グアイアズレンスルホン酸

医薬品

グアイアズレンスルホン酸ナトリウム[1](Sodium guaiazulenesulfonate)またはアズレンスルホン酸ナトリウム または ナトリウムグアレナート(Sodium gualenate)は、抗炎症作用を持つ医薬品の一つである。含嗽剤(うがい薬)、点眼剤、散剤などの剤形がある。アズレンの誘導体であり、色は青い。

グアイアズレンスルホン酸
Sodium gualenate.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
6223-35-4
ATCコード S01XA01 (WHO)
PubChem CID: 23669592
KEGG D02075
ChEMBL CHEMBL1837010
化学的データ
化学式C15H17NaO3S
分子量300.35 g·mol−1
テンプレートを表示

効能・効果編集

  • 含嗽剤[2]:咽頭炎、扁桃炎、口内炎、急性歯肉炎、舌炎、口腔創傷
  • 点眼剤[3]:急性結膜炎、慢性結膜炎、アレルギー性結膜炎、表層角膜炎、眼瞼縁炎、強膜炎
  • 散剤・錠剤 (L-グルタミン配合剤)[4]:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎

副作用編集

重大な副作用は知られていない。

  • 含嗽剤:口中の荒れ感(0.1%)
  • 点眼剤:眼瞼の腫脹,発赤,瘙痒感(0.1%未満)
  • 散剤・錠剤:悪心、嘔吐、便秘、下痢、腹痛、膨満感、顔面紅潮(5%未満 )等

作用機序編集

グアイアズレンスルホン酸は、in vitro において白血球遊走阻止作用や、肥満細胞からのヒスタミン遊離抑制作用を示す[5]。また、その作用は下垂体副腎系を介さず、炎症組織に対する直接的な局所作用であると考えられている[5]

参考資料編集

  1. ^ KEGG DRUG: ナトリウムグアレナート”. www.kegg.jp. 2021年5月18日閲覧。
  2. ^ 含嗽用ハチアズレ顆粒 添付文書”. www.info.pmda.go.jp. PMDA. 2021年5月18日閲覧。
  3. ^ AZ点眼液0.02% 添付文書”. www.info.pmda.go.jp. PMDA. 2021年5月18日閲覧。
  4. ^ マーズレンS配合顆粒 添付文書”. www.info.pmda.go.jp. PMDA. 2021年5月18日閲覧。
  5. ^ a b アズノールうがい液4% (PDF)”. 日本新薬 (2011年1月). 2015年3月18日閲覧。