アテナイのプルタルコス

古代末期のギリシアの哲学者

アテナイのプルタルコス古希: Πλούταρχος ὁ Ἀθηναῖος : Plutarch of Athens, 431年/432年[1])は、東ローマ帝国初期・古代末期哲学者新プラトン主義者。アテナイアカデメイア学頭英語版シュリアノスプロクロスの師。ネストリオスの子プルタルコス[2]とも呼ばれる。

アカデメイアは、前1世紀ミトリダテス戦争中のスラによる略奪や、アンティオコスの分離独立以来、歴史の表舞台から消えていた[2]。これを「継承者」(ディアドコス)を名乗って再興したのが、アテナイのプルタルコスである[2]

著作にアリストテレス魂について』や諸プラトン対話篇の註解があったが、現存しない[1]

弟子に次代学頭シュリアノスとその次代学頭プロクロス、実子にヒエリオス英語版アスクレピゲニア英語版がいた。

プロクロスとは死の2年前に出会い、高齢を押して『魂について』『パイドン』を講読し、実子同然に扱い共同生活をした[3]

脚注編集

  1. ^ a b Plutarch of Athens | Greek philosopher | Britannica” (英語). www.britannica.com. 2022年11月8日閲覧。
  2. ^ a b c 廣川 1980, p. 233f.
  3. ^ 堀江 & 西村 2014, p. 191.

参考文献編集

  • 廣川洋一 『プラトンの学園アカデメイア』岩波書店、1980年。 ※講談社〈講談社学術文庫〉1999年。
  • 堀江聡; 西村洋平 著「プロクロス」、水地宗明; 山口義久; 堀江聡 編 『新プラトン主義を学ぶ人のために』世界思想社〈学ぶ人のために〉、2014年。ISBN 9784790716242