アテン群[1](アテンぐん)またはアテン型小惑星[1](アテンがたしょうわくせい、: Aten asteroids)、アテングループ[1] (: Aten group) とは、地球近傍小惑星 (NEA) の分類の一つ。アテン群は、地球横断小惑星 (Earth-crossing asteroids) で、軌道長半径が1天文単位 (au) より小さく、遠日点距離が0.983 auより大きな軌道を持つ小惑星、と定義されている[2]。1976年1月7日に、この分類の天体で最初に発見された小惑星 (2062) アテンから名づけられた。2021年4月現在、約2,000個のアテン群小惑星が発見されている[3]。アテン群小惑星の多くは、潜在的に危険な小惑星 (PHA) にも分類されている。

アテン群の軌道(緑色)。地球(青色の天体)の軌道に接している

解説編集

アテン群は、軌道長半径 (a) が1.0 au未満の公転軌道を持つ小惑星と定義されている。これは、地球 - 太陽間の平均距離に相当する。また、遠日点距離 (Q) が0.983 auより大きな軌道を持つ小惑星であるとも定義されている[2]。地球の公転軌道は0.983 auから1.017 auの間にあるため、これらの定義によればアテン群の小惑星は地球の公転軌道を横断する地球横断小惑星となる。

2021年4月現在、既知のアテン群で軌道長半径が最も小さい小惑星は 2019 LF6 (0.555 au)である[3]。近日点が最も太陽に近いのは (137924) 2000 BD19 (0.0920 au) で、離心率も最大 (e=0.895) である[3]。この軌道は、近日点では水星軌道の内側に入り込み、遠日点では火星軌道に到達する。2004年末、2004 MN4(翌年に (99942) アポフィスと命名)という小惑星が、2029年または2036年に地球に衝突する可能性があると報じられたが、その後の観測の結果から衝突の危険性はほとんどないことが分かった。2021年には、NASAから今後100年間は地球に衝突する恐れがないとする発表がなされた[4]

2011年2月4日、2011 CQ1という小惑星が地球表面からわずか5,480kmまで最接近した。あまりにも近づきすぎたため、軌道が60°も折れ曲がり、アポロ群からアテン群へと変化した。

アティラ群編集

アティラ群 (Atira group) は、軌道長半径 (a) が1.0 au未満、遠日点距離 (Q) が0.983 au未満の公転軌道を持つ小惑星のグループである[2]。アティラ群はアテン群のサブグループとされていたが、近年では独立したグループとして扱われることが多い。

軌道要素による地球近傍天体の分類[2]
Group 軌道長半径 近日点距離 遠日点距離 地球横断小惑星
アモール群 >1.0 > 1.017 -  N
アポロ群 >1.0 < 1.017 -  Y
アテン群 - > 0.983 <1.0  Y
アティラ群 - < 0.983 <1.0  N
※全ての地球近傍天体の近日点距離 (q) は1.3 au未満。

主要なアテン群の天体編集

アテン群の主要天体
名前 直径(推定:m) 備考
アテン 1100
クルースン 5000 地球の準衛星
アムン 2480
ハトホル 300
ラー・シャローム 3400
セクメト 1400 衛星を持っている
アポフィス 325 潜在的に危険な小惑星
(99907) 1989 VA 1400 公転周期が金星に等しい
(66063) 1998 RO1 800 衛星S/2001 (66063) 1を持つ
1998 DK36 34 アティラ群に属する可能性がある
(66391) 1999 KW4 1317 衛星S/2001 (66391) 1を持つ
2000 SG344 37 人工惑星の可能性がある
2002 AA29 60
2002 VE68 210 - 470 金星の準衛星
2003 YN107 10 – 30
2004 FH 30
2010 RX30 12 2010年日本上空を通過
2011 CQ1 1.2 元々アポロ群だった
2004 FU162 6.7
2001 BA16 23.3
2007 CS5 44.3
2007 JB21 30.7
2007 UW1 106.3
2009 BH2 122.1
2009 WQ6 5.3
2010 XC15 193.4
2010 UY7 28.5
2011 AX22 42.3
2012 BK14 12.2
2012 BX34 11.1
2012 DA14 45
2013 GM3 20.3

出典編集

  1. ^ a b c アテングループ”. 天文学辞典. 日本天文学会 (2019年6月3日). 2021年4月5日閲覧。
  2. ^ a b c d NEO Groups”. Center for Near Earth Object Studies. NASA/JPL. 2021年4月5日閲覧。
  3. ^ a b c List Of Aten Minor Planets”. Minor Planet Center. 2021年4月5日閲覧。
  4. ^ NASA Analysis: Earth Is Safe From Asteroid Apophis for 100-Plus Years”. NASA/JPL (2021年3月25日). 2021年4月5日閲覧。

関連項目編集