メインメニューを開く

アテネクラシックマラソンAthens Classic Marathon)は、毎年11月ギリシャアテネで開催される、マラソン大会。

アテネクラシックマラソン
Panathinaiko.jpg
レースのゴール地点であるパナシナイコスタジアム
開催時期 11月
開催地 アテネ
コース ロードコース
距離 マラソン
創立 1972年
公式サイト www.athensclassicmarathon.gr

目次

概要編集

紀元前450年9月12日マラトンの戦いで勝利したアテナイの名将ミルティアデスは、フィディピディス(Philippides)という兵士を伝令に選んだ。フィディピディスはマラトンから約40km離れたアテナイまでを駆け抜け、アテナイの郊外で「我勝てり」と告げた後に力尽きて息を引き取ったと言われている[1]マラソン#マラソンの名の由来参照)。1896年アテネで開かれた第1回オリンピックでは、この故事に因み、マラトンからアテネ・パナシナイコ競技場までの競走が加えられた。これが、マラソンの始まりである[2]

そして1972年に同じコースで始まったマラソン大会が、アテネクラシックマラソンである[3]1983年にギリシャアマチュア陸上連盟(Hellenic Amateur Athletic Association、SAGAS)の援助を受け、メジャーな大会になった。国際陸上競技連盟よりIAAFゴールドラベルに認定されている[4][5]2013年大会には、5km,10km,そして競歩部門を含めて30,000人もの参加者があった[6][7]

非常に難しいコースで知られ、特に10km地点と31km地点の上り坂は世界屈指の難しさと言われている[8]。そのためか歴代の優勝者を見ても、2時間10分以内(サブテン)達成者はおらず、女子に至っては2時間30分以内を達成した者もいない。大会記録は、男子ではレイモンド・ベット英語版2012年ケニア)の2時間11分35秒、女子ではRasa Drazdauskaitė(2010年リトアニア)の2時間31分6秒である。

地元ギリシャ選手の優勝が目立つ(最多優勝は、地元ギリシャのNikolaos Poliasの4回である)が、近年は東アフリカ勢の躍進が目立っている。過去に日本人選手はこの大会で、男子1人,女子5人の優勝者を輩出している(1999年の大会では男女アベック優勝を成し遂げている)。

歴代優勝者編集

      大会記録       ギリシャ選手権として開催された大会

日付 男子選手 タイム 女子選手 タイム
1972年   Yiannis Virvilis (GRE) 2:26:26 未開催  
1973年   ヨウコ・クハ英語版 (FIN) 2:32:26 未開催  
1974年   Teofanis Tsimingatos (GRE) 2:29:31   Eva-Maria Westphal (GER) 3:55:56
1975年   Teofanis Tsimingatos (GRE) -2- 2:35:39   Corrie Konings (NED) 3:16:13
1976年   Edgar Friedli (SUI) 2:33:50   Melissa Hendriksen (USA) 3:35:45
1977年   ケベデ・バルチャ英語版 (ETH) 2:14:40.8   Christina Johansson (SWE) 3:05:53
1978年   Danny Flynn (AUS) 2:27:22   Alexandra Fili (GRE) 4:47:00
1979年   Richard Belk (GBR) 2:31:21   Gaby Birrer (SUI) 3:34:21
1980年   Jean-Paul Didim (FRA) 2:34:32   Arlene Volmer (USA) 3:17:07
1981年   ヤニス・コウロス英語版 (GRE) 2:32:50   Britta Sorensen (DEN) 3:16:00
1982年   Rick Callison (USA) 2:27:29   Ella Grimm (DEN) 3:07:41
1983年   Martin J. McCarthy (GBR) 2:25:34   Hanne Jensen (DEN) 3:20:33
1984年   Leon Swanepoel (RSA) 2:28:53   Barbara Balzer (USA) 2:58:30
1985年   Michael Hill (SWE) 2:26:20   Eryl Davies (GBR) 3:04:30
1986年   Jos vander Water (BEL) 2:27:22   Signe Ward (NOR) 3:06:58
1987年   Kevin Flanegan (RSA) 2:25:14   イリーナ・ボガチョワ英語版 (URS) 2:43:37
1988年   Fedor Ryzhov (URS) 2:17:33   Magdalini Poulimenou (GRE) 2:50:59
1989年   Jan van Rijthoven (NED) 2:23:19   レジー・ルイス英語版 (NOR) 2:37:42
1990年   Johan Engholm (SWE) 2:26:33   Prudence Taylor (NZL) 2:59:15
1991年   Theodoros Fotopoulos (GRE) 2:28:18   Sofia Sotiriadou (GRE) 2:59:29
1992年   Christos Dumas (GRE) 2:09:29   広沢玲子 (JPN) 3:05:24
1993年   Nikolaos Polias (GRE) 2:28:12   Panagiota Petropoulou (GRE) 3:15:56
1994年   Christos Dumas (GRE) -2- 2:27:27   Kleri Stavropoulou (GRE) 3:21:32
1995年   Nikolaos Polias (GRE) -2- 2:27:27   Panagiota Nikolakopoulou (GRE) 2:59:45
1996年   Nikitas Markakis (GRE) 2:33:15   Panagiota Petropoulou (GRE) -2- 2:56:42
1997年   Gerasimos Kokotos (GRE) 2:31:47   Melissa Hurta (USA) 2:54:43
1998年   Nikolaos Polias (GRE) -3- 2:18:38   Joy Smith (USA) 2:50:52
1999年   米原正人 (JPN) 2:09:14   奥野たまき (JPN) 2:46:46
2000年   Nikolaos Polias (GRE) -4- 2:20:50   Yeoryía Abatzídou (GRE) 2:53:00
2001年   Noah Bor (KEN) 2:19:26   ソニア・オベレム英語版 (GER) 2:36:15
2002年   Mark Saina (KEN) 2:18:20   ソニア・オベレム (GER) -2- 2:37:29
2003年   ゼベダヨ・バヨ (KEN) 2:16:59   ナターシャ・ウィレンベルグ英語版 (NED) 2:43:18
2004年   Frederick Cherono (KEN) 2:15:28   Alemu Zinash (ETH) 2:41:11
2005年   James Saina (KEN) 2:16:15   Sisay Measo (ETH) 2:38:39
2006年   Henry Tarus (KEN) 2:17:46   大串千佳子 (JPN) 2:40:45
2007年   Benjamin Kiprotich Korir (KEN) 2:14:40   Svetlana Ponomarenko (RUS) 2:33:19
2008年   Paul Lekuraa (KEN) 2:12:42   田上麻衣 (JPN) 2:36:58
2009年   Josephat Kipkirui Ngetich (KEN) 2:13:44   尾崎朱美 (JPN) 2:39:56
2010年   レイモンド・ベット (KEN) 2:12:40   Rasa Drazdauskaitė (LTU) 2:31:06
2011年   Abdelkrim Boubker (MAR) 2:11:40   Elfeneshe Melkamu (ETH) 2:35:25
2012年   レイモンド・ベット (KEN) -2- 2:11:35   Consalater Chemtai Yadaa (KEN) 2:40:00
2013年   Hillary Kipkosgei Yego (KEN) 2:13:51   Nancy Joan Rotich (KEN) 2:41:32
2014   Felix Kandie (KEN) 2:10:37   Naomi Maiyo  (KEN) 2:41:06
2015   Hristóforos Meroúsis (GRE) 2:21:22   早狩実紀 (JPN) 2:52:06

備考編集

1955年から1997年にかけて、同じマラトン~アテネ間を走る別のレースが、毎年4月(年によっては5月)に行われていた。このレースも本件とは関係ないにも関わらず、アテネクラシックマラソンと呼ばれていた。かつてはこのレースが、ギリシャ選手権を兼ねていたが現在は行われていない[9]。尚、このアテネクラシックマラソンで、アベベ・ビキラ1961年大会で優勝している(タイムは2:23:44.6だった)。

脚注編集

  1. ^ 『陸上競技のルーツをさぐる』 岡尾惠市、1996年、文理閣、78ページ
  2. ^ 『近代陸上競技の歴史 1860-1991 誕生から現代まで<男女別>』 ロベルト・L・ケルチェターニ、1992年ベースボール・マガジン社、7-8ページ
  3. ^ Kendal's own Athen's marathon winner. Westland Moore Gazette (2004-08-24). Retrieved on 2014-02-17.
  4. ^ Nikitaridis, Michalis (2007-11-02). Athens Classic Marathon celebrates 25th anniversary – PREVIEW. IAAF. Retrieved on 2014-02-17.
  5. ^ 15 marathons awarded IAAF Gold Label Road Race certification for year 2011. RunningSportsHub (2010-10-25). Retrieved on 2014-02-17.
  6. ^ Race Info. Athens Classic Marathon. Retrieved on 2014-02-17.
  7. ^ Michalis Nikitaridis and Jörg Wenig (2007-11-04). Race records fall in Athens Marathon. IAAF. Retrieved on 2014-02-17.
  8. ^ Butcher, Pat (2008-11-09). Athens Marathon record broken by nearly two minutes. IAAF. Retrieved on 2014-02-17.
  9. ^ Athens Marathon. Association of Road Racing Statisticians (2008-08-18). Retrieved on 2014-02-17.

外部リンク編集