メインメニューを開く

アゼルバイジャン航空Azerbaijan Airlines)はアゼルバイジャンバクーを拠点とする航空会社であり、同国のフラッグキャリアである。

アゼルバイジャン航空
Azerbaijan Airlines
IATA
J2
ICAO
AHY
コールサイン
AZAL
設立 1992年4月7日
ハブ空港 ヘイダル・アリエフ国際空港
マイレージサービス AZAL Miles
会員ラウンジ AZAL Business Class Lounge
保有機材数 21機(15機発注中)
就航地 26都市
代表者 Jahangir Askerov (President)
外部リンク http://www.azal.az/
テンプレートを表示

歴史編集

1992年4月7日に設立。当初はアエロフロートから引き継いだ旧ソ連機がメインだったが、初の西側機としてボーイング727ボーイング707を導入。その後もボーイング757ボーイング737エアバスA319エアバスA320などといった最新型の機材を導入している。現在はバクーのヘイダル・アリエフ国際空港を拠点にCIS諸国、ヨーロッパ、中東各国、そして中国への路線を運航している。また同社は株式の全てをアゼルバイジャン政府が保有する完全な国営企業である。

また2014年12月23日にCIS諸国では初めてボーイング787を受領した[1]

アゼルバイジャン航空はボーイング737MAX10機を将来的に導入する予定であったが、2018年に発生したライオン・エア610便墜落事故、及びそれから半年経たずして起きたエチオピア航空302便墜落事故の報を受け、2019年6月3日、アゼルバイジャン航空はボーイング737MAXの導入取りやめを発表し、10機あったオーダーを全てキャンセルした(詳細は「ボーイング737 MAXにおける飛行トラブル」を参照)。

就航地編集

アジア編集

東アジア

中央アジア

西アジア

ヨーロッパ編集

 北米 編集

保有機材編集

運航機材編集

2019年8月現在、アゼルバイジャン航空の機材は以下の通りである。

アゼルバイジャン航空 運航機材一覧[4]
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
C Y+ Y Total
エアバスA319-100 4 24 90 114 うち1機はアゼルバイジャン政府のVIP機
エアバスA320-200 7 20 126 146 うち1機はアゼルバイジャン政府のVIP機
エアバスA340-500 2 36 201 237
エアバスA340-600 1 アゼルバイジャン政府のVIP機
ボーイング757-200 2 22 158 180
ボーイング767-300ER 3 22 176 198 うち1機はアゼルバイジャン政府のVIP機

また旅客型のうち1機はWL装着機

ボーイング787-8 2 5 18 35 157 210
イルクートMS-21 10
合計 21 15

同社が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は2Lで、767-32Lなどと表記される。

退役済機材一覧編集

共同運航(コードシェア)提携先編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ボーイング、アゼルバイジャン航空に787 CIS諸国初納入 - Aviation Wire 2014年12月24日
  2. ^ a b c d e AZAL announces a new program of flights to popular Turkish resort cities Archived 2016年2月1日, at the Wayback Machine. - ABC.az 2016年1月26日
  3. ^ AZAL to resume flights to Berlin - AZERNEWS 2015年12月25日
  4. ^ Our Fleet” (英語). Azerbaijan Airlines. 2019年9月7日閲覧。

外部リンク編集