アダム・フィッシャー

アダム・フィッシャー(Ádám Fischer、1949年9月9日 - )は、ハンガリー指揮者

アダム・フィッシャー
Ádám Fischer
Adam Fischer.jpg
アダム・フィッシャー
基本情報
生誕 (1949-09-09) 1949年9月9日(72歳)
出身地  ハンガリーブダペスト
学歴 バルトーク音楽院ウィーン国立音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
担当楽器 ヴァイオリン

来歴編集

ブダペスト生まれのユダヤ系ハンガリー人。

バルトーク音楽院ウィーン国立音楽大学ハンス・スワロフスキーに学ぶ。

1973年グィード・カンテッリ指揮者コンクールで最高位を得たのち、カールスルーエグラーツの指揮者を経て、1981年フライブルクの音楽総監督に就任。ウィーン国立歌劇場ミラノ・スカラ座パリ・オペラ座ミュンヘンハンブルクなどでも成功を収め、オペラ指揮者としての名声を確立する。

2000年よりマンハイム国民劇場の音楽総監督に準・メルクルの後任として就任。マンハイム在任中の2001年には、急死したジュゼッペ・シノーポリの代役としてバイロイト音楽祭に『ニーベルングの指環』で初登場し、大成功を収める。その後も2004年まで『指環』の指揮を務め、2006年2007年には『パルジファル』を指揮した。2007年よりハンガリー国立歌劇場の音楽総監督に就任。2018年ウルフ賞芸術部門受賞。

バルトーク・ベーラなどハンガリー物はもちろん、グスタフ・マーラーや一連の歌劇など幅広いレパートリーを誇るが、自ら設立したオーストリア=ハンガリー・ハイドン管弦楽団とのハイドン交響曲全集のレコーディングは特に高く評価されている。

評価編集

情熱的な性格のためオーケストラと衝突することもあった[1]。フィッシャーの指揮で『新世界より』を演奏することになっていたNHK交響楽団の団員たちは、険悪な雰囲気のリハーサルに反発し、秘密裏に「繰り返しはしない」と示し合わせ、本番時の指揮を全員で無視した[1]。なお、同団の首席オーボエ奏者を務めた茂木大輔曰く、再演時には穏やかになったという[2]

家族編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集

  1. ^ a b 茂木 2020, p. 23.
  2. ^ 茂木 2020, p. 24.

参考文献編集

  • 茂木大輔 『交響録 N響で出会った名指揮者たち』音楽之友社、2020年。ISBN 9784276211315 
先代:
?
フライブルク劇場音楽総監督
1981–1984
次代:
?
先代:
?
カッセル国立劇場音楽総監督
1987–1992
次代:
?
先代:
-
オーストリア=ハンガリー・ハイドン管弦楽団音楽監督
1987–
次代:
先代:
?
デンマーク放送シンフォニエッタ音楽監督
1999–
次代:
先代:
準・メルクル
マンハイム国民劇場音楽総監督
2000–2005
次代:
フレデリック・シャスラン
先代:
タマーシュ・ヴァーシャリー
ハンガリー放送交響楽団首席指揮者
2006–
次代:
先代:
リコ・サッカーニ
ハンガリー国立歌劇場音楽総監督
2007–
次代: