メインメニューを開く

アップルハウス』は、1980年10月4日から1981年3月28日までフジテレビ系列局(一部の系列局を除く)で放送されていたフジテレビ製作の音楽番組である。ハウス食品工業(現・ハウス食品)の一社提供。放送時間は毎週土曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

アップルハウス
Apple House
ジャンル 音楽番組
演出 浅見則夫
出演者 加藤和彦
竹内まりや
プロデューサー 石田弘
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年10月4日 - 1981年3月28日
放送時間 土曜 19:30 - 20:00
放送分 30分
テンプレートを表示

概要編集

フジテレビは1974年放送開始の『オールスター90分』以来6年間この時間帯に編成していた84分枠を廃し、19:30からの30分枠と20:00からの54分枠とに分割して置き換えた。その第1弾の番組としてスタートしたのがこのアップルハウスである(54分枠の方では『ピーマン白書』がスタート)。

司会は、音楽家の加藤和彦とシンガーソングライターの竹内まりやが務めていた。番組の構成は秋元康が担当していた。同局のプライムタイムでは既に『夜のヒットスタジオ』、『ミュージックフェア』と2本の音楽番組が放送されていたが、番組はこれらとの差別化を図るべく、収録は公開録画とし、出演者も若者に人気のあるロック、ニューミュージック系のアーティストを中心に据えていた。また、時には出演歌手が司会の加藤や竹内とセッションを行うこともあった。

後日談編集

2019年8月17日放送分の『ミュージックフェア』で竹内まりやが出演した時、当番組の第1回冒頭と、最終回で竹内が『不思議なピーチパイ』を歌う場面が放送された。なお『ミュージックフェア』司会の仲間由紀恵は当番組について、「フジテレビにVTRは存在せず、竹内の所有するビデオテープ(VHS)を使用した」と述べた。竹内は「放送当時、自宅でアップルハウスを録画しておいたVHSビデオテープの映像を達郎HDDに移して保存していた。こういう時に役に立つとは思っていなかった。また、西城秀樹とのデュエットの回の放送だけは(竹内は)録画しておらず自宅に残していなかったので今回番組で見れて嬉しい」と述べた。

フジテレビ系列 土曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
土曜ナナハン学園危機一髪
(1980年4月12日 - 1980年9月27日)
※19:30 - 20:54
アップルハウス
(1980年10月4日 - 1981年3月28日)
フーセンのドラ太郎
(1981年4月11日 - 1981年8月1日)