メインメニューを開く

アスマラ地震(アスマラじしん)は、1913年2月27日アフリカ東部で起きた地震。後年にも大地震が起きていることから、「1913年アスマラ地震」と呼ぶ場合もある。

1913年アスマラ地震
アスマラ地震 (1913年)の位置(エリトリア内)
アスマラ地震 (1913年)
本震
発生日 1913年2月27日
座標 北緯15度36分 東経38度54分 / 北緯15.6度 東経38.9度 / 15.6; 38.9座標: 北緯15度36分 東経38度54分 / 北緯15.6度 東経38.9度 / 15.6; 38.9
被害
被害地域 エリトリアの旗 エリトリアエチオピアの旗 エチオピアスーダンの旗 スーダン
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

概要編集

1913年2月27日にエリトリアアスマラ郊外で発生した。地震についての詳しい記録は、高頻度の大きな余震の為に存在していない[1]。この地震が感じられた地域はスーダンカッサラ及びエチオピア北部の広い範囲に及んだ。このうち、アスマラ及びケレンでは甚大な損害があった。

脚注編集

  1. ^ Ambrayses, Nicholas; Melville, C.P., Adams, R.D. (1994). The Seismicity of Egypt, Arabia and the Red Sea: A Historical Review. Cambridge University Press. ISBN 0-521-39120-2. 

関連項目編集