アダド・ニラリ2世

アダド・ニラリ2世(在位:前911年[1]-前891年)はアッシリアの王。一般的に新アッシリア時代最初のアッシリア王であると考えられている。

アダド・ニラリ2世
在位 前912年-前891年

死去 前891年
子女 トゥクルティ・ニヌルタ2世
父親 アッシュール・ダン2世
テンプレートを表示

来歴編集

 
アダド・ニラリ2世時代における古代オリエントの経済的復興

アダド・ニラリ2世の父はアッシュール・ダン2世である。アダド・ニラリ2世は小規模な宮廷闘争の後に王位を継承した。王位継承がアッシリアの名目的な属国の間での反乱を誘発した可能性が高い。

彼はそれまでは名目的にアッシリアの下にあったに過ぎない諸地域をしっかりと確保した。ハブール川ユーフラテス川の合流点で前910年に戦い、問題の種となっていた現地のアラム人を征服し追放した。北方で新ヒッタイトフルリ人を平定した後、アダド・ニラリ2世はバビロニアシャマシュ・ムダミク英語版を2度攻撃し打ち破った。また同年中にディヤラ川北方の広大な領域と中部メソポタミアヒートザンク英語版を併合した。また治世の後半にはバビロニアナブー・シュマ・ウキン1世英語版時代)からさらに領土を獲得した。西方でも遠征を行い、アラム人の都市Kadmuhとヌサイビン英語版(ニシビス)を平定した。彼は膨大な量の戦利品とともに、ハブール川地方も確保した[2]。彼の治世は 古代オリエントの経済的な復興の時代にあたっており、フェニキアとアラムの交易路が拡大し、アナトリアとリビア人(第22王朝支配下のエジプト、メソポタミア、地中海が結びつけられた。

アダド・ニラリ2世の息子トゥクルティ・ニヌルタ2世も敵国との戦いを続けた[2]

アダド・ニラリ2世の治世から前7世紀半ばのアッシュールバニパルの治世までの完全なリンム表(一年任期で交代するリンム職の名前を記したリスト)が残されており、恐らく古代オリエント史において正確に編年を復元できる最初の年はアダド・ニラリ2世の治世第1年(前911年)である。ただし、『アッシリア王名表』は一般にアダド・ニラリ2世より数世紀前までの期間において相当正確であると考えられており、学者たちは前12世紀後半のアッシュール・レシュ・イシ1世の時代まで共通した編年体系を用いている。

脚注編集

  1. ^ Bertman, Stephen (2005). Handbook to Life in Ancient Mesopotamia. New York: Oxford UP. p. 74 
    (『古代メソポタミアにおける生活の入門書』(著:ステファン・バートマン、オックスフォード大学出版、2005年)p.74)
  2. ^ a b Healy, Mark (1991). The Ancient Assyrians. New York: Osprey. p. 6 
    (『古代アッシリア人』(著:マーク・ヘンリー、オスプレイ出版(英語版の脚注では米国ニューヨークとしているが、英国オックスフォード?)、1991年)p.6)
先代:
アッシュール・ダン2世
アッシリア王
前911-前891年
次代:
トゥクルティ・ニヌルタ2世