メインメニューを開く

アッツ島(アッツとう、: Attu Island)は、アラスカ州アリューシャン列島ニア諸島最西部にあるアメリカ領の。東西70km、南北30kmの大きさ[2]。かつて日本軍によって熱田島(あつたとう)と命名された[3]

アッツ島
Attu sat.jpg
アッツ島(航空写真)
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在海域 太平洋ベーリング海
所属諸島 ニア諸島[1]
座標 北緯52度54分09秒 東経172度54分34秒 / 北緯52.90250度 東経172.90944度 / 52.90250; 172.90944座標: 北緯52度54分09秒 東経172度54分34秒 / 北緯52.90250度 東経172.90944度 / 52.90250; 172.90944
面積 892.8 km²
海岸線長 56 km
最高標高 897.9 m
AKMap-doton-AttuStation.PNG
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
1~5 - ニア諸島 1 - アッツ島 2 - アガッツ島 3~5 - セミチ諸島 3 - アライド島 4 - ニズキ島 5 - シェムリャ島 6 - ブルダー島 7~15 - ラット諸島 7 - キスカ島 8 - 小キスカ島 9 - セグラ島 10 - クヴォストフ島 11 - ダヴィドフ島 12 - 小スィッキン島 13 - ラット島 14 - アムチトカ島 15 - セミソポクノイ島

2015年現在、厳しい上陸規制があるため無人であり[2]アメリカ沿岸警備隊の巡回以外に上陸者はいない。

島内に存在する飛行場の滑走路は、老朽化が進み大型機の着陸は不可能とされている。重機を運び込むことも難しく補修計画は立てられていない[4]

アッツ島の戦い編集

アッツ島は、第二次世界大戦の際には日本軍アメリカ軍による激戦が展開され日本軍が玉砕して敗れた。第二次世界大戦で、唯一北米大陸での地上戦が行われた場所として、1985年にアメリカの歴史遺産に指定されている[2]1987年には日本政府によりアッツ島の戦いを記念した「北太平洋戦没者の碑」が玉砕の地である雀ケ丘に建てられ、「さきの大戦において北太平洋の諸島及び海域で戦没した人々をしのび平和への思いをこめてこの碑を建立する」との銘が刻まれた。2010年NHKスペシャル『玉砕 隠された真実』の制作にあたっては、NHKとアメリカ政府との交渉により上陸・撮影の許可が下りている。

気候編集

 
北太平洋戦没者の碑(2007年7月に撮影)

アッツ島の気候は、アリューシャン列島の気候としては一般的なもので曇りや雨・雪、霧が多く、時折強風も吹く。晴天は1年に8-10日ほどしかない。残りの日は雨が降っていなくても濃さの程度の差はあれ霧が出ているのが通常である。雨などによる年間降水量は39–49インチ (990–1,200mm) で、秋から初冬にかけて最も降水が多い。 ケッペンの気候区分によると、アッツ島は西岸海洋性気候Cfc)でツンドラ気候ETf)に限りなく近い。高緯度のため気候は非常に寒く、日中の最高気温は夏でも50°F台半ば(10℃台前半)にしかならない。

アッツ島の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 9
(49)
11
(51)
9
(49)
10
(50)
15
(59)
18
(64)
22
(72)
21
(70)
20
(68)
16
(61)
12
(54)
9
(49)
22
(72)
平均最高気温 °C (°F) 1.3
(34.4)
1
(34)
1.8
(35.3)
3.6
(38.5)
5.9
(42.7)
9.1
(48.4)
11.4
(52.6)
12.8
(55.1)
11.2
(52.2)
8.2
(46.8)
4
(40)
2.1
(35.7)
6
(43)
日平均気温 °C (°F) −0.9
(30.4)
−1
(30.2)
−0.3
(31.5)
1.6
(34.8)
3.8
(38.9)
6.6
(43.9)
9.1
(48.4)
10.3
(50.5)
8.8
(47.8)
5.6
(42.1)
1.9
(35.5)
−0.1
(31.9)
3.8
(38.8)
平均最低気温 °C (°F) −3.2
(26.3)
−3.1
(26.4)
−2.4
(27.6)
−1
(31)
1.7
(35.1)
4.1
(39.4)
6.8
(44.2)
7.7
(45.8)
6.3
(43.3)
3
(37.4)
−1
(31)
−2.2
(28.1)
1.4
(34.6)
最低気温記録 °C (°F) −15
(5)
−14
(7)
−15
(5)
−12
(10)
−9
(15)
−7
(19)
−4
(24)
−2
(28)
−7
(20)
−6
(21)
−9
(15)
−17
(2)
−17
(2)
降水量 mm (inch) 96.8
(3.81)
91.7
(3.61)
83.1
(3.27)
96.3
(3.79)
72.6
(2.86)
74.7
(2.94)
107.4
(4.23)
152.9
(6.02)
160.5
(6.32)
168.4
(6.63)
115.6
(4.55)
117.1
(4.61)
1,337.1
(52.64)
降雪量 cm (inch) 41.1
(16.2)
42.9
(16.9)
38
(15)
16.5
(6.5)
2.8
(1.1)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
1.5
(0.6)
18
(7.1)
33
(13)
193.8
(76.3)
平均降水日数 19 17 18 16 13 11 13 15 17 19 20 19 197
出典: [5]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 鶴見英策. “アッツ島”. コトバンク. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2019年6月25日閲覧。
  2. ^ a b c アッツ島迫る「玉砕」…米軍上陸直前の写真残る 読売新聞 2015年7月11日(土)20時48分配信
  3. ^ アッツ‐とう ‥タウ【アッツ島】”. コトバンク. 精選版 日本国語大辞典. 2019年6月25日閲覧。
  4. ^ アッツ慰霊、孫世代へ…23年ぶり巡拝計画”. 読売新聞 (2019年1月14日). 2019年6月2日閲覧。
  5. ^ ATTU, AK (500452)”. Western Regional Climate Center. 2015年11月18日閲覧。