メインメニューを開く

アテネウム美術館(アテネウムびじゅつかん、Ateneum Art Museum)は、フィンランドヘルシンキにあるフィンランド国立の美術館[2]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg アテネウム美術館
Ateneum Art Museum
Helsinki July 2013-26a.jpg
正面外観
アテネウム美術館の位置(ヘルシンキ内)
アテネウム美術館
ヘルシンキ内の位置
アテネウム美術館の位置(ヘルシンキ郡内)
アテネウム美術館
ヘルシンキ内の位置
アテネウム美術館の位置(フィンランド内)
アテネウム美術館
ヘルシンキ内の位置
施設情報
正式名称 Ateneum
来館者数 40万人(2012年)[1]
事業主体  フィンランド
建物設計 テオドル・ホイエル(Theodor Höijer)
開館 1887年
所在地 フィンランドの旗 ヘルシンキ, Finland
位置 北緯60度10分12秒 東経024度56分39秒 / 北緯60.17000度 東経24.94417度 / 60.17000; 24.94417座標: 北緯60度10分12秒 東経024度56分39秒 / 北緯60.17000度 東経24.94417度 / 60.17000; 24.94417
外部リンク 公式HP
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

沿革・概要編集

ヘルシンキ現代美術館シネブリュコフ美術館とともにフィンランドを代表する美術館の一つで、建築家テオドル・ホイエルにより設計され1887年に完成した。国定文化遺産建築としてヘルシンキ市の中心部に位置している[3]

所蔵美術品編集

1750年代から1960年代以降のフィンランド作家を中心に扱っている。著名なものに、ヒューゴ・シンベリの「傷ついた天使」やヘレン・シャルフベックの「快復期」のような国民的作品がある[4]ゴッホの「オーヴェル=シュル=オワーズの通り」やポール・セザンヌの「エスタックの道路橋」などのフランス近代美術も所蔵している。

関連事項編集

周辺編集

脚注編集

  1. ^ “Ateneumin kävijämäärässä kaikkien aikojen ennätys” (フィンランド語). Helsingin Sanomat. (2013年1月2日). http://www.hs.fi/kulttuuri/a1305632677111 2014年2月20日閲覧。 
  2. ^ 神奈川県近代美術館のHP
  3. ^ 神奈川県近代美術館
  4. ^ ブルーガイド編集部『ブルーガイドわがまま歩き40 フィンランド』実業之日本社、2015年、67頁。ISBN 978-4-408-06013-2

外部リンク編集