アゼパン (Azepane) は飽和の7員環含窒素複素環式化合物である。ヘキサメチレンイミン (HMI) とも呼ばれる。 シクロヘプタンの1つの炭素原子が窒素原子に置き換わった化合物に相当する。環状の第二級アミンであり、医薬品や農薬の原料として用いられる。良く知られているアゼパンの誘導体にε-カプロラクタム(アゼパン-2-オン)がある。ヘキサメチレンジアミン水素化分解によって生産される[2]

アゼパン
Skeletal formula of azepane Ball-and-stick model of the azepane molecule
識別情報
CAS登録番号 111-49-9 チェック
PubChem 8119
ChemSpider 7828 チェック
ChEBI
ChEMBL CHEMBL1375444 ×
特性
化学式 C6H13N
モル質量 99.17 g mol−1
外観 無色液体
密度 0.88 g/cm3[1]
融点

-37 °C, 236 K, -35 °F

沸点

138 °C, 411 K, 280 °F [1]((749 mmHg))

危険性
引火点 30 °C (86 °F; 303 K)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

参考文献編集

  1. ^ a b Hexamethyleneimine”. 2019年5月23日閲覧。
  2. ^ Karsten Eller, Erhard Henkes, Roland Rossbacher, Hartmut Höke (2005). “Amines, Aliphatic”. Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. Weinheim: Wiley-VCH. doi:10.1002/14356007.a02_001. 

関連項目編集