アダルベール (ロレーヌ公)

ロレーヌ公アダルベールフランス語:Adalbert, duc de Lorraine)または上ロートリンゲン公アダルベルトドイツ語:Adalbert, Herzog von Oberlothringen, 1000年 - 1048年11月11日)は、シャトノワ家で最初のロレーヌ公(上ロートリンゲン公)(在位:1047年 - 1048年)。メス伯(メッツ伯)ジェラール4世と妻ギーゼラとの間の息子。

生涯編集

1044年、ロートリンゲン公ゴツェロ1世が死去したが、その長男ゴットフリート3世ゴツェロ1世の遺領のうち上ロートリンゲン公領のみ相続が許され、下ロートリンゲン公領は弟ゴツェロ2世に分割相続されることとなった。これに不満であったゴットフリート3世は、皇帝ハインリヒ3世に対し反乱を起こした。それに対し、ハインリヒ3世は1047年にゴットフリート3世より上ロートリンゲン公位を取り上げ、親族にあたる[1]アダルベールに与え、対ゴットフリートの戦闘を任せた。しかし翌1048年、アダルベールはゴットフリートとの戦いにおいて戦死し、上ロートリンゲン公位は弟ジェラールに与えられた。

脚注編集

  1. ^ 皇帝ハインリヒ3世の父方の祖母アーデルハイト・フォン・メッツはアダルベールの祖父アダルベール2世の姉妹にあたり、従ってハインリヒ3世とアダルベールとは再従兄弟の関係となる(ジラール家#系図参照)。

参考文献編集

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年、pp. 271 - 273
先代:
ゴットフリート3世
ロレーヌ公
1047年 - 1048年
次代:
ジェラール