイが主演を務めた。デーヴガンの演技は高い評価を得ており、Rediff.comは「アジャイが演じた役は、彼が『Pyar Tho Hona Hi Tha』で見せた演技を思い出させる。彼は秘かに愛している女性のためにボーイフレンドを探している。激しいシーンは彼の得意分野であり、とても上手くいっています。特に、妻が頑固に苛立ちつつも冷静さを保とうとするシーンは素晴らしいです」と絶賛しており[43]、フィルムフェア賞最優秀主演男優賞にもノミネートされている。父ヴィール・デーヴガンが監督した『Hindustan Ki Kasam』では、アミターブ・バッチャンと再び共演している[44]ミラン・ルトリア英語版の『Kachche Dhaage』ではサイーフ・アリー・カーンマニーシャ・コイララと共演し、興行的な成功を収めた[44]。続けて出演したP・ヴァース英語版の『Hogi Pyaar Ki Jeet』でも興行的な成功を収め[44]プラカーシュ・ジャー英語版の『Dil Kya Kare』ではカジョールと共演した。この他には『Gair』『Thakshak』に出演している。

2000年 - 2004年編集

『Bol Bachchan』撮影中のデーヴガン、ローヒト・シェッティ、アビシェーク・バッチャン
『ターバン魂』プロモーション中のデーヴガン、ソーナークシー・シンハー
『テーズ:スピード』プロモーション中のデーヴガン、アニル・カプール

2000年にハリー・バウェージャーの『Deewane』に出演するが、興行的には振るわなかった[45]。この年には初プロデュース作品『Raju Chacha』でカジョールと共演したが、興行成績は平均的な結果に終わった[45]。2001年に『Yeh Raaste Hain Pyaar Ke』でマドゥリ・ディークシットプリーティ・ジンタと共演した。『Lajja』ではマニーシャ・コイララ、マドゥリ・ディークシット、ジャッキー・シュロフアニル・カプールと共演してフィルムフェア賞 最優秀助演男優賞英語版にノミネートされたが、興行成績は平均的な結果に終わった[46]。同年11月にはマヘーシュ・マーンジュレーカルの『Tera Mera Saath Rahen』に出演している。

2002年にムンバイ裏社会英語版を描いたラーム・ゴーパール・ヴァルマ英語版の『Company』でギャング役を演じた。デーヴガンの演技は高い評価を得ており、タラン・アダルシュは「アジャイ・デーヴガンは自分の役を完璧に演じている。抑制された演技で、魚が水に浸るように複雑なキャラクターを演じた。彼は見事なまでに役を演じきった」と批評している[47]。また、フィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネート、フィルムフェア賞 批評家選出最優秀主演男優賞英語版を受賞したものの[48]、興行成績は芳しくなかった[49]デヴィッド・ダワン英語版の『Hum Kisise Kum Nahin』ではアミターブ・バッチャン、サンジャイ・ダット、アイシュワリヤー・ラーイと共演し、ラージクマール・サントーシ英語版の『The Legend of Bhagat Singh』ではバーガット・シン英語版役を演じた[50]。デーヴガンの演技は高い評価を得ており、タラン・アダルシュは「アジャイ・デーヴガンは、この役を生きている。彼の演技はエクセレントと言っても過言ではないでしょう。彼の演技は映画ファンの賞賛を集め、間違いなく映画賞を手にするでしょう」と批評している[51]。彼はナショナル・フィルム・アワード最優秀主演男優賞を受賞したものの、興行的にはボックスオフィス・ボムと見なされている[49]。『Deewangee』ではフィルムフェア賞 最優秀悪役賞英語版スター・スクリーン・アワード 最優秀悪役賞英語版ジー・シネ・アワード 最優秀悪役賞英語版を受賞し、興行的にも成功を収めた[49]

2003年にラーム・ゴーパール・ヴァルマの『Bhoot』でウルミラ・マトンドカールと共演し、批評面・興行面で高い評価を得た[52]。『Qayamat: City Under Threat』ではボリウッド初出演を果たしたネーハー・ドゥピアと共演し、興行的な成功を収めた[52]。『Chori Chori』ではラーニー・ムカルジー、ソナリ・ベンドレと共演したが、興行成績は振るわなかった[52]バーガルプル失明事件英語版を題材にした『Gangaajal』では、Rediff.comから「アジャイ・デーヴガンは、彼の水面下に潜む怒れるヒーローのイメージを強化するために用意されたパートで、エース級の仕事をやり遂げました。彼(そして監督)の功績として、ステレオタイプで正義感の強い主人公に品位と優雅さをもたらしました。彼の存在が、映画後半のつまらなさをカバーしていると言っても過言ではないでしょう」と評価され[53]、フィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされた[54]。この他にローヒト・シェッティの監督デビュー作『Zameen[55]J・P・ダッタの『レッド・マウンテン』に出演している。

2004年にラージクマール・サントーシの『Khakee』ではアミターブ・バッチャン、アイシュワリヤー・ラーイ、アクシャイ・クマールと共演し、年間興行成績第5位にランクインするヒット作となった[56]。同作では殺人者に変貌する警官役を演じ、タラン・アダルシュは彼の演技について「アジャイ・デーヴガンは、マスター・パフォーマーだけができる演技で、活躍の場をさらに広げた。アミターブ・バッチャンとの対決シーンは、その代表例だ」と批評している[57]。この他、同年前半期はインドラ・クマールの『Masti』、マニ・ラトナム英語版の『Yuva』に出演した[58][59]。同年12月にリトゥポルノ・ゴーシュ英語版の『Raincoat』でアイシュワリヤー・ラーイと共演した。同作はオー・ヘンリーの『賢者の贈り物』を原作とし、ナショナル・フィルム・アワード 最優秀ヒンディー語長編映画賞英語版を受賞した[60][61]。デーヴガンの演技も高い評価を得ており、Rediff.comは「躊躇い、絶望、屈辱……アジャイ・デーヴガンは、これらを雄弁に語っている。彼が演じるマノージュはクールな男ではなく、恵まれない中産階級の男で、誰もその立場に成り代わりたいとは思わないだろう。浴室で泣き崩れるシーンや、ニールに他の男と結婚しないように懇願するシーンは、特に印象に残っている」と批評している[60]

2005年 - 2009年編集

『Raajneeti』製作会見に出席するデーヴガン、カトリーナ・カイフ
『Halla Bol』プロモーション中のデーヴガン、ヴィディヤ・バラン

2005年は成功作に恵まれなかった。『Insan』『Blackmail』『Main Aisa Hi Hoon』『Tango Charlie』『Shikhar』はいずれも興行的に失敗し、成功を収めたのは『Kaal』と『Apaharan』だけだった[62]。両作での演技は高い評価を得ており、『Apaharan』ではナショナル・フィルム・アワード最優秀主演男優賞とフィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされ、『Kaal』ではフィルムフェア賞最優秀悪役賞にノミネートされた。

2006年にウィリアム・シェイクスピアの『オセロ』を原作とした『Omkara』に出演した。同作はウッタル・プラデーシュ州の政治体制を舞台とした男女の愛憎劇で、第59回カンヌ国際映画祭でプレミア上映され、カイロ国際映画祭でも上映された[63][64]。デーヴガンは批評家から絶賛され、Rediff.comは「オセロは実にトリッキーな役柄であり、主役が悪役に食われてしまう。しかし、ムーア人は陰鬱で人の心を鷲掴みにするキャラクターであり、アジャイ・デーヴガンはその素材を見事に使いこなしている。『Omkara』は『オセロ』から人種差別要素を取り除き、黒い肌を取るに足らないバラモンの混血と交換した。アジャイが最も得意とするのは抑制された演技であり、彼のキャラクターはどこかで見たことがあるように感じるが、映画が終わるころには、彼がどれほど揺るぎない存在だったかが分かるはずだ」[65]、タラン・アダルシュは「アジャイは恋人の貞操に不安を抱く男を、心を揺さぶるパワフルな演技で表現している。アジャイの持つ真剣な表情は、彼の役柄にハマっている。もちろん、映画の中のアジャイは格別で、彼が演じるキャラクターと寸分違わぬ姿を見せてくれる」と批評している[66]。この他にローヒト・シェッティの『Golmaal: Fun Unlimited』、2005年マハーラーシュトラ州洪水英語版を描いた短編ドキュメンタリー『The Awakening』に出演した。2007年はアヌバウ・シンハー英語版の『Cash』、ラーム・ゴーパール・ヴァルマの『Aag』に出演した。

2008年に『Halla Bol』でパンカジ・カプール英語版ヴィディヤ・バラン英語版と共演した[67]。同作は1989年に路上演劇『Halla Bol』出演中に暗殺されたサフダール・ハシュミ英語版の生涯を描いた社会派映画であり[68]、批評家からは酷評された[69]。『U Me Aur Hum』では監督デビューを果たし、カジョールと共演した[70]。同作は中程度の興行成績を記録し、批評家からは高い評価を得た。Rediff.comはデーヴガンの演技について、「彼のキャラクターは成長し、強烈な演技を見せつけています。最初は平凡な言葉しか話さないが、次第に深みのある言葉を発するようになります。このキャラクターは非常に良く描かれており、欠点や親しみやすさを兼ね備えています」と批評している[71]。同年はローヒト・シェッティの3作目『Sunday』に出演した他、弟アニル・デーヴガンの監督作品『Haal-e-Dil』にカメオ出演し、アフザル・カーン英語版の『Mehbooba』にも出演している。『Golmaal: Fun Unlimited』の続編『Golmaal Returns』ではカリーナ・カプールと共演し、妻に浮気を疑われる夫役を演じた。インディアン・エクスプレス英語版は独創性に欠ける脚本を批判し、「妻が夫を監視するという展開は特に真新しいものではなく、アジャイとカリーナの演技も真新しさは見られなかった」と批評している[72]。同作は酷評されたものの、興行収入は7億9250万ルピーを記録するなど商業的には成功を収めた[73]。2009年には『All the Best: Fun Begins』をプロデュースして興行的な成功を収めたが[74]、『London Dreams』では興行的に失敗している[74]

2010年以降編集

『Raid』撮影中のデーヴガン、ラージ・クマール・グプタ
『Action Jackson』プロモーション中のデーヴガン、ソーナークシー・シンハー
『Tanhaji』プロモーション中のデーヴガン、カジョール夫妻

2010年代は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ムンバイ英語版』『Golmaal 3』『Raajneeti』『Singham』『Bol Bachchan』『ターバン魂英語版』『Singham Returns』『ビジョン英語版』などに出演した[75][76][77]。2010年に『Atithi Tum Kab Jaoge?』でパレーシュ・ラーワルコンコナ・セン・シャルマ英語版と共演し、『Raajneeti』ではランビール・カプールカトリーナ・カイフと共演した。『Raajneeti』ではカトリーナ・カイフ演じる女性政治家の描写がソニア・ガンディーラブリ・デーヴィ英語版を連想させるとして注目を集めた。同作は6億ルピーの製作費が投じられ[78]、興行的・批評的な成功を収めた[79]。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ムンバイ』でも興行的に成功を収め、年間興行成績第7位にランクインしている[80]。両作とも映画の内容やデーヴガンの演技が高く評価され、タラン・アダルシュは「スルタン役のアジャイ・デーヴガンは素晴らしい。『Company』でも似たような役を演じていたが、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ムンバイ』では、その解釈が大きく異なっていると言わざるを得ない。彼はキャラクターに深みを与え、その幅広さと多才さを証明している。アジャイの最高傑作であることを疑う余地はない」[81]コマル・ナータは「スルタン・ミルザを演じたアジャイ・デーヴガンは、シンプルに素晴らしい。まるで、この役を演じるために生まれてきたと思えるほど、彼の演技はリアルです。外見から台詞回しを含めた演技にいたるまで、その全てが素晴らしいものだ。まさに映画賞を受賞する演技だ!」と批評している[82]名誉の殺人を題材にした『Aakrosh』では好意的な評価を得たものの、興行的には失敗している。『Golmaal 3』の評価は混合的だったが、興行収入は10億7000万ルピーを記録してシリーズ最大のヒット作となった[83]。また、『Toonpur Ka Superrhero』では声優も務めている。

2011年にマドゥール・バンダルカル英語版の『Dil Toh Baccha Hai Ji』でイムラーン・ハーシュミー英語版と共演した。『Yamla Pagla Deewana』ではナレーションを務め、『Ready』ではカメオ出演している。『Singham』では演技を高く評価され、タラン・アダルシュは「映画のタイトルはライオンの意味で、アジャイは善と悪の戦いの中心にいる。彼は"aataa maajhi satakli"という台詞が有名だが、スクリーンで男らしさを体現しているアジャイは、正義感に燃える冷酷な警官というキャラクターを見事に演じ切っている。彼はスクリーン上で力強いヒーロー・キャラクターを確固たる信念を持って生き生きと表現しており、その姿には圧倒される。与えられた役を抑え目に演じる数少ない俳優の一人である彼は、この映画でド派手なアクション・ジャンルに舞い戻った。一言で言うなら、彼は映画を勝利に導くための重要な役割を果たしたのだ」と批評している[84]。同年11月にはデヴィッド・ダワンのアクション・コメディ映画『Rascals』に出演した[85]。2012年に『テーズ:スピード英語版』『Bol Bachchan』『ターバン魂』に出演した。2013年に出演した『Himmatwala』では興行的・批評的に失敗し[86]、同年8月にはプラカーシュ・ジャーの『Satyagraha』でアミターブ・バッチャンと共演した[87]

2014年は『Singham Returns』に出演し、批評家からは様々な評価を受けた[88]。タラン・アダルシュは「この映画は力溢れるドラマ、迫力ある台詞、優れた演技を備えた完全なるマス・エンターテイナーだ。ブランドバリューのある作品であり、さらに週末の長さに助けられれば、今後の興行成績で首位を得られるだろう」と批評しており[89]、インドでは公開初日に興行収入3億2090万ルピーを記録した。同作の最終的な国内純利益は14億620万ルピーを記録している[90]プラブ・デーヴァ英語版の『Action Jackson』にも出演したが、興行成績は芳しくなかった[91]。2015年に出演したニシカーント・カーマト英語版の『ビジョン』では好意的な評価を得ており、ザ・タイムズ・オブ・インディアのメーナ・アイヤルは「アジャイは保護者である父親役として輝いている」と批評している[92]。同作は興行的にも成功を収め、公開第6週までに興行収入7億6480万ルピーを記録した[93]。2016年には『Shivaay』で監督・プロデューサー・主演を務めた[94]。同作は混合的な評価を受け、興行収入は14億6000万ルピーを記録している[95]。2017年には『Baadshaho』『Golmaal Again』に出演した[96][97]。両作とも興行的に一定の成功を収め、特に『Golmaal Again』は公開4日間で興行収入10億ルピーを記録し、国内興行収入20億5000万ルピー、海外との合計興行収入は30億ルピーを超え、年間興行成績第5位英語版にランクインしている[98]

2018年にラージ・クマール・グプタ英語版の『Raid』でインド歳入庁英語版の職員役を演じ、興行的・批評的な成功を収めた[99]。同時期、デーヴガンは『ターバン魂』の続編『Sons of Sardaar: The Battle of Saragari』の製作に取り組んでいたが[100]、同年8月に製作について「私たちは脚本に取り組んでいるが、プロジェクトの規模を考えると、あと2年は実現しないでしょう」と語っている[101]。2019年に『De De Pyaar De』でタッブー、ラクル・プリート・シン英語版と共演した[102]。2020年にオーム・ラウト英語版の『Tanhaji』でターナージー・マールサレー英語版役を演じ[103]、2021年には『Bhuj: The Pride of India』ではヴィジャイ・カルニク英語版役を演じている[104][105]

映画製作者編集

アジャイ・デーヴガン・Fフィルムズ編集

 
インド大統領プラナブ・ムカルジーからパドマ・シュリー勲章を授与されるデーヴガン

2000年に映画製作・配給会社アジャイ・デーヴガン・Fフィルムズ英語版をムンバイに設立した。同年に初プロデュース作品『Raju Chacha』を製作し、カジョールと共演した。2008年には『U Me Aur Hum』で監督デビューした。同作は夫の存在すら忘れてしまう記憶力の弱い妻を主人公にしたロマンス映画であり、タラン・アダルシュは「よく完成された、感情指数の高い引き込まれるラブストーリー」と批評している[106]。2008年にローヒト・シェッティを迎えて『All the Best: Fun Begins』を製作し、2009年の年間興行成績第9位英語版にランクインしている[74]

2012年にはシュリー・アシュタヴィナヤク・シネ・ヴィジョン英語版と共同製作して『Bol Bachchan』をプロデュースした。同作は『Gol Maal』のリメイク作品で、7億ルピーの製作費が投じられた[107]。同作は2575劇場で上映され、批評家からは賛否両論となったが、興行的には成功を収めた[108]。前売り券の販売数は過去最高を記録し[109]、最終的な興行収入は15億8000万ルピーを記録している[110]。同年にヴァイアコム18モーション・ピクチャーズと共同製作して『ターバン魂』を製作し、ヤシュ・ラージ・フィルムズの『命ある限り英語版』と競合したものの、興行的な成功を収めた[111]。2018年にマラーティー語映画Aapla Manus』を製作し、ヴァイアコム18モーション・ピクチャーズが配給を手掛けた[112]

NY VFXWAALA編集

2015年10月に子供たちの名前を冠したVFX会社NY VFXWAALAを設立し、『プレーム兄貴、王になる』『Bajirao Mastani』『マジック英語版』『勇者は再び巡り会う英語版』『フォース2英語版』『シンバ英語版』などの大作映画の製作に関わった[113]。『Shivaay』ではナショナル・フィルム・アワード 最優秀特殊効果賞英語版を受賞している[114]

フィルモグラフィー編集

受賞歴編集

出典編集

  1. ^ a b Ajay Devgn says he's been put behind bars twice, reveals why he changed his real name” (英語). Deccan Chronicle (2018年3月14日). 2018年12月14日閲覧。
  2. ^ Box Office 1991”. Box Office India. 2011年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月10日閲覧。
  3. ^ Sampurn Wire. “Ajay Devgan a versatility expert”. Thaindian.com. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月7日閲覧。
  4. ^ Box office: Ajay Devgn without Rohit Shetty”. Indicine. 2021年11月20日閲覧。
  5. ^ Isha Sharma (2016年1月25日). “After Being Honored With A Padmashri Award, Ajay Devgn Shares A Sweet Message For His Fans!”. Times Internet. 2016年1月28日閲覧。
  6. ^ "Ajay Devgn." Koimoi.com Accessed 29 June 2013.
  7. ^ Ajay Devgn turns 41”. Hindustan Times. 2011年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月2日閲覧。
  8. ^ "Readers' Picks: Top Bollywood Actors." Rediff.com 17 August 2006. Accessed 26 January 2010.
  9. ^ "Powerlist: Top Bollywood Actors." Rediff.com 8 December 2006. Accessed 26 January 2010.
  10. ^ "Box Office 2000s Decade in Review." Ibos network.com 19 January 2010. Accessed 26 January 2010.
  11. ^ Subhash K. Jha (2003年2月22日). “Shah Rukh, Ash, Ajay Devgan's rich haul”. Rediff webdesk. Rediff. 2016年1月6日閲覧。
  12. ^ Filmfare Awards for Best Actor In A Negative Role”. Awards & Winners. 2015年12月2日閲覧。
  13. ^ "Ajay Devgn: I am a reserved person."”. Rediff.com (2004年12月31日). 2011年7月30日閲覧。
  14. ^ When Ajay Devgn left Karisma Kapoor and married Kajol”. Daily Bhaskar. 2016年5月1日閲覧。
  15. ^ "After motherhood, Kajol returns in a role designed to unsettle filmdom's reigning deities."”. India Today. 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年5月22日閲覧。
  16. ^ "The Happiest marriages in Bollywood." Rediff.com 23 March 2011. Accessed 4 June 2012.
  17. ^ a b "Bonding of the bubbly belle & the brooder." Tribune India.com 27 April 2003. Accessed 3 June 2010.
  18. ^ Srnivasan V. "Quietly were they wed." Rediff.com 25 February 1999. Accessed 4 June 2012.
  19. ^ Bhattacharya R. "Kajol, Ajay the perfect couple." Hindustan Times.com 28 February 2010. Accessed 4 June 2012.
  20. ^ "Kajol delivers baby girl." Times of India.com 20 April 2003 Accessed 4 June 2012.
  21. ^ "Kajol, Ajay welcome baby boy." Times of India 13 September 2010. Accessed 4 June 2002.
  22. ^ "It takes two tango bonding of the bubbly belle & the brooder."”. The Sunday Tribune.com, (27 April 2003.). 2003年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2003年4月27日閲覧。
  23. ^ "Ajay Devgan's life."”. Sawfnews.com. 2012年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月6日閲覧。
  24. ^ J, Upala (2009年8月26日). “Ajay Devgan drops A off his name” (英語). FilmiBeat. 2018年12月14日閲覧。
  25. ^ Insight Into Religious Views – Account of Religious Practices
  26. ^ Reliable Account of Personal Life – Religious Information
  27. ^ Ghose D. "Happy Birthday, Ajay Devgan; Golmaal Returns." Bollywoodmantra.com 1 April 2012.
  28. ^ "Ajay devgn gets birthday surprise on Rock 'n Roll sets." Archived 15 July 2012 at Archive.is Sawfnews.com Accessed 1 April 2008.
  29. ^ Sinha S. "xtra-marital affairs happen: Ajay Devgn." The Times of India 1 November 2009. Accessed 21 October 2010.
  30. ^ "Ajay Devgn buys a personal aircraft." The Times of India.com 10 October 2010.
  31. ^ "Box Office 1991.' Box Office India.com Accessed 10 January 2007
  32. ^ "Ajay Devgan a versatility expert."”. Thaindian.com. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月7日閲覧。
  33. ^ a b "Box Office 1992." Box Office India.com Accessed 10 January 2009.
  34. ^ "Ajay Devgan : Successful Movies List." Bollybusiness.wordpress.com.
  35. ^ a b "Box Office 1993." Box Office India.com 1993
  36. ^ a b c "Box Office 1994." Box Office India.com.
  37. ^ a b c "Box Office 1995." Box Office India.com.
  38. ^ a b "Box Office 1996." Box Office India.com.
  39. ^ a b "Box Office 1997." Box Office India.com Accessed 10 January 2007.
  40. ^ a b Box Office 1998”. Box Office India. 2011年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月6日閲覧。
  41. ^ Namrata, Nongpiur (2011年5月21日). “10 National Award Winning Actors of Bollywood”. Mens XP. 2015年12月1日閲覧。
  42. ^ Chatterjee, Saibal (1999年3月1日). “That's No Shooting Star”. Outlook. https://www.outlookindia.com/magazine/story/thats-no-shooting-star/207073 2020年4月7日閲覧。 
  43. ^ Rediff on the NeT, Movies: The review of Hum Dil De Chuke Sanam”. Rediff.com (1999年6月17日). 2021年11月6日閲覧。
  44. ^ a b c Box Office 1999”. Box Office India. 2011年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月6日閲覧。
  45. ^ a b "Box Office 2000." Box Office India.com Accessed 10 January 2007.
  46. ^ "Box Office 2001." Box Office India.com Accessed 10 January 2007.
  47. ^ Adarsh T. "Company (2002)." Bollywood Hungama.com.
  48. ^ Jha, Subhash K (2003年2月22日). “Shah Rukh, Ash, Ajay Devgan's rich haul”. Rediff.com. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月23日閲覧。
  49. ^ a b c "Box Office 2002." Box Office India.com Accessed 10 January 2007.
  50. ^ "Ajay to play coveted shaheed bhagat singh role."”. Smashits.com. 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月6日閲覧。
  51. ^ "The Legend of Bhagat Singh (2002)."”. Bollywood Hungama.com. 2021年11月6日閲覧。
  52. ^ a b c "Box Office 2003." Box Office India.com Accessed 10 January 2007.
  53. ^ "Another ace for Ajay!" Rediff.com Accessed 29 August 2003.
  54. ^ Dhirad, Sandeep (2006年). “Filmfare Nominees and Winners” (PDF). Filmfare. オリジナルの2015年10月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151019034032/https://sites.google.com/site/deep750/FilmfareAwards.pdf?attredirects=0 2021年5月31日閲覧。 
  55. ^ Verma S. "Directed by Rohit Shetty!" Rediff.com 25 September 2003.
  56. ^ "Box Office 2004." Box Office India.com.
  57. ^ Adarsh T. "Khakee (2004)." Bollywood Hungama.com.
  58. ^ "Bollywood-inspired IITians eyeing polls.' The Times of India.com 18 January 2007 Accessed 30 July 2011.
  59. ^ "Yuva." Rotten Tomatoes.com. Accessed 30 July 2011.
  60. ^ a b "Rain coat is simply beautiful”. Rediff.com. 2009年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月9日閲覧。
  61. ^ "Rain coat is simply beautiful." Archive.org 6 April 2009.
  62. ^ "Box Office 2005." Archive.org 8 July 2011. Accessed 11 March 2013.
  63. ^ "Omkara."”. BBC (2006年5月). 2009年5月19日閲覧。
  64. ^ "Omkara puzzle here, prize there."”. The Telegraph, Calcutta. 2012年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月12日閲覧。
  65. ^ "Why Omkara blew my mind."”. Rediff.com. 2006年8月2日閲覧。
  66. ^ "Omkara"”. Bollywood Hungama. 2021年11月12日閲覧。
  67. ^ Box Office 2008”. Box Office India. 2010年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月13日閲覧。
  68. ^ "Halla Bol based on Safdar Hashmi: Rajkumar Santoshi."”. Hindustan Times (2007年7月12日). 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月20日閲覧。
  69. ^ "Halla Bol."”. Hindustan Times (2008年1月11日). 2013年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月9日閲覧。
  70. ^ "U, Me Aur Hum, straight from Ajay's heart." DNA India.com 1 April 2008 Accessed 1 June 2012.
  71. ^ "Ajay Devgan does well in U Me Aur Hum." Rediff.com 11 April 2008.
  72. ^ Gupta S. "Golmaal Returns" India Express.com 31 October 2008. Accessed 13 November 2008.
  73. ^ Top Lifetime Grossers Worldwide”. Box Office India. 2011年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月14日閲覧。
  74. ^ a b c Box Office 2009”. Box Office India. 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月30日閲覧。
  75. ^ "Readers' Picks: Top Bollywood Actors." Rediff.com 17 August 2006.
  76. ^ "The Powerlist: Top Bollywood Actors." Rediff.com 8 August 2006.
  77. ^ "Box Office 2000s Decade in Review – Top Actors, Actresses and Directors: Final Tallies and Standings." Ibosnetwork.com 19 January 2010.
  78. ^ Can Raajneeti recover its Rs 60 crore investment?”. Hindustan Times (2010年6月4日). 2010年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月21日閲覧。
  79. ^ "Box Office 2010." Box Office India at Web Archive.com . Accessed 25 August 2011.
  80. ^ "Lifetime Grossers 2010–2019." Box Office India at Web Archive.org. 2013.
  81. ^ "Movie Review: Once Upon A Time in Mumbaai review: An outstanding cinematic experience!" Sify.com.
  82. ^ Nahta K. "Once Upon A Time In Mumbaai." Koimoi.com 30 July 2010.
  83. ^ Golmaal 3: This year's Diwali cracker”. Hindustan Times (2010年11月12日). 2013年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月28日閲覧。
  84. ^ Adarsh T. "Singham." Bollywood Hungama.
  85. ^ "Sanjay Dutt starts Rascals tomorrow." Bollywood Hungama.com 28 October 2010.
  86. ^ "Ajay Devgan promised 'Himmatwala' will be a 100 crore hit." Digital Spy.com 15 January 2013.
  87. ^ "Ajay Devgn starts shooting for Prakash Jha's 'Satyagraha'." Indiaglitz.com 13 February 2013.
  88. ^ 'Singham Returns' Movie Reviews: Typical Rohit Shetty's Film”. 15 August 2014. International Business Times. 2021年11月18日閲覧。
  89. ^ Adarsh, Taran (2014年8月15日). “Singham Returns”. Bollywood Hungamam. 2014年8月15日閲覧。     
  90. ^ Bollywood Hungama. “Singham Returns”. 2021年11月18日閲覧。
  91. ^ 'Action Jackson' review: The film is an orgy of bloody fight scenes.IBN live. Rajeev Masand. 5 December 2014.      
  92. ^ Meena Iyer. “Drishyam Movie Review”. 2021年11月19日閲覧。
  93. ^ Drishyam : 6th Week Box Office Collections” (2015年9月11日). 2021年11月19日閲覧。
  94. ^ Check out the breathtaking Shivay”. www.koimoi.com. 2021年11月19日閲覧。
  95. ^ Box Office: Worldwide Collections and Day wise breakup of Shivaay”. Bollywood Hungama. 2016年11月5日閲覧。
  96. ^ Find Out Some Details About Ajay Devgn's Baadshaho” (2015年9月3日). 2021年11月19日閲覧。
  97. ^ Golmaal Again gets third-highest opening weekend box office collection for 2017; Baahubali 2, Raees still lead - Entertainment News , Firstpost”. Firstpost (2017年10月24日). 2021年11月19日閲覧。
  98. ^ Golmaal Again Box Office Collection Day 4: Ajay Devgn And Team Has 100 Crore Reasons To Smile”. NDTV.com. 2021年11月19日閲覧。
  99. ^ Raid movie review roundup: Ajay Devgn starrer is realistic, say critics, celebs”. International Business Times (2018年3月16日). 2018年3月16日閲覧。
  100. ^ Ajay Devgn shares Sons of Sardaar: The Battle of Saragarhi first look; Diwali 2017 release planned - Entertainment News , Firstpost”. Firstpost (2016年7月29日). 2021年11月19日閲覧。
  101. ^ Ajay Devgn: Saragarhi is set to happen but in the next three or four years”. Mumbai Mirror. 2021年11月19日閲覧。
  102. ^ “Rakul Preet to star alongside Ajay Devgn and Tabu in this rom-com”. Bollywood Hungama. (2018年1月16日). http://www.bollywoodhungama.com/news/bollywood/rakul-preet-star-alongside-ajay-devgn-tabu-rom-com/ 2018年1月16日閲覧。 
  103. ^ Revealed! Ajay Devgn's ferociously intriguing look from Taanaji - The Unsung Warrior | Bollywood News” (英語). www.timesnownews.com. 2019年1月2日閲覧。
  104. ^ 'Bhuj: The Pride of India': Sanjay Dutt, Sonakshi Sinha, Rana Daggubati, Parineeti Chopra and Ammy Virk join the Ajay Devgn starrer - Times of India” (英語). The Times of India. 2019年3月23日閲覧。
  105. ^ Parineeti Chopra playing a spy in Ajay Devgn's Bhuj: The Pride of India”. www.filmsbit.com. 2019年4月8日閲覧。
  106. ^ "Movie Review: U, Me aur Hum." India fm.com Accessed 12 April 2008.
  107. ^ 'Bol Bachchan' crosses Rs 50 crore mark
  108. ^ Bol Bachchan: 12-Cr On Opening Day”. Box Office India. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月7日閲覧。
  109. ^ "'Bol Bachchan' gets record advance bookings." The Times of India.com 6 July 2012 Accessed 10 July 2012.
  110. ^ Box Office Earnings 07/01/10 - 13/01/11”. Boxofficeindia.com (2011年1月20日). 2011年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月19日閲覧。
  111. ^ Naval-Shetye, Aakanksha (2012年1月23日). “Ajay Devgn takes on Shah Rukh Khan!”. DNA India. 2021年11月19日閲覧。
  112. ^ “Aapla Manus Is A Family Drama With A Pinch Of Thriller”. (2018年2月9日). https://www.mumbailive.com/en/marathi-film/aapla-manus-movie-review-marathi-actor-nana-patekar-sumeet-raghavan-iravati-harshe-suspense-story-20371 2021年11月19日閲覧。 
  113. ^ Sarkar, Prarthna (2016年5月12日). “Visual effects: Here's how Ajay Devgn is the common link between 'Bajirao Mastani' and 'Dilwale' [VIDEOS]”. International Business Times, India Edition. 2021年11月20日閲覧。
  114. ^ Sharma, Priyanka (2017年4月7日). “Ajay Devgn on Shivaay's National Award win: Not surprised, it is well deserved”. The Indian Express. http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/ajay-devgn-on-shivaay-national-award-win-not-surprised-it-is-well-deserved-4603737/ 2018年5月16日閲覧。 

外部リンク編集