メインメニューを開く

アストンマーティン・DBR5 (Aston Martin DBR5, DBR5/250とも) は、アストンマーティンが製作したフォーミュラ1カー1960年F1世界選手権に投入された。前年に使用されたDBR4は思うような結果が出せず、それよりも軽量で小型のDBR5はより速くなることが予想された。しかしながら、1960年の結果も向上が見られなかったため、アストンマーティンはF1からの撤退を決定した。

アストンマーティン・DBR5
カテゴリー F1
コンストラクター アストンマーティン
デザイナー テッド・カッティング
先代 アストンマーティン・DBR4
主要諸元
シャシー 鋼管スペースフレーム
エンジン アストンマーティン DOHC 直列6気筒 NA フロントエンジン
トランスミッション アストンマーティン 5速 MT
重量 575 kg (1,270 lb)
タイヤ ダンロップ
主要成績
チーム デヴィッド・ブラウン・コーポレーション
ドライバー イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ
フランスの旗 モーリス・トランティニアン
初戦 1960年イギリスグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
1 0 0 0
テンプレートを表示

設計編集

アストンマーティン・DBR5は、1959年に投入されたアストンマーティン・DBR4をベースにしており、同じ基本シャシーとエンジンレイアウトを使用していた。DBR5は小型、軽量化され、エンジンの改良により最終的にアストンマーティンのワークショップで想定されていた数値に近い出力が得られた。DBR5はまた、全てのサスペンションが独立して装着されていた。

しかし、DBR5は強化されたリアエンジンマウント車に対して競争力のある結果をもたらすことはできなかった。アストンマーティンは結果を出すことができたスポーツカープロジェクトに集中するため、フォーミュラ1からの撤退を決めた。

1960年代初めに2台のDBR5が製作されたが、アストンマーティンがフォーミュラ1から撤退した後、2台とも1961年に廃棄された。

F1における全成績編集

脚注編集

外部リンク編集