アッシュール・シャドゥニ

アッシュール・シャドゥニAššur-šaddûni、または-šaduni[1]maš-šur-KUR-ú-ni[i 1]/[maš-šur-K]UR-u-ni[i 2]、「アッシュール神は我らが山[2]」)は「一ヶ月間[3](1 UTU UD.MEŠ-te[4])」だけアッシリアを統治した君主。在位は前15世紀半ばであり、『アッシリア王名表』において第64代の王として登場する。父ヌル・イリの地位を継承したが、おじであるアッシュール・ラビ1世のクーデターによって追放された。

アッシュール・シャドゥニ
アッシリア王
在位 前1454年頃(1ヶ月間)

父親 ヌル・イリ
テンプレートを表示

来歴編集

アッシュール・シャドゥニの後に続く2人のアッシリア王の在位期間が不明であるため、彼は『アッシリア王名表』後半部の強固な編年から有意に切り離されており、その王位継承の年次には不確実性が残されている[5]。アッシュール・シャドゥニとその前任者及び後継者の同時代の碑文は現存していないが、彼の名前は『アッシリア王名表』のバージョンのうち2つ(『コルサバド王名表』『SDAS王名表』)に登場し、また『対照王名表(Synchronistic Kinglist[i 3]』の最初の列の終わり、カッシート王朝バビロンカシュティリアシュ3世英語版の後継者の1人が入ると想定され得るであろう位置と同じ階層に、かすかに残されている[3]

『アッシリア王名表』は彼の地位が失われたことを次のように説明している。「ina GIŠ.GU.ZA ú-šat-bi GIŠ.GU.ZA iṣ-bat, 「(アッシュール・シャドゥニ)は王座から、彼は除かれた。王座を彼(アッシュール・ラビ)が奪い取った[4]。」

記録編集

  1. ^ Khorsabad Kinglist tablet IM 60017 (excavation nos.: DS 828, DS 32-54), ii 43.
  2. ^ SDAS Kinglist, tablet IM 60484, ii 32.
  3. ^ Synchronistic Kinglist, Ass 14616c (KAV 216), i 25'.

脚注編集

  1. ^ šadû q CAD š 1 p. 58.
  2. ^ E. Frahm (1998). K. Radner. ed. The Prosopography of the Neo-Assyrian Empire, Volume 1, Part I: A. The Neo-Assyrian Text Corpus Project. p. 215 
  3. ^ a b A. K. Grayson (1972). Assyrian Royal Inscriptions, Volume 1. Otto Harrassowitz. pp. 37–38 
  4. ^ a b I. J. Gelb (1954). “Two Assyrian King Lists”. Journal of Near Eastern Studies 13 (4): 212, 226. 
  5. ^ Margaret S. Drower (1973). “Syria, c. 1550–1400 BC”. The Cambridge Ancient History Volume 2, Part 1: The Middle East and the Aegean Region, c.1800-1380 BC. Cambridge University Press. p. 443 
先代:
ヌル・イリ
アッシリア王
前1454年頃
次代:
アッシュール・ラビ1世