アッシリア捕囚Assyrian captivity of Israel)とは、新アッシリア王国君主ティグラト・ピレセル3世シャルマネセル5世によるイスラエル王国(北王国)占領後に、それに続くサルゴン2世とその後継者センナケリブイスラエル王国(北王国)の10部族と、ユダ王国(南王国)46の街の住民を捕虜としてアッシリアに連れ帰った事件。

新アッシリアによるアッシリア捕囚
イスラエルの歴史
Kotel Israel.jpg
この記事はシリーズの一部です。

イスラエル ポータル
· ·

エルサレムは包囲したが占領はしなかった。連れ去られた部族は「失われた10部族(Ten Lost Tribes)」として語られる。

聖書の記録編集

紀元前740年代頃、捕囚開始。ルベン族ガド族マナセ族の捕囚。 [1][2]

紀元前722年シャルマネセル5世による3年の包囲の後に、サルゴン2世イスラエル王国の都サマリアを占領 [3][4]

アッシリアの記録編集

サルゴン2世によってサマリア(イスラエル王国)から 27,290人の捕虜[5]

サルゴン2世は、ドゥル・シャルキン(コルサバド)の壁に遠征を記録[5]

捕囚の終焉編集

ヤコブの手紙1章1節でヤコブは「国外へ散った十二部族に挨拶を送ります」としている。つまり部族は消滅してなかったと結論付けられる。[7]

参照編集

  1. ^ I Chronicles
  2. ^ II Kings
  3. ^ II Kings
  4. ^ KJV
  5. ^ a b Luckenbill, Daniel David. Ancient Records of Assyria and Babylon, 1989, ISBN 1-85417-049-X
  6. ^ ミシュナーサンヘドリン 110b
  7. ^ 北の10部族は失われていますか” (日本語). 聖書入門.com. 2020年8月4日閲覧。

文献編集

関連項目編集