アッティラ (小惑星)

小惑星

アッティラ (1489 Attila) は小惑星帯に位置する小惑星

アッティラ
1489 Attila
仮符号・別名 1939 GC
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
テミス族
発見
発見日 1939年4月12日
発見者 クリン・ジェルジュ
軌道要素と性質
元期:2008年5月14日 (JD 2,454,600.5)
軌道長半径 (a) 3.209 AU
近日点距離 (q) 2.779 AU
遠日点距離 (Q) 3.639 AU
離心率 (e) 0.134
公転周期 (P) 5.75 年
軌道傾斜角 (i) 2.42
近日点引数 (ω) 21.11 度
昇交点黄経 (Ω) 155.02 度
平均近点角 (M) 59.80 度
物理的性質
直径 30.27 km
絶対等級 (H) 11.10
アルベド(反射能) 0.0700
Template (ノート 解説) ■Project

1939年、ハンガリーの天文学者クリン・ジェルジュが、ブダペストコンコリー天文台英語版で発見した。

名称編集

5世紀に巨大な帝国を築き上げた、フン族アッティラ大王に因む[1]

命名は1980年2月の小惑星回報(MPC 5182)で公表された。このとき同時に、クリンの発見した小惑星に対して、(1444) Pannonia、(1452) Hunniaなどハンガリーに因んだ命名が行われている。

編集

  1. ^ MPC 5182(1980年2月1日)

関連項目編集

外部リンク編集