メインメニューを開く

アテネ駅ギリシア語: Σιδηροδρομικός Σταθμός Αθήνας英語: Athens Railway Station)はギリシャアテネにあるギリシャ国鉄の主要駅。日本語でアテネ中央駅と表記される場合もある。かつて方面別に分かれていたラリサ駅とペロポネソス駅が統合されて、アテネ駅となったが、現在でもこの駅のことをラリサ駅またはラリッサ駅Σταθμός Λαρίσης)と呼ぶこともある。

OSE-Logo.svg
アテネ駅
Σιδηροδρομικός Σταθμός Αθήνας
Athens central railway station.jpg
所在地 ギリシャの旗 ギリシャ
アテネ コロノス区 Δομοκού 通り
座標 北緯37度59分32.24秒 東経23度43分14秒 / 北緯37.9922889度 東経23.72056度 / 37.9922889; 23.72056座標: 北緯37度59分32.24秒 東経23度43分14秒 / 北緯37.9922889度 東経23.72056度 / 37.9922889; 23.72056
運営者 OSE, TrainOSE
路線 TrainOSE, Proastiakos
建築物
構造 地上駅
ホーム階数 1
歴史
開業 1904年3月8日
電化 済み
過去名 ペロポネソス駅、ラリサ駅
Logo of the Athens Metro Operating Company (AMEL).svg Σταθμός Λαρίσης
ラリサ駅 (Larissa)
20100215-AthensCentral-Alstom EMU.jpg
運営者 Statheres Sygkoinonies S.A.
路線 Athens Metro Line 2.svg
ホーム数 2
線路数 2
建築物
構造 地下駅
ホーム階数 1
歴史
開業 2000年1月28日
電化 済み
サービス
前の駅   アテネ地下鉄   次の駅
2号線
(エリニコ方面 )
アテネ駅構内

地下にはアテネ地下鉄2号線ラリサ駅がある。

目次

歴史編集

ラリサ駅は、1904年6月29日にアテネとテッサロニキを結ぶ鉄道路線の終端駅として、この地に設けられた。駅名は路線途中にある都市ラリサ因んでいる。ペロポネソス駅は、それより前の1884年6月30日に、アテネとペロポネソス半島方面を結ぶ鉄道路線の終端駅として設けられた。2005年8月7日にペロポネソス駅は閉鎖され、その機能はラリサ駅に統合された。

2000年1月28日には、この駅の地下にアテネ地下鉄2号線のラリサ駅が開業した。

路線編集

アテネ駅(地上駅)編集

ギリシャ国鉄 TrainOSE(長距離列車)
2014年夏ダイヤでは、アテネ発テッサロニキ行きが1日6本、カランバカ行きが1日1本、アレクサンドルーポリ行きが1日1本運行されている。[1]
ギリシャ国鉄 プロアスティアコス(近郊鉄道)
ピレウス方面行きが1時間に2本、ハルキダ方面行きが1時間に2本運行されている。コリントスアテネ国際空港方面への直通列車は運転されておらず、SKA駅で乗り換える必要がある。

ラリサ駅(地下駅)編集

アテネ地下鉄 2号線

参考文献編集