アチュタ・デーヴァ・ラーヤ

アチュタ・デーヴァ・ラーヤテルグ語:అచ్యుత దేవ రాయలు, タミル語:அச்சுத தேவ ராயன், Achyuta Deva Raya, 生年不詳 - 1542年)は、南インドヴィジャヤナガル王国トゥルヴァ朝の君主(在位:1529年 - 1542年)。

アチュタ・デーヴァ・ラーヤ
అచ్యుత దేవ రాయలు
ヴィジャヤナガル
Achyuta Deva Raya and his Queen.jpg
アチュタ・デーヴァ・ラーヤとその妃
在位 1529年 - 1542年

死去 1542年
子女 ヴェンカタ1世
王朝 トゥルヴァ朝
父親 トゥルヴァ・ナラサー・ナーヤカ
テンプレートを表示

生涯編集

 
アチュタ・デーヴァ・ラーヤの事跡が記されたカンナダ語碑文(1539年ティンマラプラ

1529年、兄王クリシュナ・デーヴァ・ラーヤが死亡し、宰相のヴィーラ・ナラシンガ・ラーヤクリシュナ・デーヴァ・ラーヤの娘婿ラーマ・ラーヤがその後継をめぐり争い、前者の推した王弟アチュタ・デーヴァ・ラーヤが王となった。

だが、アチュタ・デーヴァ・ラーヤとヴィーラ・ナラシンガ・ラーヤはすぐに不仲となり、ヴィーラ・ナラシンガ・ラーヤはケーララ地方の領主らと組んで王に反乱を起こしたが、これは鎮圧された。

その後、アチュタ・デーヴァ・ラーヤは兄王クリシュナ・デーヴァ・ラーヤの治世末期にビジャープル王国に奪われたライチュール地方に兵を送り、この地方を奪還した。

一方、1530年代、武将のサラカラージュ・チンナ・ティルマラという人物がケーララ地方に遠征するなどして功を挙げたが、彼の姉妹はアチュタ・デーヴァ・ラーヤの妃であった。

とはいえ、1540年頃にアチュタ・デーヴァ・ラーヤはラーマ・ラーヤの姦計に陥り、晩年にはその実権を奪われていた。 1542年、アチュタ・デーヴァ・ラーヤは死亡し、その幼い息子のヴェンカタ1世が王位を継承した。

ギャラリー編集

参考文献編集

  • 辛島昇 『新版 世界各国史7 南アジア史』 山川出版社、2004年。 
  • 辛島昇 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』 山川出版社、2007年。 

関連文献編集

  • Prof K.A. Nilakanta Sastry, History of South India, From Prehistoric times to fall of Vijayanagar, 1955, OUP, New Delhi (Reprinted 2002)

関連項目編集