アダム・ロバーツ

アダム・ロバーツ: Adam Roberts1965年 - )は、イギリスSF作家にして評論家。また、パロディ小説も書いており、そのときは A.R.R.R. RobertsA3R RobertsDon Brine といったペンネームを使っている。アバディーン大学で英文学を学び、ケンブリッジ大学ロバート・ブラウニングなどの古典を研究して博士号を取得。英文学および英作文の教授としてロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校に勤務。

アダム・ロバーツ

アーサー・C・クラーク賞に3度ノミネート(2001年の Salt 、2007年の Gradisil、2009年のYellow Blue Tibia)され、2012年のJack Glassでは英国SF協会賞キャンベル記念賞を受賞している。

主な著作編集

長篇編集

  • Salt (2000) ISBN 0-575-06896-5
  • On (2001) ISBN 0-575-07176-1
  • Stone (2002) ISBN 0-575-07396-9
  • Polystom (2003) ISBN 0-575-07541-4
  • The Snow (2004)
  • Gradisil (2006)
  • Land of the Headless (2007)
  • Splinter: A Voyages Extraordinaire (2007)
  • Swiftly: A Novel (2008)
  • Yellow Blue Tibia (2009)
  • New Model Army (2010)
  • By Light Alone (2011)
  • Jack Glass (2012)(ジャックグラス伝 ハヤカワ書房)
  • Twenty Trillion Leagues under the Sea (2014)
  • Béte (2014)
  • The Thing Itself (2016)
  • The Real-Town Murders (2017)
  • By the Pricking of Her Thumb (近刊予定)

パロディ編集

評論編集

  • Science Fiction: the New Critical Idiom (2000年、第二版は2005年)
  • The History of Science Fiction (Palgrave Histories of Literature) (2006年)

外部リンク編集