アゼルバイジャンの水域

ウィキメディアの一覧記事

アゼルバイジャンの水域(アゼルバイジャンのすいいき)は地質時代の長期間にわたって形成し、その間にも多くの変化を遂げている。その証拠に古代の河川跡がアゼルバイジャン国中で点在している。アゼルバイジャンは自然の力と人類の工業活動による影響を受けており、その結果人工的な川(運河)や貯水湖もアゼルバイジャンの水域に含まれている。

カスピ海海岸、ホヴサン英語版にて。

水路学上、アゼルバイジャンの水域はカスピ海盆地の一部である[1]

河川編集

 
アゼルバイジャンの全ての川が流れるカスピ海流域
 
クラ川アラス川はアゼルバイジャン最長の川であり、その流域はアゼルバイジャンのほぼ全域を含む。
 
アラス川、アゼルバイジャン領ナヒチェヴァン自治共和国イランの国境近くにて。

アゼルバイジャンの水域は主に河川で構成される。アゼルバイジャン国内の川は8,359本あり、うち8,188本は長さ25km以下であり、24本は長さ100km以上である。

アゼルバイジャンを流れる最も長い河川は下記がある[2]

水系編集

アゼルバイジャンの河川は主に下記の3グループに分けることができる[1]

  1. クラ川盆地の河川(カニックス川Qanix、カビッリ川Qabirri、テュリャン川、アグステフ川、シェキール川Shekir、タルタル川、ハチン川Khacinなど)
  2. アラス川盆地の河川(アルパチャイ川Arpachay、ナフチヴァン川Nakhchivan、オフチュー川Okhchu、ヘケリー川Hekeri、コンデレンチャイ川Kondelenchayなど)
  3. カスピ海に直接流れる河川(サムル川、グジャール川Gudyal、ベルベレ川Velvele、ヴィレシュ川、レンケラン川Lenkeranなど)

アゼルバイジャンの水系は気候、地質、土壌、植生などの影響を受けている[1]。標高が高くなるにつれて、水系の密度はまず上がり、続いて下がる。タリシュ地域を除き、水系の密度が最も高いのは標高1,000-2,500mの1-2 km/km²であり、一方タリシュ地域では標高500-1,000mで密度が最も高くなる(1.6-2.2 km/km²)。密度の全国平均は0.39 km/km²であり、平原での密度0.05 km/km²よりも低い。

編集

貯水湖編集

アゼルバイジャンでは河川の水流、及び水資源とエネルギー資源を制御するために60以上の貯水湖が建設されている。

アゼルバイジャン国内の大型貯水湖には下記がある。

脚注編集

  1. ^ a b c Inland waters”. State Land and Cartography Committee (Azerbaijan). 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c d Rivers, Lakes and Reservoirs of Azerbaijan Republic”. Ministry of Ecology and Natural Resources (Azerbaijan). 2014年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集