メインメニューを開く

アダストリアみとアリーナ(あだすとりあみとありーな)は、茨城県水戸市東町運動公園内にある屋内スポーツ施設である。なお、このページでは前身である『茨城県立スポーツセンター体育館』も述べる。

アダストリアみとアリーナ
ADASTRIA MITO ARENA
施設情報
正式名称 東町運動公園新体育館
用途 スポーツイベントなど
収容人数 5,000人
建築主 水戸市
構造形式 SRC造、一部S造
建築面積 11,146.73m²
延床面積 16,803.73m²
階数 地上3階、地下1階
高さ 22.68m
着工 2017年
竣工 2019年
所在地 310-0034
茨城県水戸市緑町2-3-10
東町運動公園
位置 北緯36度22分50.6秒 東経140度26分57.3秒 / 北緯36.380722度 東経140.449250度 / 36.380722; 140.449250座標: 北緯36度22分50.6秒 東経140度26分57.3秒 / 北緯36.380722度 東経140.449250度 / 36.380722; 140.449250

概要編集

東町運動公園には1963年に完成した「茨城県立スポーツセンター体育館」があったが老朽化に伴い、2015年8月31日に閉館した。その後同公園は2015年9月1日付で茨城県から水戸市に移管され[1]、同体育館に代わる新しい体育館が建設された。2018年10月に水戸市に本店所在地を持つアダストリアが東町運動公園新体育館の命名権を取得。愛称として「ADASTRIA MITO ARENA」(アダストリアみとアリーナ)と名付けられた[2]

収容人数は5,000人で県内では最大の収容人数を誇る。また、B.LEAGUEサイバーダイン茨城ロボッツのホームアリーナや2019年に開催されるいきいき茨城ゆめ国体レスリングフェンシングの会場として使用される。

施設概要編集

  • メインアリーナ
    • 床面積:3,255平方メートル
    • 有効寸法:69m×46m
    • アリーナ有効高さ:14.0m
    • 観客席:3,938席(固定席:2,382席、可動席:1,548席、車いす席:8席)
    • 収容人員:5,000人
  • サブアリーナ
    • 床面積:997平方メートル
    • 有効寸法:38m×25m
    • アリーナ有効高さ:12.5m
    • 観客席:198席(固定席:192席、車いす席:6席)
  • レスリング場
  • フェンシング場
  • ボクシング場
  • トレーニング室
  • 多目的室
  • 会議室
  • ランニングコース
  • 防災倉庫

茨城県立スポーツセンター体育館編集

茨城県立スポーツセンター体育館
施設情報
正式名称 茨城県立スポーツセンター体育館
用途 スポーツイベントなど
収容人数 3,440人
建築主 茨城県
事業主体 茨城県教育委員会
管理運営 特定非営利活動法人日本スポーツ振興協会
構造形式 鉄骨・鉄筋コンクリート造
建築面積 4,055.83m²
延床面積 1,219.24m²
階数 地上2階
竣工 1963年8月
所在地 310-0034
茨城県水戸市緑町2-3-10
東町運動公園

茨城県立スポーツセンター体育館(いばらきけんりつスポーツセンター体育館)は、かつて茨城県水戸市東町運動公園内にあった屋内スポーツ施設である。1963年8月開館。

2006年4月1日より特定非営利活動法人日本スポーツ振興協会(日本スポーツ振興センターとは無関係)が管理運営に当たっていた[3]。しかし、築52年と老朽化していたことや、2019年に開催される「いきいき茨城ゆめ国体」に伴う施設整備に伴い、2015年8月31日をもって閉館した[4]

施設編集

  • 競技場
    • 有効床面積 1,219.24m2
    • バスケットボール2面、バレーボール2面、バドミントン8面、卓球、フェンシング、レスリング
    • 固定席1,440人、移動席2,000人
  • フェンシング場
    • 面積207.4m2
    • フェンシング、卓球
  • レスリング場
    • 有効床面積372.6m2
    • レスリング、卓球
  • ボクシング場
    • 有効床面積186.3m2
    • ボクシングリング

主な大会・イベント編集

交通アクセス編集

  • JR水戸駅よりバスに乗車、東原1丁目下車。

脚注編集

外部リンク編集