パイ > アップルパイ

アップルパイ: apple pie)とは、砂糖煮にしたリンゴを詰めてオーブンで焼いたパイのこと。

アップルパイ

アップルパイは国により形状や味が様々であり、オーストリアではパイ生地でロールケーキのように巻かれ、アプフェルシュトゥルーデルと呼ばれる[1]日本におけるアップルパイのステレオタイプ的な円形に成形され、パイ生地に包まれたアップルパイはアメリカのものである[1]

アップルパイにアイスクリームを添えて供されるものは、アップルパイ・ア・ラ・モードapple pie à la mode)と呼ばれる。

形状は円形のホール型、パイ生地でくるりと巻いたロール型、パイ生地でリンゴを挟んだサンドイッチ型など様々ある。リンゴは砂糖で煮詰めたプリザーブ状のものをパイ生地と一緒に焼くパターンもあれば、生のリンゴをそのままパイ生地と一緒に焼くパターンなど様々ある。

アメリカのアップルパイ編集

アップルパイはアメリカを代表するデザートで、「アップルパイのようにアメリカ的だ ('As American as apple pie') 」という慣用句があり[2]、日本人にとっての味噌汁同様に「おふくろの味」を連想させる。ヒットしたアメリカのコメディ映画(青春映画)にも『アメリカン・パイ』という作品があり、英語学習用の教材にもケイ・ヘザリ『American Pie』シリーズ(日本放送出版協会)がある。いずれもアップルパイを想定して名称がつけられている。

アメリカでのアップルパイの歴史は、イギリスからやってきたピルグリムがリンゴの種を蒔いて育て、収穫したリンゴでアップルパイを作ったことにさかのぼる。アメリカ東海岸から西へリンゴの種を蒔きながら移動したジョニー・アップルシードの伝承も有名である。リンゴは環境への適応が比較的強く、生水が危険で飲めず、小麦が貴重品だった当時はリンゴは重要な飲料水炭水化物の摂取源であり、貴重な小麦を嵩増しできるアップルパイは貴重な主食だったと言う[3]感謝祭には、七面鳥の丸焼きやコーンブレッドの他にアップルパイを出すことが多い。

19世紀にアメリカ西部に乗り出した開拓者たちの間で、リンゴを使わずにアップルパイのようなものを作る方法が考え出された。これは mock apple pie と呼ばれて、これをナビスコのリッツクラッカーを使って作るレシピが1930年代に広められた。この菓子は本物のアップルパイには及ばないものの、レモンやシナモンを使っており、リンゴを使って作ったものと近い味を出すように作られている。アップルパイという名称こそ付いているが、クッキーなどをパイ生地の代わりにするレシピとは別物である[要出典]

日本におけるアップルパイ編集

 
弘前アップルパイガイドマップ
 
直径2mの巨大アップルパイ
 
6種類のアップルパイ食べ比べ

りんごの生産量が日本一の青森県弘前市ではアップルパイを用いたイベントが行われている。

弘前アップルパイガイドマップ[4]
(公社)弘前観光コンベンション協会が発行しているパンフレット。2020年2月発行の第13版には、44店舗のアップルパイが掲載されている。パンフレットには、写真サンプルの他に①甘味、②酸味、③シナモン使用量を見える化し、比較できるように表示されている。また、観光案内所のコンシェルジュが自ら弘前市内の菓子店を取材しており、取材者の食べてみた感想や印象も書かれている。弘前市立観光館や観光関連施設に置かれており、無料で手に入れることができる。
巨大アップルパイ世界に挑戦する会
「りんごのまち弘前」PRを目的に、巨大アップルパイでのギネス認定を目指している[5] 。現在、直径3mの巨大アップルパイまで焼くことができている。
アップルパイの食べ比べ
弘前市には、地元産素材使用のアップルパイを焼く店が多数存在し、毎週土日にはアップルパイの食べ比べがルネスアベニュー 内で行われていたが[6] 、ルネスアベニューが2017年3月31日をもって閉店したことにより、現在は実施されていない。

アップルパイ用リンゴ品種の一覧編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

参考文献編集

  • 猫井登『お菓子の由来物語』幻冬舎、2008年9月。ISBN 978-4779003165

関連項目編集

外部リンク編集