アスク・ミー・ホワイ

アスク・ミー・ホワイ」("Ask Me Why")は、1963年1月にビートルズが発表した2枚目のオリジナル・シングル(「プリーズ・プリーズ・ミー」)のB面曲である。

アスク・ミー・ホワイ
ビートルズシングル
初出アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー
リリース
録音 1962年11月26日
アビー・ロード・スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 マッカートニー=レノン
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 U.K. 年表
ラヴ・ミー・ドゥ
b/w
P.S.アイ・ラヴ・ユー
(1962年)
プリーズ・プリーズ・ミー
b/w
アスク・ミー・ホワイ
(1963年)
フロム・ミー・トゥ・ユー
b/w
サンキュー・ガール
(1963年)
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
プリーズ・プリーズ・ミー
b/w
アスク・ミー・ホワイ
(1963年)
フロム・ミー・トゥ・ユー
b/w
サンキュー・ガール
(1963年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
抱きしめたい
b/w
ジス・ボーイ
(1964年)
プリーズ・プリーズ・ミー
b/w
アスク・ミー・ホワイ
(1964年)
シー・ラヴズ・ユー
b/w
アイル・ゲット・ユー
(1964年)
プリーズ・プリーズ・ミー 収録曲
A面
  1. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
  2. ミズリー
  3. アンナ
  4. チェインズ
  5. ボーイズ
  6. アスク・ミー・ホワイ
  7. プリーズ・プリーズ・ミー
B面
  1. ラヴ・ミー・ドゥ
  2. P.S.アイ・ラヴ・ユー
  3. ベイビー・イッツ・ユー
  4. ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット
  5. 蜜の味
  6. ゼアズ・ア・プレイス
  7. ツイスト・アンド・シャウト
テンプレートを表示

目次

解説編集

マッカートニー=レノン(デビュー当時のクレジット順は「レノン=マッカートニー」ではなかった)の作品。主にレノンの作った楽曲である。リードヴォーカルはジョン・レノン。

ジョン・レノンが当時好きなアーティストのひとつだった、アメリカの男性コーラスグループ、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズの曲作りを基に、自己流の作曲技法を試行錯誤しながら作った楽曲といわれている。

ビートルズとしてデビューする前から、グループのオリジナル曲として歌われていた。1962年6月15日には、レノン=マッカートニーのオリジナル曲としては初めてラジオ放送された。

公式テイクの録音は『プリーズ・プリーズ・ミー』と同じく1962年11月26日に行われた[1]。もっともこれより前の1962年6月6日、デビュー前にEMIで行ったオーディションの際に一度録音されていたが、この音源は現在失われている。

1962年のライヴでは頻繁に演奏されており、12月31日にハンブルクのスター・クラブでオーディエンス録音されたとおぼしきライヴ音源が、1977年以降さまざまな形で発売されている。

1963年3月リリースの最初のイギリス盤公式オリジナル・アルバムプリーズ・プリーズ・ミー』のA面6曲目に再収録されている。

指揮者・作曲家のレナード・バーンスタインのお気に入りの曲でもある。

ステレオ・ヴァージョン編集

「アスク・ミー・ホワイ」のリアル・ステレオ・ヴァージョンは1963年4月にリリースされたアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』ステレオ盤に収録された。長らくステレオ・ヴァージョンはCD化されなかったが、2005年に発売された『ザ・ビートルズ ザ・キャピトル・アルバムス Vol.2』CDボックス中のアルバム『ジ・アーリー・ビートルズ』に収録された。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ なお、同日にポール作の「ティップ・オブ・マイ・タング」(w:Tip of My Tongue)も録音されていたが、この曲の音源は現在失われている

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ マーク・ルウィソーン『ビートルズ/レコーディング・セッション』内田久美子訳、シンコー・ミュージック、1990年、24頁[注釈 1]