メインメニューを開く

アスペクツ・オブ・ラブ

アスペクツ・オブ・ラブ』(Aspects of Love)は、イギリス出身の作家デイヴィッド・ガーネットの同名小説[1]を下敷きに、1989年ロンドンで初演されたミュージカルである。

スタッフ編集

日本での公演編集

日本では劇団四季により青山劇場1992年に初演された。同劇団版のタイトル表記は『アスペクツ オブ ラブ』(中点を入れない)。2012年公演版より『アスペクツ オブ ラブ 恋はすべてを変える』のタイトルになる。

上演歴編集

  • 2012年5月26日〜7月7日 自由劇場
  • 2012年7月16日〜8月12日 京都劇場

スタッフ編集

これまでの主要キャスト編集

※太字は2012年7月現在キャスティングされているキャスト。

脚注編集

  1. ^ 日本では橋本福夫訳『愛のさまざま』(新潮社1957年)として出版されていた。

外部リンク編集