メインメニューを開く

アディソン・デボン・リードAddison Devon Reed, 1988年12月27日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡ランチョクカモンガ出身のプロ野球選手投手)。右投左打。現在は、フリーエージェント(FA)。愛称はリーダー[2]

アディソン・リード
Addison Reed
Addison Reed on Opening Day 2018 (41105379961).jpg
ツインズ時代(2018年3月29日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡ランチョクカモンガ
生年月日 (1988-12-27) 1988年12月27日(30歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト3巡目
初出場 2011年9月4日 デトロイト・タイガース
年俸 $8,375,000 (2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとホワイトソックス時代編集

2010年MLBドラフト3巡目(全体95位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名され、プロ入り[3]

2011年9月4日のデトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー[4]

2012年5月23日にロビン・ベンチュラ監督からクローザーに指名された[5]。この年は29セーブを挙げた。

2013年もクローザーとして活躍し、6月22日]のカンザスシティ・ロイヤルズ戦では通算50セーブを記録した。8月22日には、2003年ロサンゼルス・ドジャースエリック・ガニエ以来、ホワイトソックスとしては史上初となる6試合連続セーブを記録した[6]。最終的に、48回のセーブ機会で40セーブを挙げた。

ダイヤモンドバックス時代編集

2013年12月16日にマット・デビッドソンとのトレードで、アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[7]

2014年3月3日にダイヤモンドバックスと1年契約に合意した[8]。ダイヤモンドバックスでも引き続きクローザーを務め、62試合に登板して32セーブ(リーグ9位タイ)を挙げ、通算100セーブも達成した。しかし、投球内容は安定していたとは言えず、大事な局面で被弾するケースが目立った[9]。11被本塁打はメジャーのリリーバー全体でワースト3位タイの本数[9]であり、防御率は4.25・7敗を喫した。

2015年はクローザーの座から陥落し、38試合にリリーフとして登板。防御率4.20・2勝2敗・WHIP1.50と、不安定なピッチングが続いた。

メッツ時代編集

2015年8月30日にミラー・ディアスマット・コークとのトレードで、ニューヨーク・メッツへ移籍した[10]。メッツでは調子を上げ、17試合に登板して防御率1.17・WHIP1.04・奪三振率10.0という好成績を残した。ダイヤモンドバックスとの合計では55試合にリリーフ登板し、3勝3敗4セーブ、防御率3.38、WHIP1.38という成績を記録。4年連続55試合以上に登板したほか、被本塁打3本はこの4シーズンで最少。防御率も、キャリアハイの数値をマークし、通年では安定感があったと言える。

2016年はリーグ2位タイとなる80試合に登板して防御率1.97・WHIP0.94を記録。奪三振率も2年ぶりに10.0台に復帰した。

2017年クローザージェウリス・ファミリアが、家庭内暴力の影響で離脱が見込まれた為、リードがクローザーを務めた[11]。チームを出るまでに48試合にリリーフ登板し、防御率2.57・1勝2敗19セーブ・WHIP1.12という成績を記録した。

レッドソックス時代編集

2017年7月31日にジェイミー・カラハン英語版スティーブン・ノゴセクヘルソン・バティスタとのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した[12]。レッドソックス加入後はクローザーで投げず、29試合の登板でセーブは0だった。メッツとの合算では、77試合のリリーフ登板で2勝3敗19セーブ、防御率2.84、WHIP1.05、奪三振率9.0という成績だった。なお、この77試合登板という数値は、MLB全体で3位タイの数字である[13]。オフの11月2日にFAとなった[14]

ツインズ時代編集

2018年1月15日にミネソタ・ツインズと2年1675万ドルで契約を結んだ[15]

2019年5月16日にDFAとなり[16]、21日に自由契約となった[3]

投球スタイル編集

150km/h前後のフォーシームを軸に、スライダーを組み合わせる投球スタイルであり[9]、球種は少ない。左打者に強く、対左打率はそれぞれ2013年が.210[17]2014年が.219[9]という好数値を記録している。速球のノビがあり、三振奪取能力が高い[9]。欠点は、被本塁打が多い点である。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2011 CWS 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 33 7.1 11 1 1 0 0 12 0 0 3 3 3.68 1.50
2012 62 0 0 0 0 3 2 29 4 .600 238 55.0 57 6 18 3 2 54 0 1 30 29 4.75 1.36
2013 68 0 0 0 0 5 4 40 0 .556 295 71.1 56 6 23 2 2 72 2 0 31 30 3.79 1.11
2014 ARI 62 0 0 0 0 1 7 32 0 .125 252 59.1 57 11 15 2 1 69 3 0 31 28 4.25 1.21
2015 38 0 0 0 0 2 2 3 8 .500 181 40.2 47 2 14 5 0 34 2 0 19 10 4.20 1.50
NYM 17 0 0 0 0 1 1 1 6 .500 60 15.1 11 1 5 1 0 17 0 0 2 2 1.17 1.05
'15計 55 0 0 0 0 3 3 4 14 .500 241 56.0 58 3 19 6 0 51 2 0 21 21 3.38 1.38
2016 80 0 0 0 0 4 2 1 40 .667 304 77.2 60 4 23 4 0 91 4 0 18 17 1.97 0.94
2017 48 0 0 0 0 1 2 19 4 .333 200 49.0 49 6 6 1 0 48 1 0 14 14 2.57 1.12
BOS 29 0 0 0 0 1 1 0 11 .500 106 27.0 16 5 9 2 1 28 1 0 10 10 3.33 0.93
'17計 77 0 0 0 0 2 3 19 15 .400 306 76.0 65 11 15 3 1 76 2 0 24 24 2.84 1.05
2018 MIN 55 0 0 0 0 1 6 0 10 .143 242 56.0 65 11 15 3 3 44 2 0 30 28 4.50 1.43
MLB:8年 465 0 0 0 0 19 27 125 83 .413 1911 458.2 428 53 119 23 9 469 15 1 188 180 3.53 1.19
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 43(2011年 - 2018年)

脚注編集

  1. ^ Addison Reed Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年1月15日閲覧。
  2. ^ Red Sox Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com (2017年8月24日). 2018年1月20日閲覧。
  3. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2019年5月22日閲覧。
  4. ^ Baseball-Reference 参照。2018年1月15日閲覧。
  5. ^ Reed officially designated as White Sox's closer Yahoo! Sports
  6. ^ White Sox run streak to six with Gillaspie's HR in 12th”. mlb.com (2013年8月23日). 2013年8月27日閲覧。
  7. ^ “D-backs acquire Addison Reed from White Sox” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Arizona Diamondbacks), (2013年12月16日), http://arizona.diamondbacks.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20131216&content_id=66010038&vkey=pr_ari&c_id=ari 2018年1月15日閲覧。 
  8. ^ “D-backs agree to terms with 22 players” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Arizona Diamondbacks), (2014年3月3日), http://arizona.diamondbacks.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140303&content_id=68618224&vkey=pr_ari&c_id=ari 2018年1月15日閲覧。 
  9. ^ a b c d e 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、467頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  10. ^ Mets finalize Addison Reed deal, ship 2 pitchers to Arizona”. New York Post (2015年8月30日). 2015年8月31日閲覧。
  11. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2017』廣済堂出版、2017年、279頁。ISBN 978-4-331-52084-0
  12. ^ Ian Browne (2017年7月31日). “Red Sox acquire Reed for 3 prospects” (英語). MLB.com. 2018年1月15日閲覧。
  13. ^ 2017 Major League Baseball Pitching Leaders - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月3日閲覧。
  14. ^ David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2017年12月28日閲覧。
  15. ^ Rhett Bollinger (2018年1月15日). “Twins sign reliever Reed to 2-year contract” (英語). MLB.com. 2018年1月15日閲覧。
  16. ^ Daniel Kramer (2019年5月16日). “Twins add Adams to 'pen mix; Reed DFA'd” (英語). MLB.com. 2019年5月17日閲覧。
  17. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、425頁。ISBN 978-4-331-51809-0

関連項目編集

外部リンク編集